スポンサードリンク

 

一人暮らしで使う
家具必要なものとは
自分が、どんな生活スタイルにしたいか?
で、決まってきます。

 

配置方法だけでも、
おしゃれに見せることもできますし、
工夫することで、高級感も出せるのです。

 

社会人でも、学生でも、
男性でも、女性でも、
シンプルに考えると、おしゃれな部屋になります。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

一人暮らしする時の家具の必要なものリスト

 

%e4%b8%80%e4%ba%ba%e6%9a%ae%e3%82%89%e3%81%97%e3%80%80%e5%ae%b6%e5%85%b7%e3%80%80%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%aa%e3%82%82%e3%81%ae

 

 

 

一人暮らしする時の
家具必要なものとは?

 

まず、
あれもこれもと考える前に、
どんな生活が待っているかを
イメージしてみましょう。

 

社会人として、
学生として、
そして、男性として、女性として、

これからの生活は、どんな感じ?

だと思いますか?

 

新しい土地で、
初めての経験をしていくわけですから、
緊張の毎日が待っていることは

間違いなし!ですよね?

 

じゃあ、
親も兄弟もいない自分だけのお城を
どうしたいですか?

 

毎日、疲れて帰ってきたとしたら、
どんな部屋に待っていて欲しいですか?

 

まずは、食事ですか?

お風呂ですか?

それとも、勉強しますか?

あるいは、バタンキューと寝ちゃいますか?

 

いずれにしても、
一人で生活するわけですから、
自炊するしないは別として、

衣食住という行動、行為が発生するので、
衣食住の衣・食・住の各要素で、
必要になってくる家具があるわけです。

 

  • 「衣」は、
    服を着るということですから、
    洋服などに
    関する家具が必要になります。

  • 「食」は、
    食べることですから、
    食事するために
    必要な家具が該当します。

  • 「住」は、
    住むということで、少し幅が広いですが、
    寝る、勉強する、くつろぐなど、
    部屋で
    過ごすことに必要な家具が対象です。

具体的には

  • 「衣」で必要な家具は
    ズバリ、洋服を収納する家具、
    つまり、
    タンスや収納ボックスなどが必要です。

  • 「食」で必要なものは、
    部屋の広さにも関係しますが、
    食卓とイス、
    そして、食器棚などが考えられます。

  • 「住」で使う家具は
    寝ることについては、ベッドか布団
    勉強するには、机とイス
    くつろぐための家具は、ソファーに
    テレビやオーディオを置くためのラック

これらを並べてみると、

タンス
収納ボックス
食卓
イス
食器棚
ベッド
布団

イス
ソファー
ラック

と、必要最低限の家具とは言えませんが、
ざっと、
こんな家具があれば、快適に暮らせそうです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

一人暮らしの家具の配置方法

 

 

一人暮らしする時の
家具配置方法
は、
当然ですが、部屋の広さやレイアウト

に影響されてしまいます。

 

下記ページで、
部屋の探し方を紹介してますので、
読んでいただくとわかるのですが、

新生活用の部屋探し。。。。。

部屋の広さは
住む地域、家賃によって
変わってきます。

広い部屋なら、
色んな家具を置けますが、
狭いと、工夫しなければならないですし、
収納スペースが
あるかないかでも変わってきます。

 

通常、
一人暮らしで賃貸する部屋は、
20㎡から、広くても、30㎡でしょう。

ですから、
床がフローリングであれば、
寝る場所は布団じゃなくて、
ベッドが良いでしょうし、

 

布団の上げ下げの面倒さを考えたら、
衛生上も、
ベッドを使った方が良いでしょう。

というか、オススメします。

 

生活が忙しきなってくると、
布団は間違いなく、
敷いたまんまになり、

ホコリと菌の巣窟になり、
不潔な状態になることが
目に見えていますので、NG!です。

 

となると、

シングルベッドにするとしても、
部屋の主役は、
寝るために使うベッドになります。

 

そして、
あとは、食事をするテーブルと
勉強などをする机を

別々に
置くということは厳しいでしょうから、
食事と勉強で兼用できるテーブルとイス
を配置することになるでしょう。

 

となると、
残念ながら、
くつろぐ場所のソファーは置く余裕がない!

ということになるはずです。

 

そして、テレビなどを置くなら、
ラックも必要となり、
スペースを使うことになるので、

部屋の形にもよりますが、
部屋に設置できる家具は、
ベッドと1セットのテーブルとイスが限界?

 

どんな部屋でも、
押入れのような、クローゼットのような
多少の収納スペースはあるでしょうから、

当面は、
洋服などの収納には問題ない
と思いますが、

住む時間が長くなるにつれて、
収納すべき洋服などは増えるものですので、
その時のことも想定しておくことが重要です。

 

例えば、
ベッドは部屋の主役として、
一番広いスペースを使うわけですから、

そのベッドのスペースも使える工夫
つまり、
ベッドの下も、収納スペースとして使う!

 

という想定で、
収納庫付きのベッドを買うとか、
ベッドの下が空洞になっていて、

その空洞部分に、収納ボックスなどを
納めることができるようなベッドを
選ぶとかいう工夫をしておけば、

 

洋服などが増えた時も対応できますので、
収納庫付きベッド
あるいは、
ベッドの下にボックスを突っ込めるような高さ
ベッドを購入するようにしましょう。

 

あと、食器棚などは、
食器そのものを必要最低限の数にすれば、
キッチンスペースの置けるでしょうし、

テレビなどを置くためのラックも、
食器などを収納できるようなラックを
選べば、一石二鳥でスペースの有効活用ができます。

 

家具を揃える前に、
生活する姿をイメージして、
限られたスペースを有効活用する方法を考えれば、

将来的に、後悔しないことになりますよ!

 

 

 

一人暮らしの家具をおしゃれに見せる方法

 

 

一人暮らし
家具おしゃれに見せる方法とは、

 

限られたスペースを
有効に活かすための家具を
いかに、おしゃれに設置するか
ということも、大きく影響してきますが、

部屋が狭いと、
ベッド、1セットのテーブルとイス
そして、テレビなどを置くラック

が、主な家具になってしまうわけですから、

 

レイアウト、設置方法で
おしゃれに見せるには限界があります。
じゃあ、どうすれば?

ということになりますが、

 

簡単に言うと、
家具の色を統一することで、
すっきりとした部屋を演出でき、

それが、
おしゃれに見せることにもつながります。

 

例えば、

真っ白なベッドに
真っ白なテーブルとイス
そして、真っ白なラックに真っ白のテレビ

という感じで、
白色に統一することで、
一見、北欧調の部屋になってしまう?

のではないでしょうか?

 

もちろん、

黒色で統一したり、
ピンクで統一したり、
茶系で統一したり、

という方法で、個性を出せますので、
色を統一することで、
おしゃれに見せることを検討してください。

 

というか、オススメします。

 

ニトリなどでは、
割安な家具を
統一的な色で揃えることも可能ですから、

ニトリなどの家具量販店で
まとめて購入するのも良いのでは?ないでしょうか?

 

 

一人暮らしの家具のまとめ

 

 

初めての一人暮らしの場合、
期待と不安が同居することになりますが、
初めての自分だけの
お城をゲットできるのです!

 

なので、
あれもこれも!
と、考え出すと、欲しい物ばかり!

ということにもなりかねないので、
まずは、
実際に、生活するということを具体的に

イメージすることをオススメします。

 

朝、起きてから、
帰宅して、
食事して、
お風呂に入って、
テレビを見たり、
勉強したり、
くつろいだり、

 

ということを具体的に思い描いてみて、
実際に、何が重要だろうか?
どの家具をメインにするかを

空想してみてください。

 

そうすれば、自ずと、
必要な家具も
おしゃれなレイアウトも見えてくると思いますよ。

 

とにかく、新生活の自分を
具体的なイメージで
描いてみることが
後悔しない家具選びにつながります。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク