スポンサードリンク

 

ゴールデンウィーク
関東は、
どこもかしこも混雑するから、
本当は、お出かけしたくない!

 

GWに旅行に行くのも割高だし、
おまけに、
予約するのさえ、大変!

 

でも、どこにも行かないというのも、
家族に文句を言われそう!

そこで、
ゴールデンウイークにでも
日帰り
行ける穴場スポットをご紹介します!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

ゴールデンウィークの関東の穴場スポットは?

 

ゴールデンウイーク 関東 穴場

 

ゴールデンウィーク
関東穴場もない!
ほど、人気スポットは混雑します。

なので、ここが、穴場!

なんていうスポットは
存在しない可能性があります。

 

どこかに、
旅行に行こうとしても、
海外旅行も国内旅行も

トップシーズンということで、
旅行代金は
超高い時期ですから、

そんな時期に、
わざわざ、
旅するのも、いかがなものか。

と思うのは私だけでしょうか?

 

自慢ではないですが、
過去のゴールデンウイークに、
旅行したことはありません!

でも、
家族に文句を言われたこともない!

のです。

 

もちろん、
多少の工夫はしていましたので、
少し、手の内をご紹介しましょう。

マネする、マネしないは、
アナタしだいですので、
参考になれば、幸いです。

ちなみに、

ゴールデンウィーク?
ゴールデンウイーク?
GW?

どれが正しい表現でしょう?

 

 

 

ゴールデンウィークは関東の日帰りスポットで楽しむ!?

 

ゴールデンウィーク
関東日帰りできる場所!

で、何とか、家族を満足させましょう。

 

通常、
関東の日帰りスポットと言えば、
日帰り温泉とか、潮干狩りに行くとか

という感じの都心から、
山の方に向かうプランや
逆に、海の方に向かうという発想になる

というのが、普通かもしれませんが、

 

これだと、必ず、どこも混雑しています。
しかも、車での移動になるでしょうから、
行き帰りの道も大渋滞!

例えば、

  • 箱根、湯河原などの温泉地
  • 東京ドイツ村や海ほたるなどの千葉スポット
  • 横浜や湘南の海

どう思います?
この辺は、
日帰りできる距離の場所ではありますが、

「以外に空いてた!」

なんてことはないように思いませんか?

 

箱根は間違いなく、東名高速が大渋滞!
千葉方面はアクラインが激混み!
横浜、湘南も首都高速、横横が満員御礼!

みたいになるのは必至!だと思いませんか?

 

普通なら、
東京から2時間で行ける場所でも、
ゴールデンウイークとなれば、

日帰りスポットとは
言えなくなってしまいます。

 

ゴールデンウィークは
一般的な日帰りスポットと
呼ばれる場所は避けて、

どうせなら、
電車に乗って、
都心に行くことをオススメします。

 

つまり、
普段はオフィス街と呼ばれる場所は
ゴールデンウィークは、ガラガラ!

丸の内をぶらぶらするのも良いでしょうし、

 

中央通りを
銀座、日本橋、神田、秋葉原、上野
という経路で、散策し、

日本橋、神田、上野あたりの下町で
B級グルメの食べ歩き!
なんていうのは、お子さんにも好評では?

 

奥さんには、
途中にある松屋、高島屋、三越
などというデパートで
ウインドウショッピング!

が楽しめますから、
天気が良い日を狙って、
春の暖かい日差しを浴びて、都会を散策!

なんてイベントにしてしまうのはいかがでしょう?

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

ゴールデンウィークに関東でお出かけすべきスポットは?

 

 

ゴールデンウィーク
都心を散策しませんか!
なんて、オススメしましたが、

ゴールデンウイークの
一押しの関東での
お出かけスポットは!

 

箱根などの近場の温泉でもなく、
千葉方面でもなく、
横浜、湘南の海方面でもなく、

そして、
都心のB級グルメの散策
でもなく、

 

実は、
人気の商店街巡りをオススメします!
って、がっかりしましたでしょうか?

 

関東というか、
都内には、人気の商店街が
いくつも存在するのですが、

普段は、なかなか、行けないものです。

 

商店街と言っても、
上野のアメ横(アメヤ横丁)でもなく、
吉祥寺のサンロードでもなくて、

夕焼けだんだんの谷中銀座商店街
そして、
品川区にある戸越銀座商店街

をオススメします。

 

 

夕焼けだんだんの谷中銀座商店街

 

谷中とは
JR山手線、道灌山通り、不忍通り、上野公園
に囲まれた地域で、

夕焼けだんだんを基準とすると、
最寄り駅は
JRと京成線の日暮里駅になります。

いわゆる、
典型的な下町ですが、
昔ながらの街並みと建造物があります。

 

そして、
夕焼けだんだんと呼ばれる階段を下りると、
谷中銀座(ぎんざ)商店街は広がるのです。

夕焼けだんだんという名前の通り、
晴れた日の夕方に行くと、
まさに、その階段は、「夕焼けだんだん」!

どうせ、行くなら、夕焼けも堪能してください。

(上にあった画像が、夕焼けだんだんです。
 夕焼けのショットではありませんが。。。)

 

当然ですが、
谷中銀座商店街には、
老舗の名店がひしめいており、

 

  • 竹工芸の「翠屋」
  • 焼き鳥・居酒屋の「和味」
  • パン屋の「明富夢 (アトム) Atom
  • 「肉のすずき」のメンチカツ
  • 「肉のサトー」のメンチカツ

と、B級グルメの食べ歩きができちゃいます!

 

夏場には
ひみつ堂」の頭が痛くならないかき氷!
日光の氷とイチゴミルクのソースが大人気!

実は夏だけでなく、いつも、行列してますが。。。

 

「谷中銀座商店街」のサイトは下記です。
 ↓ ↓ ↓
谷中銀座商店街

 

ちなみに、
この辺は、
谷根千(やねせん)」と呼ばれるスポット。

  • 谷中の
  • 根津の
  • 千駄木の

というように、三つの地名の頭文字を取り、
「谷根千」と呼ばれており、
この辺り一帯が、日本を代表する下町!

 

と言われているのです。

ですから、
天気が良い日には、
谷中銀座だけでなく、
「谷根千」散策をオススメします!

「谷根千」は下記サイトをご参照!
 ↓ ↓ ↓
やねせん

 

そして、次は、

品川区にある戸越銀座商店街

品川区の
豊町、戸越、平塚にまたがる商店街で
厳密に言うと、

  • 商栄会ゾーン
  • 中央街ゾーン
  • 銀六会ゾーン

という3つの商店街で構成されており、
全長1.3kmにもおよぶ
日本一長い商店街!と呼ばれています。

(実際は、東京一長い商店街!が正解?)

 

東急池上線の駅「戸越銀座駅」に接しており、
商店街沿いには約400件!
実は、平日でも、人でにぎわっています。

 

  • おめで鯛焼きの「おめで鯛焼き」、お好み鯛焼きも!
  • 龍輝の「焼き小籠包」
  • 中津からあげ渓の「もも唐揚げ」
  • お肉のアサノミートのポテトコロッケ
  • かたばみ精肉店のメンチカツ
  • うなぎ宮川の南部あられカボチャコロッケ
  • 蕎麦切り 翁の蕎麦の実クリームコロッケ
  • 鮨・居酒屋 あっちゃんのまぐろのホホ肉コロッケ
  • 後藤かまぼこ店の「おでんコロッケ」

などなど、
戸越銀座では、22種類のコロッケが
存在するのです!

 

つまり、戸越銀座はコロッケ銀座!
というような企画の下で、
様々な変わり種のコロッケが提供されてます!

 

ので、コロッケ好きにはタマラナイ商店街です!

下記は「戸越銀座」のサイトです。
 ↓ ↓ ↓
戸越銀座商店街

 

午前中に着いて、
B級グルメの王様のコロッケを食べ歩き、
そして、帰りに、夕食用の惣菜でも買えば、

ゴールデンウイークの1日は楽しめます!

 

基本的に、色んなコロッケを食べても、
安いですから、
割安に
美味しいものを味わえる魅力的な商店街!

です。

 

 

 

ゴールデンウィークに関東の穴場のまとめ

 

 

ということで、
ゴールデンウィーク
という誰もが休みの時期を
割高な海外旅行や国内旅行で楽しむよりも、

 

そして、
近場の箱根などの人気スポットで
大渋滞に巻き込まれるよりも、

 

東京の下町の商店街で、
B級グルメ食べ歩き散策を楽しむ!
という秘策をオススメします。

ぜひ、
まだ、行ったことがないのなら、行ってください!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク