スポンサードリンク

 

結婚式の披露宴
受付頼まれた

 

初めてだから、

受付って、何をするの
服装って、特別なものを着るの?
きっと、
独特なマナーもあるんじゃないのか?

 

と、不安な気持ちがいっぱい!
楽しいはずの友人の結婚式に
気が重い!なって思ってるアナタ!

受付の流れややることや
適切な服装やマナーをまとめましたので、
ここで確認して、安心して下さい!

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

披露宴の受付を頼まれたけど何をする?

 

 

 

 

 

披露宴受付
頼まれた時に何をするか?

 

初めての経験だと、
パニックになりそうな真面目な人も
いるようです。

でも、
安心して下さい!
決して、難しいことはありません!

 

どこで、
披露宴があるのかにもよりますが、
結婚式場やホテルである場合は、
必ず、会場に担当の方がいますので、

しっかりと、説明してくれます。

普通なら、それで、誰でもできちゃいます!

 

とは言え、
受付のやることを簡単に書いておきますね。

  • 当日、披露宴の開宴の時間よりも
    早めに行く
  • 新郎、新婦の親族の控室に行って
    挨拶する
  • 披露宴会場の担当の方から説明を受ける
  • 披露宴を行う部屋の近くの受付の
    テーブルに行く
  • 必要なものが揃ってるかを確認する
  • 来賓の方々の受付が始まる
  • 着席していただく席をお知らせする
  • 受付が終了したら、ご祝儀、お祝い金を
     決められた人に間違いなく渡す

おおまかに言うと、こんな感じです。

たくさん、ありますが、
一連の流れですから、
大丈夫です!心配ありません!

では、
一つ一つを簡単に説明します。

 

1.当日、披露宴の開宴の時間よりも早めに行く

通常は、依頼された新郎側、新婦側から
何時頃まで来てください。
という指示があるはずです。

もし、
 披露宴の数日前までになかった場合は、

新郎、新婦に直接、確認した方が良いでしょう。

万が一、連絡がつかなかった場合は、
披露宴の開宴時間の1時間前に、
到着しておくのが無難です。

 

2.新郎、新婦の親族の控室に行って挨拶する

会場に着いたら、会場のスタッフに
新郎、新婦の親族控室の場所を聞き、
ご両親、ご親族の方々に

「本日は、おめでとうございます。
受付の大役を務めさせていただく〇〇です。
本日は、よろしくお願いします。」
この程度の挨拶をしておきましょう。

 

3.披露宴会場の担当の方から説明を受ける

通常は、披露宴会場の担当の方から、
受付する場所や手順などの説明があります。

 

4.披露宴を行う部屋の近くの受付テーブルに行く

お年寄りや気の早い来賓の方は、
30分前には受付に来る方もいらっしゃるので、
早めに、受付テーブルでスタンバイしましょう。

 

5.必要なものが揃ってるかを確認する

通常は、披露宴会場の担当スタッフが、
全てを準備してくれているはずですが、
少なくとも、

来賓からのご祝儀、お祝い金を入れてもらう箱
来賓の名前、住所などを書いていただく芳名帳
出席者リスト
披露宴会場での座席表(あるいは座席カード)
  
また、
新郎新婦側から、遠方からの来賓に
「お車代」を預かることもあるので、ご注意です。

ちなみに、
「お車代」とは、
遠方からの来賓の方への旅費の一部を
支給するという意味合いのお金です。



6.来賓の方々の受付が始まる

受付が始まったら、
慌ただしくなりますが、
でも、
「本日は、おめでとうございます」
と言われたら、
「ありがとうございます」
と返事し、
ご祝儀を受取り、
記帳していただくことを促すだけです。

 

なお、
記帳頂いている際に、
名前を確認し、出席者リストにチェックしましょう。
 
なお、自分が持ってきたご祝儀は、
受付の開始前に、
ご祝儀を入れる箱に入れておきましょう。

記帳は最後でもOKです。

 

7.着席していただく席をお知らせする

準備されている座席表
あるいは、
座席カードなどをお渡する

 

8.受付が終了したら、ご祝儀、お祝い金を
  決められた人に間違いなく渡す

実は、
このご祝儀、お祝い金の保管とお渡しが
一番、重要、かつ、責任のある任務です。

新郎側の受付でも、
新婦側の受付であっても、
各側の代表として受け取ったご祝儀は、
責任持って、決められた方に渡してください。
  
事前に、
誰に、集まったご祝儀を渡すかは、
指示されているはずですが、

当時までに、指示がなかった場合は、
当日、会場に到着し、
新郎新婦のご両親に挨拶する際に、
確認するようにしましょう。

 

現金の保管という重荷からは
早く解放された方が良いですから、
受付が終わって、
披露宴会場に入ったら、
なるべく、早くに渡してしまいましょう。

 

なお、

場合によっては、
披露宴の開宴時間に遅れてしまう来賓も
いらっしゃるかもしれませんので、
披露宴が開始しても、
全員、受付されるまで待ってください。

30分経過しても、
到着されていない来賓がいらっしゃったら、
会場の担当の方に連絡し、指示を受けてください。
   

ということが受付の仕事ですが、
常識的に考えれば、
普通のことばかりですから、安心してください。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

披露宴で受付する時の服装は?

 

披露宴
受付する時の服装については、
悩む必要はありません!
結婚式に招待された時の普通の服装でOK!

つまり、

新郎側の受付なら、

黒の略礼服に
白いワイシャツに
白いネクタイ
黒い靴下
黒い靴

を着ていれば、OKです。

もちろん、

タキシードを着てもOKです。

が、新郎よりも
目立つ色の服装は避け、
黒色以外なら、グレー、
濃紺あたりにしましょう。

では、

 

新婦側の受付だったら?

 

女性の場合は、
男性よりも少々、難しいのですが、
でも、基本は、新婦よりも目立たない!

ということを気をつければ、OKです。

 

パーティドレスなど、
フォーマルな雰囲気のワンピースが
無難です。

靴も、
ドレスに合う靴でOKですが、
受付なので、高いヒールは避けましょう。

疲れるからです。

なお、
振袖などの和服も
新婦側のご両親は喜んで下さる

かもしれませんが、

準備が大変でしょうから、
無理に、和服にする必要はありません。

つまり、
新婦よりも派手な服装でなければ、
オシャレしちゃってください!

 

 

 

披露宴での受付係りのマナーってある?

 

 

披露宴での
受付する者のマナーは、
特に、ないと言えば、
ないのですが、

あるとしたら、
来賓への言葉遣いとご挨拶
ということになります。

 

受付は
新郎側、新婦側の代表として、
受付を任されていますので、

来賓は、受付する際に、

「本日は、おめでとうございます。」

という言葉を発すると思いますので、

その際には、

本日は、
 お忙しい中、御出席いただき、
 ありがとうございます

あるいは、雨などの日なら、

本日は、
 足元の悪い中、
 御出席いただき、ありがとうございます

という返事をするようにしましょう。

 

また、ご祝儀を差し出された場合は、
両手で受取り、
ありがとうございます。お預かりします。

という受け答えにしましょう。

 

なお、
ご記帳を促す際は、
こちらに、ご署名をお願いします。

と、お伝えし、
ご署名を見ながら、
出席者リストにチェックを付けましょう。

という言葉遣いが主なマナーです。

 

あとは、めでたい席ですから、
「笑顔」は忘れないようにしましょうね。
緊張していても、「笑顔」で接しましょう!

 

それから、
ペチャクチャとムダ話は
しないようにしましょうね!

 

 

披露宴での受付のまとめ

 

 

披露宴での受付
初めての経験だと、
必要以上に緊張してしまうかもですが、

社会人として
接客や上司との接し方を経験していれば、
まずは、難なく、できちゃいます。

 

ただ、
一連の流れ、やることはありますので、
責任持って、対応することにしましょう。

 

でも、
来賓が受付に来たら、
普通に笑顔で対応すれば、

まずは、間違いないです。

 

何よりも、
重要なのは、
ご祝儀、
お祝い金の保管、管理、受渡しです!

ご祝儀は、
多いと総額100万円以上にもなりますから、
ご祝儀泥棒なんかもいるわけです。

一瞬たりとも、ご祝儀の箱やご祝儀から
目を離したり、離れたりしないように、
気を付けてください。

 

通常、受付は
新郎側、新婦側のそれぞれに2名ずつ
依頼されていると思いますので、

ご祝儀を離れる時は、
二人の内、
一人は必ず、そばにいるようにし、

トイレなども交代で行くようにしましょう。

 

ということで、受付が終わって、
ご祝儀を決められた人に渡したら、
思いっきり、新郎新婦を祝ってあげましょう!

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク