%e9%a6%99%e5%b5%90%e6%b8%93%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97

スポンサーリンク


 

愛知県は
豊田市の足助町に位置する香嵐渓(こうらんけい)
全国でも有名な紅葉スポット!
ライトアップの時期は渋滞注意!駐車場注意!

 

でも、
この足助町、なかなかの町!
観光客、紅葉見物客のために、工夫している良い街です!

 

約380年程前に
香積寺の住職である三栄和尚が
もみじを植林し、
昭和初期まで、「香積寺のもみじ」と呼ばれていたのですが、
その後、「こうらんけい」と命名され、
現在に至っています。

 

スポンサードリンク

 

香嵐渓の紅葉がライトアップされるのは、いつ?

 

香嵐渓紅葉の見ごろは、
ライトアップの時期!

ということで、

例年、11月の1ヶ月間が、
「香嵐渓もみじまつり」が開催され、
その間はライトアップされています。

ライトアップは、
夕暮れから21時までですが、
なぜか、出入りは、24時間OKなのです。

つまり、
その時期の香嵐渓一帯は、混雑が予想され、
紅葉見物にも、多少の工夫と覚悟が必要となります。

昼間の紅葉もキレイですが、
上記の画像のように、
ライトアップで照らし出された紅葉は幻想的!です。

どうせ、香嵐渓の紅葉を観るなら、ライトアップがおすすめ!

 

香嵐渓の紅葉のライトアップ時期は渋滞を回避できる?

 

香嵐渓紅葉
ライトアップされている時期は、
渋滞は避けられない時期です。

有料道路出口の枝下インター、力石インターから続く
国道153号線(飯田街道)は
紅葉シーズンは間違いなく、渋滞です!

 

通常は、
この国道153号線を使い、
一直線で、香嵐渓に向かう!(10kmほど)
という方々がほとんどのようなので、
渋滞必至となるわけです。

 

一本道は、わかりやすくて、便利で
空いてれば、
最高の行き方になるのですが。。。。。

でも、ご安心ください!
その国道153号線を通らずに、
他の道に迂回すると、渋滞を回避できるのです。

 

どういうルートかと言うと、

  • 猿投グリーンロードを枝下インターで降りたら、そのまま、信号を左折し、
  • 県道豊田明智線(11号線)に入り、(迂回路案内板があります)
  • そして、8kmほど進んだところを右折し、(まだ、11号線です)
  • 県道瀬戸設楽線(33号線)へ入り、道なりに行きます。
  • そして、足助警察御蔵駐在所の交差点を右折(迂回路案内板あり)。
  • その後は、33号線を道なりにクネクネ走り、
  • そして、153号線(飯田街道)にぶち当たると、右折します。

あとは、まっすぐ、行けば香嵐渓に到着します。

 

 

つまり、
国道153号線からとは、逆方向から、攻める!
というルートを取るわけです。
まさに、急がば回れ!的に、距離的には倍近くになりますが、
所要時間は、渋滞を考えれば、
3分の1以下?という効果を期待できます。

実は、枝下インターの交差点には、
この迂回路の案内看板が設置されていますので、
見逃さないように、そして、信頼して、指示に従ってください。

 

 

 

スポンサードリンク

香嵐渓の紅葉シーズンは駐車場が心配!大丈夫?

香嵐渓の紅葉は
香嵐渓のある足助町が町全体で
盛り上げている!という意気込みが見える紅葉スポットで、

駐車場充実しています。

下記のように、公営の駐車場に加え、
紅葉人気のピークとなる11月の土日祝日には
グランド、中学校、小学校の校庭も開放されるのです!

しかも、
さらに人気の高いライトアップの時間帯は
日中、バス専用となっている多目的広場も普通車に開放されます!

この公営の駐車場関係だけでも、1200台以上は駐車できます。

  • 宮町駐車場 200台
  • 支所前駐車場 120台 
  • 西町第一駐車場 30台(トイレなし) 
  • 西町第二駐車場 70台
  • 落部駐車場 60台
  • 川見駐車場 100台
  • 多目的広場駐車場 バス専用(ライトアップ時は普通車OK)
  • 足助中央 90台

    下記はピークの11月の土日祝日のみ開放

  • 足助グランド 400台
  • 足助中学校グランド 50台
  • 足助小学校グランド 200台
             
そして、

香嵐渓の周辺には
あっちこっちに、民間?地元の住民が
駐車場スペースを準備し、営業されてます!

ので、さらに、たくさんの車が駐車できると言えます!

しかも、公営の駐車場の料金が、
普通車で、1回、1000円という金額に対し、
民間の地元住民の駐車場の料金が500円や700円もあります!

ある意味、穴場と言えるでしょうから、選択肢に入れてください。

 

 

香嵐渓の紅葉まとめ

 

香嵐渓の紅葉シーズン、
つまり、
紅葉シーズン = 香嵐渓もみじまつり = ライトアップ期間

という関係が成り立ちます。

要するに、トップシーズンですから、間違いなく、混雑します。
しかも、電車だと、最寄駅からバスで1時間以上の距離ですから、
どうして、道は大渋滞となります。

自動車で行く場合は、早朝に到着するつもりか、
あるいは、ライトアップを観ることを目的に、
昼間の観光客が帰るような時間帯、つまり、15時〜16時頃に着く!

なんていう作戦が良いのではないでしょうか?

ちなみに、香嵐渓の中は、
広いですから、まず、行列になるようなことはないです。

 

期間中は出店も色々と出店されます。
宮町駐車場近辺には屋台が出て、お祭りや縁日のようになり、
香嵐渓の中でも、
みたらし、五平餅、フランクフルトなどの店があります。

香嵐渓には15時過ぎに到着し、
B級グルメを楽しみながら、
ライトアップで紅葉を楽しむ!というパターンでいかがですか?

 

 

スポンサードリンク