スポンサードリンク

 

2017年6月に、
はがきの料金が値上げされましたが、

2018年
年賀状料金
据え置き!

つまり、値上げしない
ラッキー!と思ったのですが、
ポストへの投函時期などが

要注意らしい!といううわさ!

なんだか、気になってしまったので、
調べてみたら、
なんと、落とし穴がありました!

追記です!
残念ながら、2019年、平成31年の
年賀はがきは、62円に値上げされます!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

年賀状の料金2018年は?

 

 

 

年賀状料金2018年

通常葉書が2017年6月に
52円から62円に
値上げしたにも関わらず、

特例として、
年賀はがきの料金は
据え置きとなったのです。

つまり、値上げなしで
2016年と同様の52円!
これって、かなりの特例のようです。

 

でも、そこには、
落とし穴があります!
まとめておきますので、ご覧ください。

 

 

年賀状の料金は値上げしないのですが。。。

 

年賀状料金
値上げしないけど、
日本郵便株式会社が
指定するルールを知らないと、大変!

実は、
この年賀状の料金とは、
正確に言うと、年賀はがきの郵便料金。

つまり、日本郵便が
発行する年賀はがきの料金と
私製はがきに貼る切手の料金のこと。

 

葉書の料金が
2017年6月に
52円から62円に値上げされて

通常葉書(はがき)も
暑中見舞いなどに使うかもめーる
62円に値上げされたのですが、

年賀状、年賀はがきの郵便料金は
据え置きとして、
値上げしないということになったのです。

でも、そこには、

実は、
知らないと、痛い目に合うルールが
あったのです!

知ってました?

日本郵便が
発行する年賀はがきを52円で買って、
言葉を書いて、年賀状として、

ポストに投函すれば、52円!でOK.

なのですが、

切手を貼ってから
投函する必要のある私製はがきには、
ルールがあったのです!

私製はがきのルール 私製はがきのルール

はがきの宛名面に、
「年賀」という文字が 赤い字で、
鮮明に書かれてないと、

52円の特例の対象外になるのです!

もちろん、

郵便局に行って、
切手を貼らずに、まとめて出すとしても、
「年賀」という文字ルールは必須です!

しかも、
もし、「年賀」という文字を書いてないと、
一般郵便として、年内に届くことも!ある!

 

なので、

私製はがきで
年賀状を作成するなら、
宛名面に「年賀」という文字が

赤い字で印刷された葉書を買う!
という作戦が、
手間がなくて便利なのではないでしょうか?

 

それから、
52円の特例を受けるには、
ポストへの投函時期のルールもあります!

次でご紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

 

年賀状をポストに投函する時期は要注意!

 

年賀状
ポスト投函する時期

例年、12月15日から翌年1月7日
と、されているのって、知ってました?

ちょっと、
年末年始の郵便ポストの姿を
思い出してください。

年末になると、いつの間にか、

投函する穴が2つあるポストの
左側の穴の周りに、「年賀郵便」
と書かれていたり、

「年賀状は左へ」
と書かれていることを
思い出したりしませんか?

そうなんです。

その「年賀郵便」や「年賀状は左へ」
という文字が表示されている期間が、
年賀はがき、年賀郵便の受付時期。

なんですね。

例年だと、
12月15日から翌年の1月7日までに、
ポストの所定の穴に投函すれば、

「消印」が押されない状態で、
「年賀状」として、あて先に配達される
という程度のことなんです。

つまり、
12月15日から翌年の1月7日までの間に
投函された葉書が年賀状ということです。

でも、

この年賀はがきの受付期間である
12月15日から翌年の1月7日の期間以外に

年賀はがきを投函したら、
「年賀はがき」として
受け付けられないだけでなく、

料金不足!ということになるのです。

つまり、

年賀はがきではなく、
通常はがきとして、認識され、
料金は62円!になってしまい、

1枚に付き、10円が不足ということに!

もし、
お正月を
実家や旅行先で過ごしていて

年賀状のお返しを
1月8日以降に投函することになると、

年賀はがきに消印は押されるし、
料金も通常の62円となるので、

料金不足!になります!

私製はがきで、52円の切手を貼ってても、

日本郵便が発行した「年賀はがき」を
使ってても、
料金不足になってしまうので、要注意!

です!

なお、2018年の
年賀はがきの郵便料金52円というのは
値上げの据え置き処置

ということなので、
2019年、2020年には、
値上げされる可能性もあるので

覚悟していなければですね。

 

 

年賀状料金の2018年のまとめ

 

 

年賀状の料金が
2018年のお正月には
値上げなしの52円据え置きは、

嬉しいことですが、

52円の料金が適用されるための
ルールを知らなかったりすると、
値上げなしの恩恵を受けられない!

ということになるので、

年賀はがきで
年賀状を書く人は、
ポストへの投函時期に注意!

 

そして、

私製葉書で年賀状を出す人は、
宛名面への「年賀」という朱記と
ポストへの投函時期に注意してください!

わかりづらい時は、
面倒ですが、
郵便局に持ち込んで

窓口で投函するという方法が良いでしょう。

もし、料金不足!だとしたら、
その場で払えばOKです。

でも、重要なのは、

年賀状なので、年賀状らしく
1月7日までに投函すべき?
ということではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク