スポンサードリンク

 

しばらく、
会っていない友人から
急に年賀状をいただいた。

しばらく、会ってない親戚
急に送らなければいけなくなったことは
ありませんか?

毎年、送っている相手なら、
書きなれているから
大丈夫だけれど……

しばらく会っていない人にというと、
たった一言でも、書こうと思ったら、
悩んでしまうものですよね。

そこで、
会ってない友人への一言と、
会っていない親戚へ文面をご紹介します。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

年賀状を会ってない友人に出す際の一言はこんな感じかな

 

 

 

 

 

年賀状
しばらく、会ってない友人
年賀状を出す時の一言は、

親しい友人に出すときよりも
何を書こうか悩みますよね。

ええい、
ならば、一言書かずに送ってしまおう!

そんな風に投げやりになる前に、
以下の一言を参考に、
言葉をそえて年賀状をだしましょう。

例えば、

送る相手を選ばずに書ける一言があります。

  • 「○○さんにとって幸多き一年になりますように」

  • 「お互い良い一年になりますように」

  • 「楽しいお正月をお過ごしください」

  • 「より充実した一年になりますように」

  • 「さらに実り多き一年になりますように」

 

と、このような感じです。

 

また、

疎遠になってしまっている友人に対しては、

  • 「お元気ですか?また久しぶりに会いたいね」

  • 「お互い忙しいけど頑張ろうね」

  • 「今度ゆっくり会いたいね」

  • 「昨年はどんな一年でしたか?
    また、ゆっくりお食事でもいきましょう」

 

このような一言をそえると、

今まで、会えなかったけれど会いたい
という思いも伝わります。

友人に対してなので、
あまり難しく考えずに一言書いてみましょう。

スポンサードリンク

あなたのウソ偽りない素直な言葉ほど
喜ばれるものはありません。

 

 

年賀状を会ってない親戚に送る時の文面もご紹介。

 

 

友人に対してなら、
久しく会っていない人に対しても
年賀状の文面
思い浮かぶという方は多い。

のでは?

しかし、それが
会ってない親戚となると
なんと書けばいいのか
途端に分からなくなりませんか?

 

結婚などによって環境が変わり、
会っていない親戚に年賀状を
送らなければいけないこともあるはず。

そんな疎遠になっている親戚への
年賀状に書く文面をご紹介します。

まずは、一言をご紹介。

 

文面のサンプル1

「すっかりご無沙汰しております」

「平素の疎遠をお詫び申し上げます」

やはり、
親戚ですので、一言も堅い文章の方が
いいでしょう。

また、
相手の健康を気遣うような文章は
よく好まれます。

特に
自分より目上の方や、ご高齢の方にとって
健康は一番関心のあることだと思います。

 

文面のサンプル2 健康関係

 

「ご家族の皆様で、
どうぞ穏やかな新春をお過ごしください」

「厳寒の折、くれぐれもご自愛ください」

「まだまだ、寒い日が続きます。
健康には、十分にご留意ください」

「健康に気をつけてどうか良い一年を
お過ごしください」

このような文面が書かれていると、
深い気遣いのできる方だと
年賀状を受け取られた親戚の方も
喜ばれること間違いないでしょう。

 

また、
出産や結婚などめでたい近状が
ありましたら、それを年賀状に
書いてご報告するのも喜ばれます。

特に
祖母や祖父に向けて送る場合は
孫の成長について一言書かれていると
なお良いでしょう。

近状に関しては、あまり
お付き合いのない親戚に対しては
無理に書く必要はありません。

 

 

年賀状を会ってない友人へのまとめ

 

以上が、
しばらく会っていない友人と
親戚に対しての
年賀状の文面の例です。

年賀状というのは、
年に
一度だけの特別な挨拶状になります。

ただ単に
「あけましておめでとうございます」
と書いているだけよりも、

一言書かれている方が、自分自身ももし
そのような年賀状をいただいたら
うれしくありませんか?

自分がされてうれしいことは、
ぜひ周りの方にもしてほしいと思います。

いかがでしたでしょうか。

これを機に、疎遠だった方とも
この年賀状を通して、また交流が
できるのではないでしょうか。

そうなることを心から願っております。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク