スポンサードリンク

 

 

小樽への初めての観光
穴場スポットなんて気にせずに、
まずは、運河を目指しましょう!

でも、

所要時間が気になるでしょうから、
実際に、私が散策した経路を
所要時間などもご紹介しながら、

モデルコースとして、
周辺の穴場スポットや
おすすめグルメも暴露します!

もう、
これで、
アナタは小樽観光の達人!です。

 

 

 

スポンサードリンク

小樽での観光は所要時間がわかってれば、バッチリ!

 

 

 

小樽観光所要時間は、
ズバリ!
4時間あれば、大丈夫です!

えっ?
たったの4時間?
と思いました?

それとも、
4時間も必要なの?
と思いました?

でもですねえ。

もちろん、
せっかく、港町の小樽に
行くんですから、

ランチは海の幸!

ですよねえ!?

私はお寿司を食べたのに、
ランチタイムを含め、
4時間で小樽を満喫できました!

実は、
我が家が行ったのは、
札幌の雪まつりとセットでの
1泊2日の北海道旅行でしたから、
二日目に小樽に行ったのです。

ということは、
小樽も、当然ですが、
写真のような雪道!

 

 

にもかかわらず、
小樽の駅から、
後でご紹介するモデルコースを
ゆったりと楽しんだ上で、
4時間で小樽駅に戻ってきました。

楽しみ方は
人それぞれなので、
4時間じゃ、足りない!

という人もいるかとは思いますが、

もし、
運河の近くで、
カニ等の海の幸などの
買い物を楽しんだとしても、
5時間あれば、大丈夫でしょう。

これは持論ですが、
小樽は、日帰り観光で
ちょうど良い!と思います。

それでは、次に
実際に寄ったスポットも含め、
モデルコースをご紹介しておきます。

 

小樽観光のおすすめモデルコースと見所!ご紹介

小樽観光
おすすめモデルコースは、
簡単に言うと、

小樽駅を出発点として、
海に向かって歩き、
運河で記念撮影して、
駅に戻ってくるというコースです。
(ちょっと、簡単過ぎ?)

実際に回ったスポットを
下記に列挙しておきますね。
全長、約4kmの道のりです。

小樽の観光マップ

上の観光マップを見ながらだと
わかりやすいかもですよ。

  • 小樽駅をスタート

        約600mの中央通りは 
     緩やかな下り坂ですが、
     まっすぐ、歩きます。
     ゆっくり歩いても15分です。
    ↓ 

  • 中央橋(運河に到着)

    ↓  撮影スポット!

        
     
     一段下がった運河沿いを歩く
     (写真の中央右側の道です)

  • 浅草橋

    ↓ ここも撮影スポット!

       
     
     中央橋の方を向いて、
     撮影してくださいね!

    ↓  そのまま、
     中央橋とは逆方向に
     広い道沿いを歩いて行きます。
     
     何もないので、不安になりますが、
     左側に観光バス専用駐車場が
     見えてきたら、もうすぐです。
     
     間もなく、右手側に、
     北一ヴェネツィア美術館や
     北一硝子3号館も見えてきますが、
     もう少し、我慢して、歩きます。

  • 「堺町」の交差点に到着

    ↓ これを右折して、80m歩くと

  • 信号(左手に洋館が見えます)

    ↓ この信号を右折します。

      お待たせしました!
      
    ↓ これで、
      「堺町通り商店街」に
      入りました!

    ↓ この信号近辺も、
      撮影スポットなので、
      バシバシ、周りの洋館を撮影!
      
    ↓ あとは、
      商店街を散策し、
      お好みで、
      両側の店に立ち寄ってください。
      

  • ルタオ本店(有名な小樽の洋菓子屋)

    ↓ 我が家は、
       ここで、お土産をゲット!

  • 北一硝子の店がいくつかあります。

    ↓  そして、
     右側に、「北一ホール」を
     見かけたら、注目です!

  • SNOOPY茶屋 小樽店!!!!!

    ↓   記念撮影は、もちろん、
     店内で、
     北海道限定のSNOOPYグッズを
     物色してください!
     ワイフは涙流して喜んでました!

        
     
    ↓  そして、
     400mほど歩くと、
     わき道を右折して、 
     広い道とぶつかった辺りに、

  • 回転寿し 和楽

    ↓ 我が家は、ここで、ランチ! 

       

     

     安い!
     というわけではないですが、
     ネタは新鮮で美味しかったです!
     13時頃でしたが、30分ほど、
     店内で待ちました。
     
    ↓  食後は商店街に戻ります。

  • 「堺町通り商店街」

    ↓ 120mほど歩くと、
      川?じゃなく、
      運河の支流とぶつかり、
      橋を渡ります。
      
      そして、右折します。
      そして、
      30mほど歩くと、

  • 「金賞コロッケ&手作りの店」

    ↓ という店がありますので、
      コロッケが好きなら、
      ぜひ、お試しください!

    ↓ コロッケをゲットしたら、
      食べながら、
      先ほどの橋に戻って、
      右折します。
      100mほど歩くと、交差点。
      
      その右側の一角が
      小樽芸術村です。

  • 似鳥美術館
    ニトリ小樽芸術村
    旧三井銀行小樽支店

    ↓ 大手家具屋のニトリの社長が
       似鳥さんなんですね。
      その似鳥さんの美術館なんです!
      
      美術館や芸術村は、
    ↓ お好みに応じて、
       時間と相談しながら、
       拝観してください。
      
      我が家は、
      
    ↓ 旧三井銀行小樽支店の中で、
       ちょうど、
       地産地消フェアをやってたので、
       醤油とアクセサリーを
       買っちゃいました!


      

           「小樽芸術村
      
    ↓  我が家の小樽観光は、
        こまでで、
        あとは、来る時に
        通った中央道りに出て、
        左折して、小樽駅に戻りました。
      
      が、
      これだと、物足りない!
      という方は、
      

  • 先ほどの交差点に戻ります。

    ↓ そして、右折して、
      130mほど歩くと、
      左側に日銀の旧小樽支店が
      あります。
      資料館になってますので、
      お好みで見学してださい。

あとは、
上で、ご紹介した観光マップにある
寿司屋通りや花園銀座商店街なども
散策すると、楽しいのでは?

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

小樽へのアクセス方法

 

基本情報
住所:北海道小樽市
公式HP:「おたるぽーたる

アクセス:札幌駅からJRで30分少々
     新千歳空港から走っている
     「エアポート号」に乗ると、
     32分で到着します。

途中、
こんな縁起の良い駅がありますよ!

何という駅かわかります?
「銭函」と書いて、
「ぜにばこ」と読むんですね。

なんだか、お金持ちになれそう!

写真を撮って、
スマホの待ち受けなんかに
いかがでしょうか?

 

周辺の観光スポット

周辺
観光スポットと言っても、
北海道だと、
どこからが周辺なのかが
難しいのですが、

我が家の感覚では、
ニセコや羊蹄山ではなく、
JRで30分で行ける札幌が
周辺の観光スポットになるかあ
という感じですが、

先ほど、ご紹介した「銭函駅」。
札幌から来ると、
ちょうど、銭函駅辺りから、
車窓の右側に日本海が見え始め、
その絶景を披露してくます。

なので、

時間があれば、
縁起の良さそうな「銭函駅」で
下車して、
日本海の絶景を満喫するのも
オススメですよ!

 

周辺のグルメスポットってある?

 

小樽周辺
グルメスポット
というのも、
悩ましいテーマです。

北海道だと、
グルメ情報は目白押しなので、
普通の物はご紹介できません!

なので、
自分が行って、
美味しかったスポットということで、

まずは、

小樽の
グルメスポットだと、
既に、ご紹介した

  • 回転寿し 和楽
  • 金賞コロッケ

ということになり、

札幌では、
月並みですが、
ラーメンをご紹介します。

実は、
仕事での出張を含めると、
札幌には、30回以上行ってます。
そして、
ほぼ、毎回、食べてるラーメンが、

「ラーメン 寶龍(ほうりゅう)」

所在地は、
総本店が
中央区南6条西3丁目ススキノ本通で、
すすきの駅から約300mほど、
中島公園方向に行った左側にあります。

あと、
唯一の直営店は、
札幌駅の地下街APiA(アピア)
にも、ありますが、

時間に余裕があれば、
総本店に行って
味噌ラーメンを食べてください。

総本店に行って、
食べると、
いかに、美味しいかがわかります!

 

 

小樽観光のまとめ

ということで、
小樽観光の
モデルコースも
グルメ情報も、
我が家の独断でご紹介しました。

もし、
オススメのグルメ、
他にはないの?

と聞かれたら、

ギンギスカンなら、
「成吉思汗 だるま」本店を
ご紹介しておきます。

ラーメン寶龍の近くです。
寶龍を出て、
すすきの駅の方に向かって、
二つ目の信号を左折すると、
100m弱で右側に見えてきます。

ぜひ、お試しください。

 

北海道での食べ歩きのコツ!

美味しい物ばかりですから、
北海道に行く前に、
何を食べたいかを考えましょう。

例えば、
我が家の場合は、
札幌の雪まつりと小樽を
1泊2日の旅で強行したので、

ホテルは、
食事の付いてないビジネスホテル
に泊まることにして、

食事する機会は、

  • 初日のランチ
  • 初日の夕食
  • 二日目の朝食
  • 二日目のランチ
  • 二日目の夕食

と、チャンスは5回!

と考えました。

でも、
二日目の朝食と
二日目の夕食は、
残念ながら、時間の関係上、

二日目の朝食は
ホテルのバイキングで、

二日目の夕食は空港の中で
何かを食べる

ということになると考えましたので、
残った3回のチャンスを

  • 初日のランチ:ラーメン寶龍
  • 初日の夕食:海の幸を居酒屋で
  • 二日目のランチ:小樽で回転寿し

という計画を立てたのででした!

反面教師をも含め、
ご参考になれば、幸いです。いかがでしょう?

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク