スポンサードリンク

 

彼岸花
曼殊沙華(まんじゅしゃげ)
とも呼ばれる真っ赤な花。

日本には
彼岸花が咲き誇る観光スポットは
いくつもありますが、

関東では、
巾着田が一番有名なのでは?
曼殊沙華が豪快に咲き誇る巾着田!

我が家も行って来ましたので、
曼殊沙華まつり
満喫するための所要時間
渋滞の状態と
駐車場の情報をお届けします。

 

スポンサードリンク
 

巾着田の彼岸花まつりの所要時間

 

 

巾着田彼岸花まつり、
つまり、
巾着田曼殊沙華まつりは、

例年、

9月の中旬から下旬に開催されて、
その時期、たくさんの観光客が
押し寄せてきます。

写真を見れば、わかるように、
巾着田の曼殊沙華公園内には
500万本の曼殊沙華が咲き乱れます。

我が家の場合、
公園の入口から
写真を撮りまくりながら、
そして、
公園内の露店で軽く食事もしました。

そんな過ごし方をして、
公園を出てくるまでの所要時間は、
約1時間半でした。

 

 

いかがですか?
この迫力ある曼殊沙華!
何枚も何枚も写真を撮りたい!
という衝動に負けて、
120枚も撮っちゃいました!

なので、
少し、所要時間も長め?
かもですね。

まるで、
真っ赤な花のじゅうたんです。
約3.4ヘクタールという広大な
曼珠沙華群生地が
すなわち、
巾着田曼珠沙華公園なんです。

きっと、

写真、撮りまくりたくなりますよ!

ちなみに、
この巾着田曼殊沙華公園、

高麗川が蛇行して形成された地、
つまり、
その形が巾着に似ているので、
巾着田と命名されたということ。
下記の地図でも形がわかりますよね。

 

 

 

巾着田の彼岸花のまつりは渋滞するので駐車場が大変!

 

巾着田
これだけの彼岸花、曼殊沙華が
咲き誇る曼殊沙華公園ですから、
曼殊沙華まつりの時期は混みます!

特に、まつり期間内の連休。

つまり、
秋分の日がからむ連休は
もっとも、混雑が予想されます。

なので、
車で行くのはあきらめた方が
良いのではないかと思います。
(一般的には。。。)

ただし、
我が家は東京在住ですが、
車で行っちゃいました!

でも、

秘策を使いましたので、
渋滞に巻き込まれることなく、
快適に曼殊沙華を満喫できました!

その秘策は後ほど、ご紹介しますね。

この巾着田曼殊沙華公園の駐車場、
この祭りの時期には、臨時駐車場も
準備され、収容台数は500台以上ですが、

最も混むと、数万人が押し寄せる!
という人気スポットですので、
15号線などは、
大混雑、大渋滞は避けられません!

なので、民家が空き地を利用して、
臨時駐車場として、
呼び込みをやってたりしますので、

空いてるようなら、
少し、歩くつもりで、
多少高くても、停めた方が良いかもです。
(まあ、高くても、1000円でしょう)

 

 

 

スポンサードリンク

 

巾着田の駐車場の穴場情報

 

既に、お伝えしたように、
巾着田曼殊沙華公園にも
駐車場はあるのですが、

まつり期間中の連休に行くなら、
車で行くのをあきらめるか、
巾着田の駐車場を断念するかを
おすすめします。

もちろん、
巾着田の駐車場は24時間営業なので、
早朝に着いて、駐車場で
公園の開園時間の9時を待つ!
という覚悟で行けば、大丈夫でしょう。

ただし、
我が家が取った行動が
一押しの穴場駐車場情報と言えます。

それは、
少し離れた場所に車を停め、
無料のシャトルバスで公園に行く!

という方法です。

 

その穴場駐車場は、

日高市役所の無料駐車場
高麗神社の無料駐車場です。

つまり、日高市が
まつり期間内の混雑時の
道路の渋滞を回避するために、
無料シャトルバスを出してくれる!
というラッキーなサービスです。

 

ただし、
運行日は
9月下旬の秋分の日の連休のみ。
運行時間は30分間隔で
午前9時から午後4時30分までです。

日高市役所から巾着田の間に
高麗神社にも停車するのですが、
そこにも無料駐車場があるので、
市役所じゃなく、
高麗神社に車を止めて、
シャトルバスで行くという手も
ありますが、

日高市役所発のバスですから、
高麗神社では満員状態ですから、
下手すれば、乗れないことも!

ただし、
高麗神社から巾着田の公園まで
カワセミ街道を約2kmの道です。

十分に歩ける距離ですから、
高麗神社から歩いていく
という方法も、良いかもです。

でも、
我が家は大混雑、大渋滞を予測し、
日高市役所に車を停めて、
シャトルバスで行くことにして、
のんびり、ゆったりと行けました!

日高市役所から巾着田までは
20分もかからなかった
という感じでしたよ。

なので、
日高市役所に停めることを
強くオススメします。

 

巾着田へのアクセス方法等の基本情報

基本情報

住所:埼玉県日高市高麗本郷125-2
   巾着田曼珠沙華公園内
開催時間:午前9時~午後4時30分
入場料:1人300円(1日)
    まつりの期間だけ有料!
公式HP:巾着田曼殊沙華

アクセス方法

電車でのアクセス 

JR八高線

川越線 高麗川駅から徒歩約45分

西武池袋線

高麗駅から徒歩約15分

車でのアクセス 

関越自動車道「鶴ヶ島」I.Cから14Km
圏央道「圏央鶴ヶ島」I.Cから11Km
圏央道「狭山日高」I.Cから8Km

 

 

巾着田周辺の観光スポット

 

巾着田周辺には
これ!と言った観光スポットは
残念ながらないのですが、

我が家は
御朱印ガール?と
御朱印ボーイなので、
高麗神社での御朱印をゲットし、

そして、
高麗神社から40分程度の距離に
坂東三十三観音の十番札所である
巌殿山正法寺で
御朱印をゲットしました!

正法寺は山肌にある寺院ですが、
お寺に続く参道が一直線で
残っており、古の栄華を感じました。

巾着田曼殊沙華のまとめ

曼殊沙華、彼岸花と言えば、
関東では、
巾着田!と言えそうなほどのスポット。

写真が、その実力を物語ってます。

人生一度は行ってみてください!

とは言え、
自然の世界の話なので、
その年によって、見頃時期が変わったり、
咲き方に違いが出たりします。

我が家が行った時は

曼殊沙華は満喫できましたが、
コスモスは、
まったく咲いてませんでした。

その年の夏の気候によって、
左右されることもあるようです。
ぜひ、下記ホームページをご確認ください。

ひだか巾着田オフィシャルサイト

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク