彦根城と近江八幡への1泊2日の観光旅行のモデルコース!

観光
スポンサードリンク

 

1泊2日で
彦根城と琵琶湖周辺を
有意義に観光したいのですが、

2日目の夜(夕方)には、
大阪の難波に到着することを前提に
所要時間も考慮して、
2日間の観光モデルコースを考えました。

反面教師的に参考にしてください。

 

スポンサードリンク

 

  ご参考!
☟彦根城への観光旅行のご参考情報まとめてます。☟
彦根城観光のおすすめ見学スポットとアクセス情報や駐車場情報ご紹介!

 

 

彦根城と琵琶湖での観光モデルコース

 

彦根城と琵琶湖を1泊2日で
満喫したのですが、
我が家は東京在住ですので、

勝手ながら、
東京からアクセスすることを
前提に考えますので、お許し下さい。

そして、
宿泊先は彦根城から1km強離れた
「料亭旅館 やす井」とします。

そして、
せっかくなので、
ランチを地元のB級グルメである
「ひこね丼」か「ひことろ丼」を
食べてみたいので、

11時過ぎに、
彦根駅に到着できるように、
東京駅を「ひかり」で出発します。

 

 

初日

11:00頃   彦根駅に到着

11:30      ひこね丼を食べる

     JR彦根駅からなので、
     彦根城中堀を抜けるため
     佐和口に向かいます。

12:15   滋賀県護國神社の前辺りの
       外堀の痕跡を確認
    
12:20   滋賀県護國神社
       佐和口の手前にあるので、
       参拝してから、
       ここで御朱印をゲット予定
    
12:45       佐和口に突入

12:55       写真を撮りながら、
                表門橋から山道に入ります。

                天守までは上り坂で300m弱

                まずは、
                重要文化財の天秤櫓を激写
                そして、天守閣へ

13:10       国宝の天守に到着

      天守は、
      どの方向から見ても、
      破風(はふ)が見事!
      なので、
      全方位から激写します!
    
      ちなみに、
      天守は大津城から
                移築され たということです。
    
      お城の内部も混んでなければ、
                見学しますが、
                大きくはない天守閣なので、
                あまり、期待しないで
                観るつも りです。
    
14:00      天守の見学の後は、
        西の丸三重櫓を抜け、
        山崎山道を下り、右折し、
        黒門山道を経由し、
        黒門橋を渡ります。
   
   
14:15   玄宮園
     お好みですが、
     彦根城と玄宮園の観覧料金は、
               セットで800円なので
     観覧することにします。
    
14:30      佐和口辺りに戻ってきます
               佐和口の近くには
               彦根城博物館がありますが、
               観覧料金は別途500円です。

下記がホームページです。
     ☟ ☟ ☟
彦根城博物館

観覧するかどうかは、
行った時に決めることにします。
結果は、もちろん、    
行った後の旅行記で報告し ますね。

さて、
ここで、我が家は検討会議です。

というのは、

おもてなしが期待できて、
くつろげそうな旅館に泊まる時は、
16:00にはチェックインしたい!
という基本方針を持ってますので、

佐和口の戻ってきた時間が
14:30から15:00だと、
ここらで、彦根城を離れて、
旅館に向かうことにするでしょう。

佐和口から旅館までは、
2km弱という距離なので、
徒歩で30分という距離です。

しかも、

途中、南西側の京橋口を出ると、
夢京橋キャッスルロード!
という商店街?もありますし、

その後も、
旅館までの道は
風情ある城下町の街並みと
オシャレなショップなども
満喫できそうなんです。

ということは、
お城から旅館までは
徒歩30分ほどの距離ですが、

余裕で、1時間はかかるかと思い、
彦根城見学は、
佐和口まで一周してきた時点で終了!

ということになりそうです。

加えて、
旅館に向かう道中、
千代神社の近くも通るので、
外堀の残り香の土塁も、
写真を撮りたいと思ってます。

ということで、

夢京橋キャッスルロード等の散策は
省略させていただいて、

16:00     料亭旅館 やす井

旅館では、地下300mから
汲み上げた軟水を使ったお風呂と、
近江牛のしゃぶ しゃぶを満喫します。

そして、
食後は、いつも通りに、
マッサージもお願いすることに
なるでしょう。

二日目

 

朝食が8:00から9:00までなので、
チェックアウトは、
早くて、9:30頃になると想定し、

10:00    琵琶湖線 彦根駅

10:25    琵琶湖線 安土駅到着

11:00     安土城跡には、
            天候にもよりますが、
            2km程度の距離なので、
            田園風景を楽しみながら
            徒歩で向かいます。
 
12:30      安土駅

     この時間帯、
               1時間に2本し かないので、
    
13:00      近江八幡着
          
13:30      近江八幡という地名の由来
     である日牟禮(ヒムレ)
               八幡宮に参拝して、御朱印!
    
               駅から約2.5kmなので、
               徒歩だと、40分程度。
        バスだと、
      近江(鉄道)バス⑨番のりばから
             「長命寺」行きに乗車して、
             「大杉町」で下車
    
14:15      裏手のロープウェイで
     八幡山城跡へ
     実は、
    この山、標高270mほど
     ですが、1585年に
     豊臣秀次が築城した頃は
     一大要塞!だったんです。
    
     今は、瑞龍寺が本丸跡にあ
     りますので、ここでも、
     御朱印!

 


    
15:15    ロープウェイで下りてきた
             ら、日牟禮八幡宮の隣の
             幸福稲荷神社で御朱印!

16:00     近江八幡駅

本当は、
水郷めぐりを経験したかった
のですが、調べたところ、冬
場は運航していいない!
とのことだったので、

あとは、時間まで、
近江商人の街を
散策することにしますが、

17:30頃には大阪に着きたいので、
16:00頃には、近江八幡駅から
JRに乗ることにしますので、

彦根城から近江八幡までの旅は、
幸福稲荷神社の御朱印で終了!
ということになるでしょう。

近江八幡のまとめ

 

NHKの大河ドラマや
朝ドラで取り上げられることが多い
琵琶湖近辺ですが、

実は、
お城好きだった我が家の好みと合致!

大阪での行事への参加を利用し、
国宝彦根城への観光旅行も
実行できました!

おかげさまで、
これで、
日本の国宝に指定されている
5つのお城を制覇したことに!

実際の旅のご報告は、
後日、旅行記として、
記事にまとめる予定なので、
しばし、お待ちくださいね。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました