東京オリンピックが中止や延期の時のチケット代金は返金されるのか?!

スポンサードリンク
スポーツ

新型コロナウイルスに関して、
WHOが、「パンデミック」宣言を
出してしまったために、

2020年の東京オリンピック
そして、パラリンピックの開催が
中止になるのでは?
延期になるのでは?
などということが話題になってます。

聖火ランナーはスタートしましたが。。。

でも、
気になるのは、五輪の観戦チケット。
チケットが配布される時期も近づき、
中止や延期になった時の
チケット代金はどうなるのか?

が、
気になるので、まとめておきました!

なお、下の方に
追記がありますので、ご確認ください。

 

スポンサードリンク

 

東京オリンピックが中止や延期の時の観戦チケット代金はどうなる?

 

 

第1次、第2次と
東京五輪の観戦チケットの抽選があり、
たくさんの人が申し込んでいますが、

2020年の年明け早々から起きている
「新型コロナウイルス」騒動で
東京オリンピックが中止!延期?

という
ウワサというか、
見方が出てきている状況です。

となると、
気になるのが、チケット代金は
どうなるんだ?

ということです。

2020東京オリンピックが今現在、
開催されるのか、
中止になるのか、
延期になるのか、
ということが決まっていませんので、

はっきりしたことは
公表されるわけがなく、
この段階では、不明!としか言えません。

でも、
最近、起きた事例から推測できないか?!
と思い、整理してみましたが、

  • 全額を返金してくれる(全額払戻)
  • まったく返金なし(全額没収)

という両方の可能性がありそうなんです。

なぜかと言うと、

その前に!

追記です!
東京オリンピックが
中止か延期かは決まってませんが、
もし、万が一、「中止」!
となった場合は、残念ながら、
返金されないようです。

なぜかと言うと、規約で、

「当法人が東京2020チケット規約に定められた義務を履行できなかった場合に、その原因が不可抗力による場合には、当法人はその不履行について責任を負いません」

と書かれており、
今回の場合は、
新型コロナウイルスが原因の中止なので、
「不可抗力」による場合となり、

さらに、その「不可抗力」は、

「天災、戦争、暴動、反乱、内乱、テロ、火災、爆発、洪水、盗難、害意による損害、ストライキ、立入制限、天候、第三者による差止行為、国防、公衆衛生に関わる緊急事態、国または地方公共団体の行為または規制など、当法人のコントロールの及ばないあらゆる原因をいいます」

となっており、
新型コロナウイルスは
この中の
公衆衛生に関わる緊急事態
に該当することになるからです。

以下、色々と書いてしまってますが、
延期の時の事や他の競技のケースなどを
ご紹介してますので、ご参考にしてください。

全額を返金してくれる(全額払戻)可能性の理由

ご存知のように、
大激論、口論となった
東京オリンピックのマラソン開催地。

そうですね。
記憶に新しいと思いますが、

男女のマラソン競技を行う場所が
東京の酷暑を回避し、
東京から札幌に変更された事件!

当初、東京都知事は大反対でしたが、
最終的には、
札幌で開催されることになりました。

この開催地変更に伴い、
観戦チケットの扱いが話題になった?
という記憶は、あまりないですが、

少なくとも、
マラソンのゴールとなる新国立競技場の
観戦チケットがどうなったか?

ということが、
東京オリンピック自体の中止や延期
に密接に関係してくる?

ということが言えそうです。

個人的には
マラソンは沿道で応援したいですが、
日本人のメダルを期待して、
競技場で待ち構えるというのも、
楽しみの一つでしょうから、

多くの人がチケットを購入しました!

さて、
この場合、購入済みのチケットは
どうなったかというと、

男子マラソンと女子マラソンで
明暗を分けた?
というか、対応が違ったのです。

男子マラソンについては、

札幌でのマラソンの場合、
大通公園がゴールとなり、
観戦席が準備できないということから、

札幌にも行きたい!という人は
優先的に、交換できる!
というようなこともできませんので、

一律、
「全額返金(全額払い戻し」
ということになっています。

一方、女子マラソンの場合は

もともと、
女子マラソンの場合は、
マラソンのゴール観戦だけでなく、
陸上の他の5種目などと
セットになっていたので、少々、複雑。

だったんです。

が、

結果としては、
マラソンのゴール観戦が
なくなった分、
販売価格を値下げし、
その差額の1千~5千円を返金する。

ということになったとのこと。

まったく返金なし(全額没収)の可能性がある理由

そして、
信じたくはないですが、
全額没収というか、
いっさい、返金されない可能性がある!
のです。

その理由?前例?としては、

同じ(コロナウイルス)理由で、
参加できなくなっってしまった
東京マラソンの一般ランナー。

そうなんです。
東京マラソンの一般ランナーは
参加費を払っていたのです。

日本の国内のマラソンへの参加費は、
16,200円らしいのですが、
その全額が、返金されませんでした!

理由は、
大会のエントリー規約で、

13. 積雪、大雨による増水、強風による建物等の損壊の発生、落雷や竜巻、コース周辺の建物から火災発生等によりコースが通行不能になった結果の中止の場合、関係当局より中止要請を受けた場合、日本国内における地震による中止の場合、Jアラート発令による中止の場合(戦争・テロを除く)は、参加料のみ返金いたします。なお、それ以外の大会中止の場合、返金はいたしません。

と書かれていたからです。

つまり、

今回の
東京マラソンの一般ランナー不参加決定は
上記規約の「それ以外の大会中止の場合」
に該当するとしたようです。

ということは、

上記規約の前段の原因の限定列挙の中に、
「疫病」などという表現があれば、
返金されたということになります。

残念な結果ですが、
これが、
返金なし!の可能性がある理由です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ただ、中止じゃなく、1年後、2年後に延期の場合

中止ではなく、延期の場合。

中止だと、
経済的な打撃が相当なものになるので、
常識的に考えると、
延期される可能性の方が高いのでは?
と、一般人としては考えます。

この場合だと、

基本、購入済みの観戦チケットは
1年後、2年後の実施時にも有効であるとし、
代金の返金は行わない
ということになる可能性が高い
ような気がします。(もちろん、推測です)

あとは、

「ただし」ということで、
「返金を希望する場合は返金します。」
という言葉が追加されるかどうかですね。

でも、
冷静に考えると、
中止ではなく、延期ということなら、

間もなく開設される予定の
「公式リセールサービス」
つまり、公式の転売サイトというか、
定価での名義変更ができるサービスが
ちゃんと、機能すれば、
返金する必要もなくなると思われます。

東京オリンピックの中止や延期の際のチケット代金のまとめ

 

4年に一度のオリンピックが
中止や延期になってしまうのは、
出場する選手にとって、
コンディション、モチベーションの維持
という点において、大問題です。

一方、
応援する側の国民にとっては、
一生に一度あるかどうかの
日本でのオリンピックを体験できない!
という可能性も出てくるわけです。

しかも、
既に支払ったチケット代金は、
どうなるんだ?

という具体的な問題も気になります。

まだ、
中止なのか、延期なのかが
決まっていない段階においては、
推測するしかないわけですが、
推測してみることにしました。ご参考に。

ただ、
無観客でオリンピック開催!
という案も浮上しているようです。

となると、
観戦チケットの代金は、
すべて、返金されるのでは?(推測です)

 

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました