スポンサードリンク

 

栃木県にある鬼怒川温泉
温泉の人気ランキングでも、常に、
ベスト10に入る人気の温泉スポット。

 

温泉と言えば、
暑い夏よりも、
寒い冬に行きたいものです。

でも、寒い2月

 

日光にも近い鬼怒川温泉は
が心配!

 

車で行くには
スタッドレスが必要なのか?

それとも、
電車で行くべきかを悩みます。

鬼怒川温泉の気温情報も含め
色々と調べたことをまとめておきます。

 

 

 

スポンサードリンク
  

 

鬼怒川温泉の2月は雪が積もるのか?

 

 

 

鬼怒川温泉
2月が降ります!

が、

12月には降っても、1~2回
1月、2月、3月には数回程度の降雪。
というような状態なのです。

つまり、
いつもいつも
積雪しているというわけではなく、

東京で雨の日に
鬼怒川温泉では雪になる日もある
という程度の雪だということです。

ですから、
栃木県とは言え、
雪国ということではないので、

ちょっと、安心してもいいのです。

ちなみに
下記は鬼怒川温泉のライブカメラ
雪が積もってるかどうか確認できますよ。
  ↓ ↓ ↓
鬼怒川温泉ライブカメラ

 

 

鬼怒川温泉の2月はスタッドレスがあれば大丈夫?

 

鬼怒川温泉2月
スタッドレスタイヤであれば、
まずは、大丈夫だと言えそうです。

場合によっては、
ノーマルタイヤのままでも
問題なく走れることもあります。

だた、
雪国ではないとは言え、
東京でも雪が降れば、

チェーンやスタッドレスがないと、
坂道ではスリップしてしまい、
危険な状態になるわけですから、

チェーンを積んでおくと安心ですね。

あるいは、
チェーンを巻くのは面倒なので、
スタッドレスを履いてくる方が良い!

とも言えますね。

でも、今は、こんな便利なチェーンも!

 

ただ、
鬼怒川温泉に直行して、
宿泊して、

そして、
翌朝には、東京に帰る
というような温泉旅行、

つまり、

どこも観光しないで、
鬼怒川温泉だけへの温泉旅行!
なら、ノーマルタイヤでもOKかも!

ですが、

日光のいろは坂や中禅寺湖、
スキー場がある北方向の山間部に
行ってみたい場合は、

やはり、スタッドレスが必要です。

以前、

鬼怒川温泉に泊まって、
エーデルワイススキーリゾートや
ハンターマウンテンでスキーした時は

四駆(4WD)にスタッドレスだったので、
怖い思いをすることもなく、
快適に安全にドライブも楽しめました。

なので、
備えあれば憂いなし
ですので、スタッドレスは頼もしいです。

ただ、
鬼怒川温泉よりも
北の方向、つまり、山の方向に
絶対に行かないのなら、
ノーマルタイヤで平気だと言えます。

なぜかと言うと、
鬼怒川温泉の道では
雪が止むと、除雪車が走り回り

融雪剤を散布してくれますので、
道の雪は、
すぐに、溶けてしまうからです。

って、
色々と書いてしまうと、
いったい、どっちが良いんだよ!

ということになりそうですが、

やはり、
1月、2月、3月という寒い冬に
車で一泊や二泊の旅行に行くなら、

スタッドレスタイヤをはいて行くか、
チェーンを積んで行く
というのが、無難だと言えます。

雪が積もってなくても、
真冬の道は凍結すると、
スケート場ように、滑りやすくなります。

スリップして事故るのは避けたいですよね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

鬼怒川温泉の2月の気温は低いですか?

 

鬼怒川温泉
2月気温

最高気温:6.3℃
平均気温: 0.9℃
最低気温: -3.8℃

という感じで、

東京の気温が

最高気温:10℃前後
平均気温:6℃前後
最低気温: 3℃前後

という気温ですから、

やはり、平均して、
鬼怒川温泉の方が気温が低いのです。

ですから、
最低気温がマイナスになる鬼怒川は
早朝や深夜は道路が凍結!

という事態は十分にあり得ますから、
車の運転には注意ですね。
やはり、スタッドレスがあると安心。

と言えます。

ちなみに、
鬼怒川温泉駅の標高は 約390m で、
日光東照宮が約630m
そして、
ハンターマウンテンは最下部で1,138m

やはり、
鬼怒川温泉よりも
北の方向、山間部に行くと、

雪と道路の凍結は要注意ですね。

 

と、色々と書きましたが、
私が2月に鬼怒川温泉に行くとしたら、
やはり、車で行くことにします。

なぜかと言うと、私の場合は、

スタッドレスは持ってませんが、
車は四輪駆動ですし、
冬の鬼怒川温泉への旅行では

日光や中善寺湖などへは
行かないで、
鬼怒川温泉の手前にある
東武ワールドスクエアや日光江戸村を
楽しむことにするからです。

車で旅行するのが好きですが、
好きだからこそ、
季節に応じた行き先を選びます。

日光や奥日光へは、
夏の暑い時期に行ってます。
それは、
避暑を兼ねた涼しい観光ができるからです。

 

鬼怒川温泉の2月のまとめ

 

鬼怒川温泉に
お昼過ぎに着いて、
翌日のお昼頃に帰路に付く

という温泉旅行だけなら、

ノーマルタイヤでも大丈夫そうですが、
日光への観光や
北にある龍王峡まで足を伸ばすと

雪や道路の凍結には注意が必要で、
特に、
早朝の移動時は、気をつけましょう!

備えあれば憂いなし
ですから、
スタッドレスかチェーンがあると良いですね。

私は2月という冬に
群馬県の北の端の草津温泉、
そして、
少しだけ南にある伊香保温泉に
行く時は車で行くのはあきらめて、

電車を利用することにしています。

旅先で事故はしたくないですからね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク