スポンサードリンク

 

しめ縄を持って
どんど焼き行けない
行けなかった!
行き忘れた!

 

と年初の忙しさで、
しめ縄や門松などの正月飾りを
どんど焼きで
処分できない人が多いはず。

 

でも、神社自宅でも
処分できるのでご安心ください!

 

 

スポンサードリンク

 

 

しめ縄をどんど焼きに持って行けない!

 

%e3%81%97%e3%82%81%e7%b8%84%e3%80%80%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%a9%e7%84%bc%e3%81%8d%e3%80%80%e8%a1%8c%e3%81%91%e3%81%aa%e3%81%84

 

しめ縄などの正月飾りを
どんど焼きに持って行けない

となると、
なんとなく、気分が良くないものですが、
しめ縄、門松などを気分良く
処分する方法はあります。

 

どんど焼きは、
もともと、遠い昔の宮中や公家が
1月15日の朝に
行った悪魔払いの「左義長」に由来しており、

民間人が
1月15日に行う儀式が「どんど焼き」。

 

今現在も日本各地で、
呼び方は
地方によって違う場合もありますが、
1月15日頃の土日に、
「どんど焼き」が行われています。

ちなみに、こんな感じです。

お焚き上げ(神社などの行事)
どんと
とんど(奈良、広島など)
さぎっちょ(北陸、福岡など)
どんどや(九州)
やははいろ(東北)
ほっけんぎょ(九州)

各地の方言などの違いで、微妙に違う?
ということでしょうか。

また、

お住まい地元の町内会で
行うところもあるでしょうし、
最寄りの神社などで行われる場合もあります。
でも、行けない時は、
別の方法で処分するしかないのです。

 

やはり、
年の初めの神聖なもの、
つまり、その年の年神様を迎えるための
門松やしめ縄や鏡餅のお飾りの正月飾りを
ゴミ箱にポイッと捨てるのも、
気持ちが良いものではないですから、
きちんと処分しましょう。

 

 

しめ縄を神社で処分できる?

 

 

しめ縄神社処分できるか?

というと、
もちろん、
どんど焼きをやってくれる神社なら、
どんど焼きで処分できるのですが、

その
どんど焼きに行けない時も、
神社に持っていけば、処分してもらえます。

 

初詣を神社などに行く時に、
去年の絵馬や御札やお守りを持っていき、
古札入れ」に納めて、
御礼に参拝をすると思いますが、

要するに、
その時と同じように、
しめ縄や門松を「古札入れ」に納め、
お賽銭を入れて、
御礼の参拝をすれば、処分できる!

ということになります。
「古札入れ」は、初詣の時期だけではなく、
年中、設置されている神社もありますので、
ご安心ください。

 

「古札入れ」に
正月飾りのしめ縄などを入れておけば、
神社で、お祓いをしてくださった後に、
炊き上げてくださいます。

そして、
お守りなどを
「古札入れ」に入れる場合と同じように、
しめ縄なども、
ビニール袋に入れた状態で納めるのではなく、
半紙で包んだ状態で納めるのがベストです。
が、ビニール袋ではなく、
紙袋なら、許してくださるかもです。

 

なお、
お寺で処分してもらうのは、ダメなの?
と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、

初詣や
観光で行った時に買い求めたお守りなどは、
1年以上の時間が経過したら、
お返しするのが
本来であるという慣習があります。

観光などで行った際に授かったお守りを
また、その観光先の寺社に持って行くのは、
困難な場合が、ほとんどですので、

ご近所の神社や
お寺の「古札入れ」に納めることで、
お返しできたとすることになっています。
ただ、これにも、ルールがあって、

神社で授かったお守りは神社へ
お寺で
いただいたお守りなどは、
お寺さんへ
持って行く
ということになっています。

 

なので、
正月という行事は神道の行事ですから、
しめ縄などの正月飾りは、
神社の「古札入れ」に納める

ということになります。

ただし、
しめ縄や門松などの正月飾りは、
スーパーなどで買ったものが多いはずです。

これらの物は、
神社などで祈祷され、
神様の魂が入ったものではない

ということで、
何でもかんでも、神社の「古札入れ」に
持ち込まないでください!

と、忠告されている神社も多いので、
そこは、お気を付けくださいね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

しめ縄を自宅でも処分してもいい?

 

じゃあ、
しめ縄
自宅処分してもいいのか?
というと、もちろん、できます。

 

どんど焼きに行けなかった!
近所の神社には「古札入れ」がなかった!
という場合もあるでしょう。

そういう時は、
少し手間はかかりますが、
気持ちを込めて処分すれば、問題なし!です。

 

まず、

  • 方法1

    ご自宅に庭などの土の地面がある場合は、
    自宅で、どんど焼き、
    つまり、炊き上げをします。

    この場合は、
    しめ縄など焼く前に、
    炊きあげをする地面の土を
    日本酒とお塩で清めてください。
    そして、
    その清めた土の上で
    炊き上げで焼いてください。

    なお、
    炊き上げをする地面をお清めする際は、
    祓い給え 清め給え、
     神(かむ)ながら、守り給え、幸え給え

    (はらいたまえ、きよめたまえ、
     かむながら、まもりたまえ、さきわえたまえ)
    と、声を出して、唱えながら、塩をまき、

    その後、
    お皿などの
    器に入れた日本酒を南天の枝などで、
    「祓い給え 清め給え、
     神(かむ)ながら守り給え、幸え給え」
    という祝詞を声を出して唱えながら、
    日本酒をまきます。

    ただ、
    地域によっては、
    自宅の庭でも
    消防法により、
    焚き火などができないこともありますので、
    ご注意ください。

     

     

  • 方法2

    自宅に炊き上げできるような庭がない
    庭はあっても、焚き火などは禁止になっている
    という場合は、

    仕方ないですので、
    ゴミの日に処分するしかないです。

    が、
    この場合においても、
    庭で炊き上げする時のようにお清めをします。

     

    しめ縄や門松を広げた新聞紙の上に置きます。
    そして、
    しめ縄などの左側、右側、真ん中
    という順番に、お塩をかけるのですが、
    その際には、年神様に感謝の意を込めてくださいね。

    そして、
    しめ縄などをゴミ袋に入れて、
    ゴミ置き場に出すのですが、
    通常の家庭のゴミを入れたゴミ袋とは、
    別の袋に入れて、ゴミ置き場に出してください。

    感謝の意を込めれば、年神様は許してくださいます。

 

でも、
やっぱり、お清めしたとしても、
ゴミで出すのは、気持ちが悪い!

と思う場合は、

「古札入れ」がある神社を探すか
信頼できる神社に事情を話して相談するか
という方法で、
多少の努力と工夫をすべきかと思います。

 

しめ縄をどんど焼きに持って行けないのまとめ

 

しめ縄などの正月飾りを
どんど焼きに持って行けない
なんていうことにならないように、
年初の行事として、
忘れないようにするのが一番です!

でも、
忙しくなったりすると、
忘れてしまうのも、人間ですから、

そういう時は、
誠意を持った行動が必要になる!

ということでしょうか。

どんどん焼きは、
神社で行われる場合もありますが、
地元の町内会などで行うケースが多いです。

もし、
引っ越してきて間もない時や
今まで、意識してなかったため、
そういう町内会の情報も知らない!
なんていう方も多いかと思います。

ご近所付き合いとして、
これを機に、
町内会との関わりを開始してもいいかもですね。

しずれにしても、

年神様をお迎えするための正月飾り、
年神様がお帰りになったら、
「はい、さよなら!」と、ゴミに出すのは忍びない!

と思いますので、
お互いに、どんど焼きを忘れないようにしましょう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク