%e4%b8%89%e6%98%a5%e6%bb%9d%e3%82%b6%e3%82%af%e3%83%a9

スポンサーリンク


三春滝桜見ごろはいつ?

 

日本三大桜の一つである三春滝桜ですから、
満開の時期には混雑します!
三春町の努力で
駐車場は充実してきてますが、

 

それを上回る人気で
花見シーズンは間違いなく、混雑します。
実際に行った経験を活かし、
耳寄り情報をご紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

 

三春の滝桜の見ごろはいつ?

 

 

三春滝桜見ごろは、
福島県田村郡三春町滝字桜久保
という場所にありますので、

開花予想という点では、

例年、東京の開花時期に比べると、
少し遅めの
4月の中旬から下旬が見ごろとなります。

 

過去の平均的な開花状況で見ると、

  • つぼみがピンクに染まる:4月10日過ぎ
  • 開花:4月13日から15日
  • 五分咲き:4月15日から18日
  • 満開:4月18日から20日
  • 散り始め:4月21日から23日

そして、葉桜になるのは、4月25日から28日

という感じで、変化します。

 

見ごろという点においては、
5分咲きから
散り始めという感じでしょうから、
4月15日頃から23日あたり
ということになります。

どのタイミングで行くかは、お好みですが、
上記期間にある土曜、日曜は、
当然ですが、
激混みになりますので、ご注意を!

なお、
シーズンが近づいてくると、
下記の開花状態がわかるライブ映像を見てください!

滝桜ライブカメラ」 

 

前回、行ったのは、4月19日の土曜でした。
下記画像が、その時の三春の滝桜です。
ちょうど、満開!というところですね。

 

%e4%b8%89%e6%98%a5%e6%bb%9d%e6%a1%9c

 

 

三春の滝桜は混雑するのは間違いなし!

 

三春滝桜混雑します。

何と言っても、

 

山高 神代ザクラ
根尾谷 淡墨桜
と並ぶ、日本三大桜の一つですから、

 

日本三大桜を制覇するぞ!
というような方も含め、
毎年、4月の中旬は大混雑します。

 

特に、
五分咲きから散り始めの
4月15日頃から23日辺りまでの土日は激混み!

 

ただ、激混みと言っても、
滝桜の最寄りの駐車場辺りから、
村の中を通り抜けて、滝桜を目指すのですが、

その歩く距離は、400mもないくらい

混雑していると、
その歩くスピードが遅かったり、
滝桜が見え始めた辺りから、渋滞する

という程度の混雑状況です。

 

滝桜の近くに来ると、
人で渋滞する可能性もありますが、
滝桜が斜面の中腹にあるという感じですから、

近くまで行くと、
どこからでも見えますので、
ストレスを感じることはないでしょう。

それどころか、滝桜の大きさは公表ベースで

高さ: 13.5m 

枝の張り出し:東に11.0m
      南に14.5m
      西に14.0m
      北に5.5m

と、巨大ですから、
写真を撮るには、ある程度、離れていないと
レンズに収まらないですので、

行列している間に、撮りまくってください!

 

大きく張り出した枝であることに加え、
老木でもあることから、
張り出した枝は、支柱で支えられていますので、

直接、
触ることができないように、
滝桜の周りには、柵が張られています。

その三春の滝桜は、
樹齢が1000年以上と言われ、
大正時代に「三春滝ザクラ」という名称で、

国の天然記念物に指定されています。

 

ちなみに、同じタイミングで指定されたのが、

「日本三大桜」の
根尾谷淡墨ザクラ」(岐阜県本巣市)と
山高神代ザクラ」(山梨県北杜市)

さらに、
狩宿の下馬ザクラ」(静岡県富士宮市)と、
石戸蒲ザクラ」(埼玉県北本市)が加わり、

日本五大桜」と言われることもあります。

 

なお、
平日だと、見ごろの期間でも
ゆったりと、観桜を楽しめますので、

時間に余裕があれば、
平日に行くことをオススメします。

 

 

 

スポンサードリンク

 

三春の滝桜の駐車場は大丈夫なのか?

 

 

じゃあ、
三春滝桜駐車場
激混み!ということになるのか?

 

というと、
平日の場合は、
滝桜の最寄りの駐車場が
拡張されたこともあり、

駐車場に入れるのに、
何時間も渋滞する
ということはなくなったようです。
しかも、滝桜近くには、2つの駐車場があり、

両方とも、無料で開放されています。

なので、平日は、まず、大丈夫です。

 

が、しかしながら、

土曜日、日曜日はいけません!

激混みとなる可能性がありますので、
早朝の到着を狙う場合は別として、
滝桜の近くの駐車場は、
あきらめた方が良いでしょう。

 

私が行った時は、
いつも通りに、お昼前に到着し、
現地のB級グルメでランチ!

という計画でしたので、

まあ、激混みの時間帯だろうと見込み、
最初から、滝
桜の近くの駐車場には向かわずに
別の作戦をチョイスしました。

というか、

実は、偶然に見つけたのか
うまく、看板などで誘導してくれたのかは
定かではないのですが。。。。。

でも、

おかげさまで、
車の渋滞で、イライラすることなく、
ストレスも感じずに、滝桜に着けました!

 

どういうこと?

かというと、

下記のURLを開いて、地図をご覧ください。

滝桜周辺ルートマップ

もし、上記URLで地図が出てこない場合は、
下記のURLをクリックし、
出てきたページの中段にあるルートマップをクリック!

三春観光協会 観光資料ダウンロード

 

その地図の磐越道近くに
三春町運動公園(町民体育館)」が
ありますが、
そこでに、停めてしまうのです!

 

この場所は、
見ごろの4月中旬の土日のみ
駐車場として、開放されており、

しかも、無料のシャトルバス
準備されているのです。

そのシャトルバスは、
15分から20分間隔で運行されますので、
ほぼ、待つことなく、乗車できます。

しかも、
滝桜近くの駐車場を目指して、
大渋滞している車を横目に、
スイスイ行けます!

というか、

一般の車とは違うルートを進みますので、
おそらく、あっという間に?
滝桜の近くの大型バス用駐車場に到着します。

進むコースは、
先ほどの地図を見ると、わかるように、
一般車が通る道と観光バスが進む道が違う!

のです。

簡単に言うと、
一般車は距離的に最短コースですが、
観光バスは、
急がば回れ的な少し遠回りするのです。

でも、結果的には、
というか、
時間的には、
遠回りした方が早く到着するのです。

 

ということで、
愛車は5kmほど手前の三春町運動公園に置いて、
あとは、シャトルバスで快適に向かう!

 

ことをオススメします!

 

 

三春の滝桜の見どころとグルメ情報

 

 

三春滝桜の見どころは、
やはり、
大きくに張り出した枝が演出する豪快さです。

日本三大桜の中では
一番、若いということもあってか、
桜の花の数も多いような気がしますので、

余計に、豪快さと力強さを感じます。

 

ぜひ、三春の滝桜の全貌を撮るべく、
色んな角度から観桜してみて、
ベストショットを狙ってくださいね。

それから、
三春の滝桜は
B級グルメも豊富です。

 

滝桜の大駐車場の目の前の空き地は、
屋台村のような状態になっていて、
色んなB級グルメや土産物が売ってます。

 

もちろん、
地元の食材を使ったB級もグルメもあるので、
滝桜を見る前か後に、挑戦して下さい。

三春名物のほうろく焼きがオススメです!

が、

三春町商工会の皆さんが
何度も何度も試行錯誤して
生み出した最強B級グルメがあります。

その名も、「三春グルメンチ

つまり、メンチかつですね。

 

三春はピーマンの産地でもあるため、
ピーマン入りの味付けメンチカツです。
1個200円ですが、ぜひ、食べてみてください。

タイミングによっては、行列ができてますが、
ここでしか、というか、
三春町
でしか食べることができないメンチカツ!です。

 

そして、滝桜に行く時の
駐車場から滝桜までの400m弱の道は
村の中を通っているのですが、

その道の両側の民家で
手作りの色んなモノが売られています。
果物、野菜もありますが、

やはり、オススメは、
山菜などの佃煮ですね。
私が醤油好きということもあり、

フキの佃煮というか、
きゃらぶきは、
ついつい、買ってしまいます。

田舎の手作りグルメにも、ぜひ、愛の手を!

 

 

スポンサードリンク