スポンサードリンク

 

一人暮らしは何かと不経済です。
必ず、必要になる費用としては、
食費、水道代、
ガス代、電気代、電話代。

 

この中でも、電気代は要注意です!
知らない間に、
電気を無駄に消費しています。

どうやって、節約すべきか!

まずは、
無駄遣いしていないか、
チェックしてみてください。

 

そして、

照明器具
LED活用の秘策もご紹介します。

ご参考に!

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

一人暮らしの電気代を節約する方法とは?

 

電気代 節約 一人暮らし

 

 

一人暮らし
電気代節約する方法!

 

電気代の場合、
節約しようとしても、
実は、限度があります。

例えば、

冷蔵庫

冷蔵庫は、常に、冷えた状態でないと、
冷蔵庫ではないわけなので、

常に、電気代がかかってしまいます。

 

工夫できることと言えば、
消費電力の少ない冷蔵庫
選ぶしかない!ということになります。

一番良いのは、
冷蔵庫は持たない!
という方法です。

 

つまり、

自炊をしない!
買ってきた物は全て食べ切る!
要冷蔵のモノは買わない!

というような生活ができれば、節約できます。

 

でも、
それが、無理なら、
消費電力の少ない冷蔵庫を選びましょう。

 

それから、

テレビやビデオデッキやオーディオ製品

以外に知らないというか、
気にしていないのが、
テレビやビデオデッキやオーディオ製品。

 

これらは、
観てない時や使ってない時でも、
電力を消費しているものが多いので、

使わない時は、
テレビなどの電化製品のスイッチを切る
だけではなく、コンセントを抜いておきましょう。

 

テレビ番組などの録画予約をするには、
コンセントを抜いておくと、できませんので、
録画予約することも我慢しましょう!

って、こういうの、できますか?

それから、

目覚まし時計などの時計類

目覚まし時計などの時計類も
コンセントを差し込むタイプではなく、

乾電池で動くタイプにすると、
電気代は節約できます。
でも、それだけではありません!

目覚まし時計の場合は、乾電池がオススメ!

何故かと言うと、
もし、停電になっても、
乾電池の時計なら、止まることはないですから。

それから、

エアコン

夏場には、暑いからと言って、
エアコンをつけっ放しにしない!

ということも、夏場には重要です。

 

そして、
冬場も、エアコンで暖房してしまうと
電気代が大変!です。

 

できれば、
少し、面倒ですが、
灯油を買ってきて、ファンヒーターを使う!

ということを検討して下さい。

 

 

電気代の節約は照明器具から始める!

 

 

一人暮らし
電気代
節約照明器具がポイント!

 

というのも、
冷蔵庫を買わないというのは
少々、不便な生活になるでしょうし、

テレビなどの電化製品も
使ってない時は、コンセントを抜いておく
と言っても、なかなか、できるものではないでしょう。

 

なので、
照明器具から節約を始めるのが、
電気代の節約の第一歩です。

 

無理せず、
できることから始めるのが、
節約成功の第一歩!

つまり、
照明器具の使用を最小限に抑える!
のです。

例えば、
夜、部屋に帰ってきても、
部屋中の灯りを点けるのではなく、

自分のいる所だけの照明を点ける!

 

お風呂やトイレの灯りは
こまめに消す。
使う時だけ、点けるようにする!

灯りを点けたまま、寝ないで、
寝る時は、真っ暗にして、
寝る癖をつける。

という工夫はできると思います。

 

が、

このような工夫って、
けっこう、辛いですから、
節約、節電には限度があるでしょう。

そこで、オススメなのが、
案外、簡単にできる
照明器具のLED化です!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

一人暮らしの電気代の節約はLED化から!

 

一人暮らし
電気代
節約の秘策はLED化!

 

LEDって、知ってますか?

LEDとは、
Llight Emitting Diode
の略で、

日本語にすると、
発光ダイオードです。
聞いたこと、ありますよね?

 

それって、何かというと、

一方向に電圧を加えた時に
発光する半導体の素子のことです。

 

すみません。
難しいですよね。
私も、説明できません。

 

もう少し、簡単に言うと、
電流を光に変える半導体
ということですが、これでも???ですよね。

 

でも、
そのLEDを使った照明器具を
LED照明と呼んでおり、

非常に、魅力的な照明器具なのです。

LED照明には、
LED電球、LED蛍光灯
などがあります。

 

つまり、
通常の電球、蛍光灯と
見た目、形状が同じ(似ている?)なんですが、

発光ダイオード(LED)で光るのがLED照明です。

取り替えも簡単で、
普通の電球や蛍光灯を取り外し、
同じサイズのLED電球、LED蛍光灯に替えるだけ!

さて、
そんな中、
LED照明の魅力な点を列挙しておきます。

1.消費電力が、めちゃくちゃ少ない!

LED電球に替えると、
なんと、普通の白熱電球の約5分の1!

普通の蛍光灯との比較だと

実は蛍光灯には、いくつかの種類がありますが、
ラピッドスタート(FLR)のタイプだと、
2分1以上を削減できます。

ちなみに、蛍光灯を見てみると、
電球の近くに、直径1cmくらいの
小さな円柱形のものがあるのを
見たことありますよね?

 

それが、点灯用ランプなのですが、
ラピッドスタート(FLR)のタイプは、
その点灯用ランプがないタイプです。

つまり、点灯用ランプがない分、
消費電力が高いということです。
  
なので、
今現在の照明器具の電球や蛍光灯を
LEDに取り替えるだけで、節約可能!

なのです。

2.そして、寿命が、めちゃくちゃ長い!

普通の白熱電球の寿命: 1,000~3,000時間
普通の蛍光灯の寿命: 9,000~12,000時間
LED: 20,000~60,000時間

60,000時間とは、約7年

 

ですから、
LED電球は白熱電球の20倍の長生き
蛍光灯でも、2倍から5倍の寿命

なので、設備投資面ではLEDが断然有利

*(なお、寿命などはメーカーによって、
多少、違った数値を示していることがあります。)

 

 

と、
LEDは消費電力でも節約ができ、
寿命でも、コスト削減できるという魅力的ですが、

LED電球、
LED蛍光灯は
少々、価格が高い!

という欠点があります。

でも、今は、
以前よりも安くなっているので、
びっくりするような値段ではなくなっています。

 

まずは、電球の場合、

40W相当のLED電球: 800~4,000円
40Wの白熱電球: 200~300円
ということで、価格はLEDが4倍~10倍高い!

ということです。

蛍光灯だと、

LED蛍光灯だと、2,000~11,000円
蛍光灯の場合は、200~900円
なので、約10倍高い!

という状態なんです。

 

ただし、

総合的に見て、
多少、価格は高いものの、
寿命の違いと消費電力の違いで、

LEDが断然、経済的!ということになります。

 

LEDに取り替えれば、
最悪でも、
2、3年は、
LED電球を取り替える必要はない!

ですから、楽ですよね。

我が家でも、数年前から、
白熱電球、蛍光灯が切れたら、
順次、LEDに切り替えており、

今は、全部、
LED電球、LED蛍光灯になってます。

 

 

一人暮らしの電気代を節約する方法のまとめ

 

 

電気代の節約を一人暮らしでするのは
少々、面倒そうではありますが、
逆に、一人暮らしなので、やりやすいのでは?

多少、
暗い部屋で生活していても、
文句を言う人はいないわけですしね。

って、
それじゃあ、
目が悪くなってしまいますよね?

なので、
まずは、照明器具を
一人暮らしの初期費用として計上し、

LED電球、LED蛍光灯に取り替える
というところから、
電気代の節約を開始すればいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク