スポンサードリンク

 

暑い夏が近づいてくると、
臭いが気になってきます。
男性に限らず、女性も気になるようです。

 

私自身、

腋臭(わきが)じゃないと思いつつも
汗の匂いを抑える方法に消す方法と、
 オススメ緊急対策

色々と試していますので、

 

秘策をご紹介します。ご参考にどうぞ!

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

汗の臭いを抑えるには?

 

 

 

 

臭い抑えるには、

 

体質を改善する
汗をかく習慣を持つ
などという解決策を耳にしますが、

 

これは、
すぐには、効果を期待できないですので、
ここでは、汗をかいてしまった時に

臭いを抑える方法をご紹介します。

 

そもそも、
汗というものは、
人間の体温調節してくれるわけですから、

重要な存在なのです。

汗をかかない人がうらやましい
と思うのは、間違っていて、
汗をかける方が健康的だと言えるのです。

汗は
体温を調節するために、
エクリン腺という汗腺から水分を出し、

その水分を気化させることで熱を冷ます
ということをやってくれるのですから、
人にはなくてはならない存在なのです。

 

でも、
その汗を放置してしまうと、
1時間やそこらで、雑菌が繁殖し、

汗の臭いという体臭に変化してしまうのです。

 

ということは、
何をすれば良いのかというと、
はい、その通りです!

  • 1.汗をかいたら、こまめに拭きとる
  • 2.大汗をかいたら、服を着替える

ということが汗の臭いを抑える方法の原点なのです。

具体的に言うと、

 

1.汗をかいたら、こまめに拭きとる

  

  • 1)乾いたタオルではなく、濡れたタオルで拭く
  • 2)市販の汗拭きシートで拭きとる

  という方法があります。

  濡れたタオルで拭くというのは、
  外出時はやりづらいですから、
  2)の汗拭きシートを使うことをおすすめします。

 

2.大汗をかいたら、服を着替える

 

  服を着替えると言っても、
  いつも、着替えを持ち歩くのは大変なので、
  下着のシャツ(Tシャツ)を着替えるわけです。

  下着を着ないで、
  素肌の上にワイシャツを着る人もいますが、
  汗の臭いが気になる人は、下着のシャツを着ましょう。

 

なお、
脇に汗をかく人や臭いが気になる人は、
脇汗パッドを利用することで、
下着や服のシミ防止にもなりますし、
ニオイを抑えてくれる効果も期待できます。

 

 

汗の臭いを消す方法はある?

 

 

臭い消す方法には、

汗の臭いの元となる菌、バクテリアを
殺菌することで、
消すことは可能なのですが、

この方法では、
有効な菌まで消してしまうので、
オススメできません。

では、何をすれば、良いのか?

というと、

1.消臭スプレーを使う

 

  これは、
  直接、肌に吹き付けるのではなく、
  汗の臭いがついてしまったワイシャツや服に

  吹き付けて、
  臭い物質を中和させて、
  ニオイを感じさせないようにする方法です。

  汗拭きシートなどで汗を拭きとったものの、
  ワイシャツなどにニオイが染みついた時に
  有効な手段となります。

  市販されている消臭スプレーのことです。

 

2.重曹スプレーを使う

 

  重曹って何?

  でも、聞いたことありますよね?

  そうです。

  掃除に使ったり、
  料理に使ったり、
  うがいに使ったりと  
  
  何かと便利な物質なんです。

  ちなみに、重曹は、「じゅうそう」と読み、
  炭酸水素ナトリウム
  重炭酸曹達(ソーダ)

  とも呼ばれています。

 

  この重曹は、
  実は人間の身体の中にもある物質で、
  血液や唾液の中にも含まれています。

  ということで、
  過度に使わない限りは、
  安全な物質であるということです。

  で、

  どうやって、使うかですが、

  小さじ1杯の重曹を
  100cc程度の水に溶かし、
  重曹液を作ります。

  あとは、
  アトマイザーや
  小さいスプレー容器に入れておきます。

  そして、
  実際に、汗をかいてしまった時、
  まず、汗拭きシートで汗を拭きとり、

  その後に、

  シュッシュッとスプレーすれば、

  アルカリ性の重曹が
  臭いの元の酸性物質を中和し、
  ニオイを消してくれるというわけです。

 

3.ミョウバン水のスプレーを使う

  重曹の次はミョウバンです。

  ミョウバンとは、

  古代ローマの時代から使われており、
  カリウム、アンモニウム、アルミニュウム等の
  金属が結晶化(硫化塩)したもの。

  殺菌作用や肌を引き締めたり、
  止血できるような作用があり、
  制汗、消臭に使われるのです。

  一般的には、
  食品添加物として使われており、
  スーパーでも入手できます。

  実は、
  重曹も消臭効果は大きいのですが、
  長く使うと、皮膚がアルカリ性になり、

  逆に汗の臭いを強くしてしまうので、
  ミョウバンを併用するすることが
  オススメな使い方です。

  つまり、
  重曹スプレーを使った後に、
  ミョウバン水のスプレーも使う!

  という感じです。

  ミョウバン水のスプレーは、
  
  重曹スプレーの作り方と同様に簡単!
  ミョウバンと水の比率を
  15(水):1(ミョウバン)にします。

 

  そして、
  スプレー容器に入れておき、
  外出時にも持ち歩く!という感じです。

 

  これって、以外に簡単ですし、
  安く作れますから、やってみる価値あり!
  です。お試し下さい。

  なお、
  もっと、良い方法を見つけてしまいました!
  「すべてが解決!した気分です。
   ↓ ↓ ↓
  「汗が臭い男の原因と対策、解決しました!

 

 

スポンサードリンク

 

汗の臭いのオススメの緊急対策はコレ!

 

臭いオススメ緊急対策

香水です!

まあ、
香水で消せると思う人は少ないと思いますが、
汗の緊急対策としては、有効です。

汗の臭いが気になる人は、

冬でも、脇の汗の臭いは気になります。

私も、冬でも脇の汗の臭いは
気になる時があるので、
スーツのポケットに常に香水を入れています。

香水と言っても、
男性用の柑橘系のオー・ド・トワレですから、
さわやかな香りです。

実は、
汗の臭いを香水などで消すことを
マスキングという言い方をします。

 

つまり、
汗の臭いを良い香りで覆い隠すということで、
良い香りで汗の臭いをごまかすわけです。

 

欧米の人は
けっこう、強い香りの香水をつけますが、
これは、体臭がきついからだと言われています。

つまり、
マスキングとして香水を使ったいるのです。

 

ですから、
私も、
真夏などの大汗をくような時は
汗ふきシートや
重曹やミョウバンのスプレーを持ち歩いてますが、

冬場は、このオー・ド・トワレだけです。

十分に、
マスキングできてますので、
香水もオススメです。

 

ただ、気をつけて欲しいのは、
強い香りの香水だと、
違う意味で、周りの人に迷惑!

ということもありますので、
香りの強さに種類には気をつけてください。
おすすめは、もちろん、柑橘系です!

 

 

 

汗の臭い対策のまとめ

 

 

臭い対策には

臭い抑える
臭い消す
そして、臭いをごまかす

というような対策方法がありますが、

  • 1.こまめに、汗ふきシートで汗をふき
  • 2.重曹スプレーとミョウバン水で臭いを消し
  • 3.香水で臭いをごまかす

などを併用するのが良いでしょう。

もちろん、
汗の臭いの強さにもよりますが、
自分で気になるのなら、併用がオススメです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク