%e8%a2%8b%e7%94%b0%e3%81%ae%e6%bb%9d%e3%81%ae%e7%b4%85%e8%91%89

スポンサーリンク


 

袋田の滝は、
紅葉でも、人気スポットですが、
名瀑としても、かなり知名度が高い滝です。

特に、
ライトアップがイベントとして、
実施されている期間は、混雑が予想されます。

茨城県久慈郡大子町袋田に位置する袋田の滝は、
関東圏、東京近郊からの日帰りドライブには
最適なロケーションですが、

ライトアップを満喫してから帰るのは、
どうなんでしょう?

果たして、
袋田の滝、紅葉ライトアップを
日帰りで楽しめるか!?

 

紅葉シーズンではない時期に、
袋田の滝を日帰りで楽しめたものの、
紅葉の時期に、しかも、ライトアップも楽しめて、
東京から日帰りできるかを検証してみました。

 

 

スポンサードリンク
 

 

袋田の滝の紅葉をライトアップで満喫!

 

袋田の滝は、
日本の三名瀑の一つ。
四段に水が落下することに加え、
四季折々の魅力があるため、
別名「四度の滝」とも呼ばれています。

もっとも、壮大で迫力ある景観を
目の前で楽しむなら、
第1観瀑台で、陣取るのが一押しです。

その名瀑が、
11月1日から翌年の2月15日頃までの間、
ライトアップというイベントを実施します。

実は、
袋田の滝のライトアップは、
紅葉のためだけではなかったのですね。

これは、
袋田の滝が、秋から冬の間に、
その魅力を七変化させる様をも味わって欲しい

という大子町という自治体の想いから、
この時期に実施されているのです。

 

 

袋田の滝は紅葉でも、人気なので、混雑するよね?

 

袋田の滝は、名瀑としての人気から、
紅葉シーズン以外でも、観光客が押し寄せる滝です。

 

その名瀑が紅葉で、さらに魅力アップするのですから、
紅葉シーズンの混雑は避けられない!
と、考えた方が良いでしょう。

ただ、
袋田の滝が混雑する一番の原因は、
東京各地からの日帰りバスツアーである!

 

ということから、
その原因を逆手に取り、先手を打てば、何とかなる?
のではないかと思い、調べたところ、

東京を朝の8時頃に出発するバスツアーが多く、
午前11時頃には、
何台もの観光バスが、袋田の滝への到着しているのです。

 

となると、11時頃には駐車場も混雑しますし、
観光バス1台に、40名程度の乗客がいるわけですから、
40名×観光バスの台数 = たくさんの人

ということになり、
袋田の滝の観瀑台への通路は、ごった返す!
ことになるのです。

ですから、
その特徴ある混雑を避けるべく、
袋田の滝に、午前10時までに到着するとか、

あるいは、

逆に、午後2時以降にするとかという工夫で
何とか、混雑を回避できそうです。

 

 

スポンサードリンク

袋田の滝の紅葉を日帰りで楽しめるか?

 

 

東京から、
車で3時間程度の位置にある袋田の
紅葉を楽しんだ上で、その日の内に、
東京に、戻れるか!

ということですが、

 

東京から袋田の滝、
そして、
袋田の滝から東京

の道中が渋滞していないという前提であれば、
ライトアップの終了時間あである夜の8時に
袋田の滝を出発すれば、
その日の内に日帰りで東京には着けます。

 

道中、渋滞していないことを前提にしましたが、
東京からの往路は、
場合によっては、渋滞している可能性もあるでしょうが、

袋田の滝からの復路を夜の8時に出発すると、
逆に、渋滞は解消されている!

ということが言えるのではないかと思うのですが、
いかがでしょう?

 

年末年始、大型連休というタイミングでなければ、
夜遅い時間に渋滞になる可能性は低いのでは?
と思うのは、私だけでしょうか?

となる、その日の内に、帰れれば、良いや!
という覚悟であれば、
ライトアップを最後まで満喫してから、
帰るのがベスト!ではないでしょうか?!

 

じゃあ、電車では行けないのか?
と、調べたところ、
観光バスで混み始める前の10時頃までに到着するには、

東京駅4時45分の京浜東北線で上野
上野、5時10分発の常磐線で水戸へ
水戸、7時28分発の水郡線で袋田には8時44分に到着。

10時までに到着する電車に限定すると、
このケースのみとなるようです。

ちなみに、
袋田に10時31分着の電車なら、
東京は、7時44分発になるようです。

 

袋田に到着する時間を気にしないのであれば、
電車で3時間弱ですから、
渋滞なしの自動車で行く場合と変わらないということになりますね。

 

 

袋田の滝の紅葉のまとめ

 

「東京から日帰りで袋田の滝の紅葉をライトアップで楽しむ」
というイベントは、
可能であると言えそうですね。

帰り道の運転手の居眠りには要注意ですが。。。。。

ただ、
袋田の滝の紅葉をライトアップで
楽しむことをメインするなら、
夜8時まで、ライトアップを満喫すると決めて、

袋田の滝には、
夕方の6時頃に着くというパターンにするのが
良いかもしれません。

その場合は、

袋田の滝の紅葉を楽しむだけではなく、
東京からだと手前20kmの位置に「竜神大吊橋」があるので、
そこでも、紅葉を楽しみながら、
そして、バンジージャンプに挑戦!

というようなイベントにするのも、
ある意味で、オススメです!お試しください!

 

スポンサードリンク