スポンサーリンク


 

年々、歳を重ねるともに、
シミ、ソバカスが激増し、
老化は進んでしまいます。

 

紫外線原因だとわかってても、
今さら、手遅れ!
肌は若い頃のようには回復しません!

 

と思ってる方に朗報です!

 

肌老化の原因のシミ消す手軽な対策が
あるのです!
お金のかからない方法ですから、試す価値あり!

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

肌の老化の原因は紫外線!?

 

 

老化原因紫外線である
ということは、
誰もが知ってる事実ではないでしょうか。

 

もちろん、
肌老化の原因は紫外線だけではない
のですが、

歳とともに、
シミやソバカスが増えてきて、
しかも、シミの大きさも大きくなってきますよね。

 

昔はイケメンの俳優でも、
年齢を重ねると、
顔に大きなシミが目立ってきて、歳を感じます。

 

いつまでも日焼けしてると、
シミ、ソバカスは見えないのですが、
やはり、歳を取ると、日焼け度も下がりますから、

余計に、シミが目立ってくるのです。

 

つまり、若い頃に、
ゴルフ、テニス、海など日焼けし、
そのク日焼けの黒さがカッコ良くても、

その日焼けのツケが何十年後に出てくるのです。

 

その証拠として、
紫外線を浴びてないお尻や内ももなんかは
若い頃の肌と、そんなに変わってないはずです。

ということは、老化の敵は紫外線!なのです。

 

今の若い人は
UVカット関係の商品も一般的になってますから、
紫外線による老化は最小限かもしれませんが、

既に、過去に、

紫外線を浴び続けてきた我々は
残念ながら、
シミとともに、生きて行くことになるのです。

 

ただ、シミの犯人であるメラニンは
人の肌が紫外線の攻撃による炎症(日焼け)を
防止してくれるのが本来の役割なんです。

つまり、
海水浴やゴルフに行った時に
黒く日焼けするのは、メラニンが肌を守ってくれた

ということなんです。

 

が、

時間とともに、肌の色が元の白さに戻ります。

これは、

表皮細胞が新陳代謝により、
生まれ変わることで、
元の肌色になるということ。

 

なんですが、

ただ、過剰に紫外線を浴び続けると、
新陳代謝が追いつかずに、
色素沈着してしまうことになるのです。

 

でも、最近、
シミが出てくる原因は、
紫外線だけではないということが判明?!

ということを次にご紹介します。

 

 

 

肌の老化の回復はシミを消すこと!

 

 

老化回復シミ消すこと!
って、

肌老化の原因が紫外線によるシミに
限定して考えると、
シミを消したら、若返ることができる!

少なくとも、見た目は若くなるはずです。

と言えるのではないか!

と思いませんか?

 

この紫外線の影響で
肌がダメージを受ける、
つまり、老化することを光老化と言います。

ですから、
顔から、シミを消すことで、
少なくとも、見た目の老化は回復できそう!

ですよね?

 

実は、
数年前から発表されている研究結果で、
その事実が証明されているのです。

テレビの健康系の番組でも、
過去に、何度か、取り上げられ、
その都度、話題にもなっていました。

つまり、
シミ、シワ、くすみなどの症状は
毛細血管と深い関わりがある!

という事実です。

 

毛細血管は、体中の血管の99%を占めており、
長さにすると10万kmもあるとのこと。
ちなみに、太い血管の動脈や静脈は1%程度。

そして、
この毛細血管の量を
30代と60~70代で比較すると、

60~70代では40%も減ってしまうとのことです。

もちろん、個人差はありますが、
少なくとも、
年齢を重ねるとともに毛細血管は減るのです。

 

つまり、
年齢がかさむと、
シミやくすみやシワが目立ってくるのは、

毛細血管が減少してしまうからと言えるのです。

 

毛細血管が減るというのは
毛細血管を覆っている壁細胞が
加齢により、弱って剥がれてしまうことで

毛細血管のゴースト化とも言われます。

 

この毛細血管のゴースト化
つまり、毛細血管が傷んでくると、
人間の身体の自然治癒能力を発揮し、

弱った毛細血管を補おうとして、
エンセドリンという蛋白性ホルモンが
活発に活躍してくれるようになるのですが、

皮膚においては、それと同時に、
シミの原因となるメラノサイトの活動も
活発になってしまうのです。

 

わかりやすく言うと、
メラノサイト=色素細胞=メラニン細胞
つまり、メラノサイトが活発になるということは

メラニン色素が増える!ということなんです。

 

要するに、
シミの元であるメラニンが皮膚に残る!
ということなんです。

簡単にまとめると、

 

加齢
 
毛細血管のゴースト化(減少)
 
エンセドリンの活発化
 
メラサイトの活発化
 ↓
メラニンが蓄積
 
シワとして肌に残る

というような流れで、シミが発生するのです。

 

なので、

肌の老化を回復させる
 ↓
シミを消す
 
毛細血管のゴースト化をストップ!

 

というように、

 

毛細血管の減少を止め、
 
傷んだ毛細血管を回復させれば、
 
シミが減り、
あるいは、シミの色が薄くなり、
 
肌の老化を止め、若返りできる!

ということになるわけです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

肌の老化を回復させる対策はコレだ!

 

 

そこで、
老化回復させる対策
ご紹介することにします。

 

つまり、
毛細血管を蘇らせる!
ということを実行するのです。

 

どれも、これも、
お金のかからない
安上がりな方法ですから、

ぜひ、試してみてください。

 

これも、

テレビの番組で紹介されていましたよ。
ハーバード大学客員教授の根来秀行先生が
推奨する方法ですので、信頼性は抜群!です。

 

以下のように、
3つのステップ、
というか、3種類のことをやってみる!

ということです。

  • 1.運動
  • 2.食材
  • 3.呼吸法

 

せっかくなので、

それぞれの方法を簡単にご説明します。

1.運動

 
  つまり、トレーニングです。
  でも、激しいトレーニングではないので、
  ご安心ください。

  逆に、マラソンのような激しい運動では、
  毛細血管を傷めるということですから、
  誰にでもできる方法です。

  簡単に言うと、
  第二の心臓と言われる「ふくらはぎ」を
  鍛えて、血流を増やし、

  ゴースト化した毛細血管を復活させる!

  のです。

 

  1) 5分間の背伸び運動

     まず、
     気を付け!の姿勢で立ちます。

     そして、
     かかとを上げて、背伸びを5秒間
     かかとを下ろし、5秒間。

     それを
     5分間、続けます。

     それだけです!

     その際、身体がぐらつないように
     キッチンのシンクに手をついたり、
     イスの背もたれに手を置いたりすると

     効果的です。

 

   2) 5分間のお尻とももの筋トレ

      1)の背伸びと同じように

      キッチンのシンクから少し離れて立ちます。

      そして、
      上半身を前に45度傾けます。

      そして、
      その状態で、片足ずつ、
      足を伸ばしたまま、5秒間、後方に上げます。

      同じように、
      5分間、左足、右足の順番に
      5秒間ずつ、後方に上げることを繰り返します。

 

    3) 15分間のウォーキング

      上記の筋トレの後は、有酸素運動。

      15分間のウォーキングをします。

      注意点は、のんびり歩くのではなく、
      タッタったという感じで、
      早足で歩くようなイメーシで歩きましょう。

 

2.食材

  毛細血管のゴースト化は  
  毛細血管を覆っている壁細胞が
  加齢により、弱って剥がれてしまうことなので、
  
  それを修復してくれる効果のある「シナモン」を
  食べるということです。

  食べ方は、
  市販されているシナモンのパウダーを
  1日0.6gを食べるだけです。

  トーストにかけたり、ミルクティに入れたり、
  摂取方法は自由ですが、
  過剰摂取は肝機能障害につながるので、

  1日、0.6g(小さじ1杯)の量を守りましょう。

 

3.呼吸法

  ハーバード式呼吸法の実践です。

  キーワードは、4-4-8 !

  つまり、

  

  • 1) まず、しっかり、息を吐いておきます。
  • 2) 4秒間で、ゆっくりと、鼻から息を吸います。
  • 3) そして、4秒間、気を止めます
  • 4) 次に、8秒間で、ゆっくりと、息を吐きます。
  • 5) これを4回、繰り返します。

 

  実は、
  ハーバード式呼吸法は、
  数年前に、安倍晋三総理が、

  ハーバード発の「4-7-8呼吸法」という健康法を
  実践している!
  という発言があったことで、話題になりました。

  これは、
  今回、ご紹介した「4-4-8 呼吸法」と同じ?
  だと思うのですが、

  息を止める時間が、4秒間と7秒間に違いです。

  4-7-8呼吸法は数年前の話ですから、
  4-4-8呼吸法の方が新しいということで、
  やるなら、4-4-8呼吸法にしておきましょう。

 

  このハーバード式呼吸法を行うと、
  副交感神経が上がり、血流が改善するとのこと。

  そして、

  就寝前にすると、
  リラックスした状態をキープでき。
  快眠にもつながるというスグレモノなんです!

 

 

肌老化の原因と対策のまとめ

 

 

老化原因
見た目にも老けて見えてしまうシミ!
そのシミ原因紫外線でもあり、

加齢による毛細血管のゴースト化だった!

 

ということをお伝えするとともに、
毛細血管の回復、復活を促進する対策も
ご紹介しました。

 

著名な教授の推奨する対策ですし、
安上がりな方法ですから、
ぜひ、試してください。私も、継続してみます!

 

スポンサードリンク