スポンサーリンク


 

 

英会話できれば、いいなあ。
でも、
英会話スクールだと、勇気がいるし、

料金も高そう!

 

街のカフェで
外国人と英会話のレッスンしてるのを
見かけるけど、

みんな、どうやってるんだろう?

 

と思ってる人に、
個人レッスン先生探し方料金相場
そして、おすすめのレッスン内容を伝授します。

 

レッスンの内容というか、進め方、重要なんです。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

英会話個人レッスンの先生の探し方はコレ!

 

 

英会話個人レッスン先生探し方って、

 

英会話スクールに行くしかないじゃん!
他に方法はないんじゃないの?
と思ってる人が多いようですが、

違うんです!

 

英会話スクールでも、
個人レッスンを勧めているというか、
強調しているスクールもありますが、

それは、
簡単に言うと、
レッスン料金が高い!

という問題、デメリットがあります。

 

しかも、
続けられるかどうかもわからない時に、
入学金やら月謝やら

ヒドイ場合は、
レッスン10回分とかの料金を
まとめて、支払うようなシステムもあります。

 

会社などがレッスン料を補助してくれるなら、
良いんですが、
ほとんどは、自己負担ですよね?

 

英会話スクールのレッスンがダメ!
だということではないのですが、
ここでは、違う方法を伝授します。

 

まさに、
街のカフェで
外国人と二人でレッスンするという方法です。

この方法というか、
個人レッスンの先生の探し方は
20年前にも存在していたのですが、

まだ、一般的ではなかったのです。

 

それが、その後、
いくつもの会社というか、
英会話レッスンの先生紹介所というものが、

インターネット上に現れてきました。

 

今現在は、
信頼できるところ、あやしいとこを含めると、
10社以上、あるのではないでしょうか。

 

そこで、
いくつかの先生紹介所を
ご紹介しておきます。

20年前は、
「せんせいさがすどっとこむ」
あるいは、ローマ字で
「senseisagasu.com」と
検索すれば、出てきたのですが、

そこが、老舗と言えます。

 

その一番の老舗は、今は名称を変え、
SenseiNavi.com
になっています。

他には、

  • ネイティブ先生ドットコム
  • エンジョイレッスン
  • My-先生ドットコム
  • オラウータン・ジャパン
などがあります。

SenseiNavi.com も含め、
このあたりの先生紹介所なら、
信頼性という点では同等です。

違う点は、料金。
料金と言っても、
個人レッスンの料金ではなく、

個人レッスンの先生、
つまり、英語を話せる先生を
紹介してもらうための料金です。

 

最初に、
これらの先生紹介所の仕組みを
簡単に説明しておきます。

どこの先生紹介所でも良いのですが、

各紹介所のサイトで

  • 1.どんな先生がいるかを見てみる
  • 2.気になる先生をマイリストに入れる
  • 3.マイリストの中から、先生の連絡先情報を購入する

と、基本的には、こんな流れになります。

もう少し、ステップごとに説明をすると、

1.どんな先生がいるかを見てみる

  「先生の検索」というような検索欄が
  どのサイトにもありますので、
  そこで、

  

  • 勉強したい言語
  • 地域(職場の近く?自宅の近く?)
  • 先生の性別
  • プライベートレッスン(個人レッスンかどうか)
  • 先生の日本語力
  などを入力して、「検索」をクリックすると、

  ズラッと、候補の先生が出てきます。

  選んだ地域によっては、
  ズラッとではなく、一人だけとか、
  最悪、誰もいない!

  ということもありますから、
  
  そういう時は、地域を選び直してください。

  また、
  英語は、まったく、自信がない!
  という場合は、

  日本語が話せる先生を選んだ方が無難です。

  なお、

  上記の5つの紹介所に登録している先生は、
  この5つの紹介所すべてに、
  登録している可能性があります。

  別に問題ではないのですが、

  試しに、
  違う紹介所で
  同じ条件で検索してみて下さい。

  同じような顔ぶれの先生が出てくる場合も!

 

2.気になる先生をマイリストに入れる

  ズラッと出てきた候補の先生の
  プロフィール(自己紹介)の内容を見て、
  「この先生とレッスンしたい!」
  と、感じた先生をマイリストに保存しておく。
  
  気になる先生が出てくるまで、
  地域や性別などを変えて、
  検索し直してください。
  
  顔写真や年齢や国籍、
  そして、日本での職業や
  レッスンができる曜日や時間帯

  という情報も出ていますから、

  自分に都合の良い条件で絞ってください。
  
  

3.マイリストの中から、連絡先情報を購入する

  マイリストの中に保存した先生の中で、
  実際に、個人レッスンを受けたいと思う先生の
  連絡先の情報購入するのですが、

  紹介所によって、多少、違いがあり、
  5人の先生の連絡先の購入で、
  3,000円とか、3,500円とかになっています。

  もし、マイリストに2人しか保存してない場合は、
  もう少し、検索の幅を広げて、
  5人までの候補を増やしてから、購入しましょう。

  なぜかと言うと、
  先生の中には、既に、日本を離れてしまっていたり、
  連絡が取れない先生もいるので、

  2人の連絡先情報を購入しても、
  2人とも、連絡が取れない!
  なんてこともありますから。。。

  2人の情報で1,000円
  5人の情報で、3,000円
  という料金体系なら、

  必ず、その人数分の連絡先を購入してくださいね。
  
  なお、
  連絡先情報は、
  名前、メールアドレス、電話番号という内容ですので、

  基本的には、
  自分で、メールを入れたり、電話をして、
  初レッスンの日程を決めることになります。

  電話で日程の調整ができれば、
  英会話のレッスンを受けることもなく、
  英語が話せるということでしょうから、

  メールで連絡する場合が、ほとんどでしょう。

  簡単な英語で良いので、
  英語で、メールをしましょう。
  がんばってください!

  でも、先生紹介所によっては、
  英語の例文が掲載されていたり、
  代行してくれるサービスがあったりしますので、

  各紹介所のサイトをよく見てくださいね。

  また、
  初めてのレッスンはお試し価格として、
  通常料金よりも安く設定している先生が多いので、

  そこも、候補を絞り込む時のポイントにして下さい。

  ちなみに、
  会う場所は、どこかわかりやすい場所にあるカフェ
  ですよ!

 

  

英会話個人レッスンの料金の相場は?

 

 

英会話個人レッスンの料金の相場は
というと、
中には、高い人もいますが、

だいたい、、
1時間2,000円から5,000円
という感じです。

まあ、平均して、
1時間3,000円なら、安い方で、
4,000円以上なら、高い方

というような認識で良いでしょう。

 

なお、既に、書きましたが、
たいていの先生は、
初めてのレッスンは、お試しレッスン、

つまり、
トライアルレッスン( Trial Lesson)ということで、
通常の料金よりも安く設定しています。

中には、半額という先生もいますので、
そこも、連絡先情報を購入する際の
一つの条件にしても良いでしょうね。

それから、
トライアルレッスンの料金が
安く設定されているからと言って、

連絡先情報を購入した5人の先生すべてに、
トライアルレッスンの約束をしてしまうと、
例え、1時間2,000円でも、10,000円の出費です。

そこも、十分に、考慮して下さいね。

  
まずは、二人の先生と
順番日、会う約束をする
という感じで良いのではないでしょうか。

ピンと来なかったら、
別の人とトライアルレッスンをする
という流れで、やっていってはいかがでしょうか?

 

 

 

 

英会話の個人レッスンの内容は、こう考える!

 

 

英会話個人レッスン内容

おすすめの内容はコレ!です。

 

重要なのは、
自分の今現在の英語のレベルに合わせる!
ということです。

まずは、  

 

英語を読むのも、書くのも苦手!

という場合は、
やはり、日本語を話せる先生が良いでしょう。

場合によっては、
外国人ではなく、
帰国子女などの英語が話せる日本人

を先生にするのも、ありだと思います。

とにかく、
英語に慣れるというよりも、
基本的なことから始めるべきです。

英会話というよりも、
話したいことを英語で書く
ということから、開始するのはいかがでしょうか。

 

英語を読んだり、書いたりすることができる場合

こういう場合は、
英語に慣れる!
ということに専念しましょう。

自分が理解できる範囲の単語やセンテンスを使い、
とにかく、
相手に言いたいことを、相手に英語で伝える!

ということを繰り返し行うのが良いです。

会話の内容は、
彼氏、彼女、奥さん、旦那さんのことを
個人レッスンの先生に話す

というような話題から、

趣味のことを話す
自分の仕事を説明する
日本の文化について説明する

と言ったように、
日本語でなら、
なんなく、話せる話題について、

英語で伝えるということから始めましょう。

 

英会話スクールでは
教科書、テキストを使うケースが多いですが、

自分が関心のないことや
自分の考えを持ち合わせていないような話題で
英会話をしようとしても、

英語に慣れるという点では非効率です。

 

なので、
まずは、日本語でなら、
スラスラと説明できたり、意見を言える

というような話題でのカンバセーションが良いですね。

 

 

 

英会話個人レッスンのまとめ

 

 

英会話個人レッスンは、
英会話スクールのプライベートレッスンではなく、
先生紹介所で個人の外国人先生を探しましょう!

まったく、英語に自信がない場合は、
まずは、
英語の話せる日本人を先生に選びましょう。

そして、
英語は勉強ではないですから、
習うよりも、慣れろ!

というスタンスで
とにかく、間違っても気にしないで、
英語を話すということを繰り返すのが重要です。

それから、
個人レッスンの先生を選ぶ時は、
異性の先生を選ぶのもいいかもです。

関心を持って会えるのは重要なポイントです。

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク