スポンサードリンク

 

あまり遠くないところに
一泊二日で
のんびりと旅行に行きたい!

と思い、

思いついたのが、箱根の温泉!

 

でも、
温泉だけじゃ、つまらないので、
妻の希望で
忍野八海に行くことに!

 

のんびりと車で行くため、
忍野八海への
アクセス方法も確認し、
周辺観光地も調べて、

準備万端で行ってきました!

 

実際の車でのアクセス方法に加え、
無料駐車場情報と
周辺の
おすすめ観光地情報もご紹介します!

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

忍野八海へのアクセスは車がおすすめ!

 

 

 

 

忍野八海への
アクセスが良い!

というか、
私の場合は、
最初から車で行こうと思ってたわけですが。。。

 

でも、
実際に行ってみたら、
やはり、車で行くのが正解だった!

と実感したのです。

 

忍野八海の住所は
山梨県南都留郡忍野村忍草
と、山梨県にあるのですが、

東京在住の私たちが
電車で忍野八海に行くとしたら、

新宿からJR中央線で大月まで約90分
大月から富士急行大月線で
富士山駅まで約50分

そして、富士山駅からバスで約20分

ということで、合計170分。

乗り換え時間を考えると、片道3時間あまり。

 

ただ、
土曜、日曜だと
新宿から、ホリデー快速富士山1号

2時間余りで、富士山駅に着きますから、
富士山駅からのバスを入れると、
2時間半程度。

でも、
富士山駅からのバスは、
午前中には
7:10、8:45、10:20発の
3本しかないので、かなり、非効率。

 

そして、仮に、
新宿から高速バスで行くとしても、
2時間半程度の所要時間。

 

一方、
車、マイカーで行くとしたら、
東京から
忍野八海までの距離が約130km少々。

普通に走れば、
休憩なしで、2時間弱で到着!

 

ですから、
現地での周辺観光などを考えると、
運転が嫌いじゃない限りは、

車で行くことをオススメします!

 

私たちは、
一泊二日の旅行でしたので、
初日は、お昼ころに

御殿場のアウトレットに立ち寄り、
その後、行ったことがなかった箱根神社、
九頭竜神社、箱根の関所跡などを散策。

 

そして、
芦ノ湖の中に建つ大きな鳥居も
見学してから、

その日の宿の「界 箱根」に
早めにチェックインし、
のんびりとした時間を過ごしました。

 

今回はちょっと贅沢な旅館にしたので、
宿での時間をたくさん取る!
ということにしたのです。

夕食の後には
箱根の寄木細工に挑戦しました!
純粋に、楽しかったですよ。

そして、
翌日、今回の目標である忍野八海に
向かうというコースでした。

後ほど、ご紹介しますが、
忍野八海の周辺の観光地にも
効率的に回りたかったので、

忍野八海に行く前に、
もう一つのおすすめスポットに
寄りました。

 

もう、車だからこそ、周れた!ということですね。

 

 

忍野八海に無料の駐車場はあるのか?

 

 

さて、
忍野八海には
無料駐車場はあるのか?
と、事前に調べたのですが、

村営の無料駐車場は数年前に廃止!
になっていたので、
現地で、安い駐車場を探すしかないかあ

という気持ちで、
忍野八海に行ったのですが、
問題なく駐車でき、

しかも、駐車料金は無料でした!

って、
なんか、アヤシイ言い方になってますが、
言葉通りに、
「駐車料金は無料」だったんです。

 

実は、
忍野八海は、
人気の観光スポットだということで、
忍野八海の周辺には、
土産物屋がいっぱい!

そして、
どの土産物屋にも、駐車スペースがあり、
空いてれば、駐車できるという仕組み。

 

駐車料金は普通車で300円。
これも、どのお土産屋さんでも、
同じ設定になっているようです。

そして、
どの土産屋でも、
その店で、土産を買ったり、食事をしたら、

駐車料金は無料!なんです。

 

ですから、
買うことになるかもわからない土産を
その店で買えば、
駐車料金は無料なのです。

忍野八海は、
全国名水百選」にも選ばれている銘水、
つまり、富士山の湧き水の街ですから、

野菜はもちろん、
豆腐、そば、うどん
と、美味しい水関係の土産が豊富です!

無駄な買い物にはなりませんので、ご安心を!

結局、有料じゃん!と思いました???

 

ちなみに、

私は、
忍野八海に続く商店街のような路地の
入口にある「ひのでや」さんに停めました。

ちなみに、
初めての忍野八海の感想は
というと、

ひのでやから、まっすぐ、忍野八海に入り、
最初に、
目に飛び込んでくる「湧池(ワクイケ)」は
その透明感に感動します。

そして、
湧池の少し前方左側にある
濁っていない「濁池(ニゴリイケ)」と
濁池から流れ出ている渓流は、
透明の清らかな水と緑の藻が

驚くようにキレイですから、必見です。

 

なお、忍野八海の八海は、

  • 湧池(ワクイケ)
  • 濁池(ニゴリイケ)
  • 鏡池(カガミイケ)
  • 菖蒲池(ショウブイケ)
  • 底抜池(ソコナシイケ)
  • 銚子池(チョウシイケ)
  • お釜池(オカマイケ)
  • 出口池(デグチイケ)

 

ですが、
出口池(デグチイケ)だけが
少し離れた場所にあります。

忍野八海の中心部から
約1kmの距離ですから、
歩いて行ける距離ではあります。

全ての池を散歩しながら、
拝見するというような流れですが、
所要時間は、

個人差はありますが、
1時間半から2時間という感じです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

忍野八海の周辺にはこんな観光地がある!

 

 

実は、私たちは
忍野八海
周辺観光地
忍野八海に行く前に寄りました。

 

我々の今回の旅のもう一つの目的が
周辺のパワースポットにも行きたい!
ということでしたので、

事前に調査した結果、
目指すことになったのは、「石割神社
だったんです。

 

石割神社というのは、
文字通り、割れた石が御神体の神社。
その石が非常に大きいのです。

 

そして、
下の写真のように、
石割神社に参拝するには、

試練が待っているのです!

 

 

階段の数は403段ですが、
この急角度、いかがですか?
しかも、視界には階段しか見えない!

階段を登りきると、汗だく。

 

でも、不思議と、
新鮮な気持ちに包まれていて、
疲労よりも、爽快感を感じました!

階段の後は、山道を登るのですが、
階段の出発点の鳥居から
石割神社のお社までは、約30分。

 

そして、
到着すると、
目に飛び込んで来るのが、下の写真。

 

 

大きな石?岩が見えますが、
あれが、御神体なのです。

そして、
下の写真のように、
石が割れているのです!

この大きな石の周りを
写真に見えている割れた部分を通って、
時計回りに3周すると

ご利益がある!というものです。

 

 

石割神社は
開運・厄除・追儺・長寿息災
のご利益があるとされています。

しかし、
何といっても、
あの大きな割れた石の近くに行くと、

自信がみなぎるようなパワーを感じました!

というように、
このパワースポットである石割神社が
忍野八海の周辺のおすすめ観光地

なんですが、

この石割神社と忍野八海は、
距離にして、10kmあまりですから、
まさに、目と鼻の先の関係です。

箱根で宿泊した我々は、
忍野八海の手前に位置した石割神社を
先に攻めることにし、

その後、
車で忍野八海の向かったのですが、
道中、すぐに、眼前に現れる山中湖で

しばしの休憩と記念撮影をし、
忍野八海に向かうことにしました。

 

なお、

山中湖から忍野八海に向かう途中の
右側に、
山中湖花の都公園」がありましたが、

今回はパスして、忍野八海に行くことに。

でも、帰ってきてから、
調べてみたら、
四季折々の花を富士山をバックにして、

写真撮影ができる絶景ポイント!
だということがわかりました!
ちょっと、残念でした。

下記が、サイトですので、参考にしてください。
  ↓ ↓ ↓
山中湖花の都公園

 

 

 

忍野八海のまとめ

 

 

忍野八海は
「全国名水百選」の一つに選ばれた銘水
でも有名ですが、

何といっても、
透明度の高い富士山の湧き水で
満たれた池の美しさが見ものです。

正直に言うと、
一度、行けば、OK!
という感じの観光スポットでしたが、

箱根プラス石割神社というルートには
大満足してます。
車だからこそ行けたコースですので、

忍野八海に行く時は、
車でのアクセスとし、
周辺でお気に入りの観光スポットも

巡る計画を立てることをおすすめします。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク