スポンサードリンク

 

明治時代から、90回以上、
開催されている「大曲の花火」は、
日本中の
花火師が腕を競う花火大会

 

つまり、
日本一の花火師は誰だ!
ということが
決まる全国花火競技大会なんです。

 

他の花火大会とは一味違っているため、
人気は絶大!
日本中の花火ファンも注目する花火大会です。

 

ということで、
大曲花火大会の
日程と打上げ場所の会場
そして、
穴場の駐車場の情報をご紹介します。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

大曲の花火大会の日程と会場

 

 

 

 

大曲花火大会
日程会場

 

日程:

毎年、8月の第4土曜日に開かれます

会場:

秋田県大仙市大曲船場町辺りの
雄物川の姫神橋と大曲花火大橋の間。

有料の観覧席は大曲駅側の河原で
対岸側が打ち上げ会場なので、
下記の地図のように、
立ち入り禁止地域があります。


*地理院地図(国土地理院)を利用して表示

 

時間:

昼花火は、17:30から18:15まで
夜花火は、18:50から21:30まで

 

場所的には、
JR秋田新幹線大曲駅から徒歩30分の距離で、
毎年80万人程度の見物客が押し寄せます。

 

車の場合は、
秋田自動車道の大曲インターチェンジから
国道105号に入り、7kmの距離です。(約10分)

 

 

 

大曲花火大会の駐車場情報

 

 

大曲花火大会駐車場は、

 

まず、
毎年約80万人前後の人が集まるので、
駐車場を確保するのは、至難の業です。

 

その年の人気や天候などの状況によって、
どんな状態になるのかも不明ですから、
言えることは、早めに来てください!

という言い方になってしまいます。

 

というのも、
大会の前日から車が押し寄せてきて、
駐車場で一夜を過ごすツワモノもいます!

 

でも、
会場の周りには多数の駐車場が
用意されているので、
(相当)早めに行けば、なんとかなる?
とは思うのですが、断言はできません。

 

ただ、
一般車の無料駐車場を
下記にご紹介しておきます。

  • 大曲墓園
  • 雄物川河川敷緑地(花館地区)
  • 大曲球場
  • 大曲花火大橋上流右岸河川敷(川目南)
  • 仙北ふれあい文化センター
  • 北野神社南側駐車場
  • 仙北支所
  • ㈱タニタ秋田駐車場
  • ㈱タニタハウジングウェア駐車場

なお、無料駐車場については、
中には、数日前から泊まり込みする人も
いますので、覚悟して下さい。

 

一般的には、
会場に近い駐車場を目指す人が多いので、
遠隔地に車を停めて、
電車で会場に向かうという方法はおすすめ!

という意味では
市役所の下記支所が狙い目の穴場です。
住所と電話番号はカーナビの検索で使って下さいね。

  • 神岡支所:110台収容(最寄り駅:神宮寺駅)
    住所:大仙市神宮寺蓮沼16−3
    電話:0187-72-2111
  • 西仙北支所:200台収容(最寄り駅:刈和野駅)
    住所:大仙市刈和野本町5
    電話:0187-75-1111
  • 協和支所:120台収容(最寄り駅:羽後境駅)
    住所:大仙市協和境野田4
    電話:018-892-2003
  • 中仙支所:50台収容(最寄り駅:羽後長野駅)
    住所:大仙市北長野茶畑141
    電話:0187-56-2112

あと、

最終手段的な駐車場、
つまり、遠いところにある
ということですが、

下記の2か所が穴場となります。


*地理院地図(国土地理院)を利用して表示

 

仙北ふれあい文化センター

住所:大仙市堀見内字元田茂木7−1
電話:0187-69-3333

約5kmの距離を歩くことになります。

 

そして、

大仙市総合公園にある大曲球場!

住所:大仙市内小友明通58−1
電話:0187-86-4121

こちらは、会場まで約6kmの距離
歩いて、1時間半の距離なので、
停められるだけラッキーと思えれば、
穴場と言えます。

でも、
ここも、当日17時には
満車の可能性もあるようですので、

ご注意を!

いずれにしても、
現地まで行って、駐車場に停められない!
ということを避けるには

早めの行動が不可欠!ということでしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

大曲の花火大会の内閣総理大臣賞って何?

 

 

大曲
花火大会内閣総理大臣賞
というのは、
全国花火競技大会としての最高位!

つまり、
日本一の花火師!
という称号なんです。

 

この内閣総理大臣賞がもらえるのは、
日本の数ある花火大会の中でも、
大曲と土浦の花火大会だけなんです。

じゃなく、
土浦の花火も、土浦全国花火競技会
というのが、正式名称です。

 

全国花火競技会の賞には、
花火の種類ごとに、
色んな賞があるのですが、

内閣総理大臣賞が最優秀賞ということで、
文字通り、日本一!
という栄冠を得ることになるのです。

  • 創造花火の部
  • 芯入割物の部(10号玉)
  • 自由玉の部(10号玉)

 

などいうクラスがあり、

賞の種類には

  • 経済産業大臣賞
  • 中小企業庁長官賞
  • 文部科学大臣賞
  • 観光庁長官賞
  • 秋田県知事賞
  • 大仙市長賞
  • 大会会長賞

 

などの賞が授与されるという権威ある大会。

大曲の全国花火競技会は8月の第4土曜日
土浦の全国花火協議会は10月の第1土曜日

ですから、

両方の競技会に出展する花火師も多く、
大曲の敵は土浦で!
みたいな感じで、まさに、火花散る戦なんです。

 

こういう本気の花火師の作品を
観てみたい!
と思う人がたくさんいるのも、納得ですよね。

なお、
第80回から第90回の過去11大会での
内閣総理大臣賞の受賞は、

茨城県の野村花火工業株式会社が4回受賞
長野県の株式会社紅屋青木煙火店が2回受賞
ということで、

茨城県の野村花火工業株式会社が最多受賞!

 

大曲の花火大会のまとめ

 

 

大曲花火大会
土浦の花火大会と同様に
花火の日本選手権ですから、

花火師の気合の入れ方が違います。

 

どの賞をもらったかで、
翌年の花火の売上高に影響するでしょうし、
花火師のメンツがかかっている大会。

一度は目の前で観たいと思うのは
無理もない話です。
でも、だからこそ、簡単には観れない!のです。

本気で観たい時は、
有料観覧席は、
例年、4月の上旬に販売開始ですから、

出遅れないようにしてください。大変そうですよ!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク