スポンサードリンク

 

まんパクは「満腹博覧会」の略称で
肉フェスと並ぶ人気のフードフェス!
東京会場は立川の昭和記念公園

 

肉フェスより評判が良い!
という噂もあるから、
混雑具合も気になるところ。

口コミチケット情報も含め、ご紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

まんパクの昭和記念公園会場は混雑する?

 

 

 

まんパクの東京会場と言えば、
昭和記念公園での開催が
2012年の第2回のまんパク以来、続いています。

 

なので、
まんパク東京と言えば、
立川の昭和記念公園なのです。

その「まんパク東京」は、
例年、ゴールデンウイークが終わった後の
5月の中旬から3週間弱の間の開催です。

よく比較される肉フェスは
まさに、ゴールデンウイークに開催されるので、
どの日も、大混雑!という感じですが、

まんパクは、

肉フェスと違い、

会場が広い!
食事できる席が多い!

という基本的な環境が整っていることに加え、

会場の中が、

  • 海鮮
  • 野菜
  • ラーメン
  • 餃子(ぎょうざ)
  • 揚げもの
  • アジアン(アジア料理)
  • スイーツ
  • たまエリア
  • 物産

 

というように、
10ほどのジャンルに分かれていますので、
一つのジャンルに人が集中することなく、

混雑しても、
大行列!で、イライラ!
ということにはならない状態です。

 

もちろん、
大人気の
まぐろの解体ショー」で、
さばかれたマグロ丼は限定販売なので、
解体ショーが始まる前から行列となり、

売り切れで食べられない!
という悲しいこともあります。!
ので、それを避けるために、2時間前から並ぶ!

というような努力は必要になりますので、
ご了承ください。

 

でも、
マグロ丼をあきらめるなら、
そんなに努力しないでも、

好きなモノをストレスなく、食べられるはず!

なお、マグロの解体ショーは
例年、土日限定の企画になってますから、
平日に行っても、お目にかかれませんので、

ご注意ください。

 

ということで、

マグロの解体ショーのある土日で
売り切れ回避のための2時間行列は
あり得るのですが、

あとは、大した待ち時間もなく、
好きな料理にありつける!
と思って、問題なし!

と、断言したいのですが、
開催期間中に3回ある土日は、
タイミングによっては、

混雑具合は違ってきます。

もし、
テレビで紹介されてしまったら、
その直後の土日だと、激混み!

も、あり得ますので、ご注意ください。

でも、
マグロの解体ショーのない平日なら、
まずは、ゆったりと楽しめますので、

ゆっくりと、いっぱい食べたいのなら、
あえて、天気の良い平日に
行くことをおすすめします。ご検討ください。

 

 

昭和記念公園のまんパクの口コミ教えて!

 

 

昭和記念公園まんパク口コミですが、
既に、
上で書いたように、

悪いうわさは、あまり、耳にしません。

 

同じフードフェスの「肉フェス」は、

待ち時間が長い!
食べる場所がない!
値段が高い!

なんて、口コミがいっぱいですが、

まんパクについては、

  • 「美味しかった!」
  • 「まんパク!じゃなく、満腹!」
  • 「まんパク、最高!」
  • 「マグロ丼、美味し過ぎる!」
  • 「クレープ、すげえ!」

なんていう口コミばかり!
という感じです。
ちなみに、
私はまんパク関係者ではないので、
ご安心くださいね。

それから、
料理のお値段も
数百円から高くても、2,500円で

1,000円未満のものがほとんどで、
500円前後のものも、たくさん!
ですから、割安感も感じてしまいます!

そして、
色んなジャンルの料理がある!
というのも、嬉しい企画ですよね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

昭和記念公園のまんパクのチケットはどうすれば?

 

 

昭和記念公園まんパクチケットですが、

肉フェスに比べて、
混雑度合は、低いものの、
土日は、ある程度、混雑します。

でも、
それは、会場内が混雑!
というよりも、

会場へ入場するための混雑、
つまり、
入場券を買うための行列という混雑

の方を心配すべきなのです。

なので、
チケットは、できることなら、
前売りチケットを買っておきましょう。

おまけに、
前売りだと、
当日に買うよりも安くなっており、

平日券は当日が500円のところ、400円
土日券が当日800円のところ、700円
という設定になっています。

なお、
当日券も、会場入り口横の入場券売り場で
買うのではなく、

セブン-イレブン内の
マルチコピー機の「チケットぴあ」で
あらかじめ買ってから、

会場に行くと、
入場券売り場で並ばなくても、
入場できるのです!

 

なので、

前売りでチケットを買わない場合でも、
会場以外のセブンイレブンで
買ってきてから、会場に行く!

ということをオススメします!

ちなみに、
昭和記念公園へのアクセスは、

会場:昭和記念公園 「みどりの文化ゾーン」
最寄り駅:JR中央線・青梅線・南武線
     の立川駅北口より徒歩10分
会場入口:「あけぼの口」からが近いです。
*昭和記念公園へは別途、入場券が必要です。
開催時間:開場10:30 
     閉場(販売終了)21:00

車で行きたい!という方には、
昭和記念公園の来園者駐車場がありますが、
当日は混雑して満車!の可能性もあり、

駐車場の営業時間が、
平日9:30~17:00
土曜日・日曜日は9:30~18:00

ということですから、
まんパクで夕食を楽しむと、
出庫できない!なんてことになりますので、

電車などの公共交通機関で行くことがオススメ!

 

なお、

まんパクは、その日であれば、
再入場できますので、
まんパクでランチを食べて、
その後は、昭和記念公園で遊び、
そして、腹が減ったら、「まんパク」へ!

という1日コースの過ごし方もできます。

という計画にしたい場合は、

「まんパク&国営昭和記念公園 特別セット券」
という
まんパク入場券と
国営昭和記念公園有料エリア入園券
がセットになったお得なチケットがあります!

1日コースで楽しむなら、
セット券を利用するのも、
おすすめです。

ちなみに、
前売り券だと、平日600円、土日900円
当日券だと、平日700円、土日1,000円

と、別々で買うよりも、210円、お得なんです!

 

 

 

まんパク昭和記念公園のまとめ

 

 

まんパクは、
どうも、フードフェスという点では、
かなり、魅力的なイベントだと言えます。

まんパクは、過去には大阪でも開催され、
大阪の会場は、まさに、万博公園!
こちらも、人気があるイベントですので、

関西の方は、
大阪でも開催される時は、
ぜひ、一度は、行ってみてください。

ということで、
肉フェスと比べると、
魅力的なフードフェスですから、

ぜひ、天気の良い日には、行ってみてください!

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク