スポンサーリンク


 

 

新社会人として、働き始めると
すぐに、初任給をもらえますね!
バイト代とは違い、嬉しいものですよね!

 

でも、
世の中では、初任給をもらったら、
プレゼントするものだという話を

聞いたことがあるのでは?

 

そこで、
初任給で親にプレゼントする時の相場
おすすめのモノをご紹介します。

 

ついでに、
親と同居している場合は、
自分の生活費も渡すの?

ということにも触れておきます。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

初任給で親にプレゼントする時の相場は?

 

 

初任給プレゼントする時の相場は!

ぶっちゃけ、それは、自分しだいです!

 

初任給をもらっても、
人によって、手取りの金額も違うでしょうし、
自分の買い物の予定もあるでしょうから、

状況に応じて、決めるべきです。

 

初任給をもらう、
つまり、サラリーマン、勤め人として、
給料をもらうということは、

自立した!ということですから、

学生時代のように、
お金に困ったら、
親から、お小遣いをもらう

ということはできなくなるのです。

 

というか、もらってはいけません。

 

なので、
初任給をもらったからと言って、
無理して、プレゼントで大金を使うと、

それからの1ヶ月の自分の暮らしが
厳しくなってしまいます。

足りなくなっても、
親から、お金をもらうことができないのですから、
無理しない程度の金額にすべきですね。

 

例えば、

  • 夏用のスーツを買いたい!
  • ネクタイも、あと2本欲しい!
  • ワイシャツも、あと3枚欲しい!
  • ブラウスが欲しい!
  • バッグも必要だ!

などという計画、希望があったら、

社会人としてのみだしなみとして、
仕事関係の衣類は必需品ですから、
そういう買い物を優先すべきです。

 

女性の場合で、
かつ、会社の制服がないと、
毎日の服装がみだしなみ!
ということになりますから、
もっと、お金が必要になるのでは?

 

さらには、
毎日の家以外での生活費。
つまり、ランチ代や飲み会などの交際費。

これらも、
給料の中から、工面するわけですから、
予算として、取っておく必要があります。

というようなことを
まずは、計算してみましょう。

例えば、

スーツなどの必需品で50,000円
毎日のランチなどは、1ヶ月で25,000円
飲み会などの交際費として、30,000円

という感じなら、
これだけで、100,000円を超えてしまいます。

 

なので、
これらが必要経費だとしたら、
残りの余裕のある金額がわかるはず。

その余裕のある金額の範囲内で
親へのプレゼントを贈るべきです。

となると、
相場というよりも、
親へのプレゼントとして、使える金額は、

きっと、10,000円程度ではないでしょうか?

それで、十分なんです!

 

もちろん、
もっと、余裕がある場合は、
20,000円でも、30,000円でも良いですが、

一般的な相場としても、10,000円程度です。

 

 

 

初任給で親へのプレゼントのおすすめは?

 

 

初任給へのプレゼントおすすめは!

これは、
プレゼントに使う予算によって、
変わってくるものです。

 

初任給は
初めてもらう給料ということで、
思い出深いものではありますが、

簡単に言うと、
毎月、もらう給料です。
これからも、毎月、もらうものです。

 

ですから、
形のあるものではなくて、

テレビのCMでも見かけるように、
今日は給料日!寿司でも食べるか!
というような発想で良いのです。

 

つまり、予算の範囲内で

  • ご両親を食事に誘う!
  • ちょっと、贅沢に、出前を取る!
  • A5ランクの黒毛和牛の霜降りロースを買う!

という感じで、
「今日は、給料日だ!」
的な演出が良いのです。

 

我が家にも、稼ぎ手が一人増えた!
と、
ご両親も実感してくれること請け合い!

初任給、初給料では、
予算の範囲内で、
親と一緒に楽しめる食事関係がオススメ!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

初任給から親に生活費を渡す?

 

 

初任給から生活費を渡す!
という話も
聞くことがあると思います。

 

これは、
社会人になった時に、
一人暮らしする人は対象外ですが、

両親と同居する人は検討すべきことです。

 

つまり、
社会人になって、
給料をもらうことになったら、

自立したということですから、

本来であれば、自分で生活すべきなんです。

 

つまり、一人暮らししても良いわけです。

でも、

一人暮らしは、
親も反対する場合もあるでしょうし、
金銭的にも、厳しいかもしれませんので、

実家から通勤できるなら、
親と同居するのは、ある意味、自然なこと。

 

でも、
社会人として、
給料をもらって、自立したわけなので、

せめて、
実家で食べる自分の食事代程度は、
親に渡すというのが、理想なのです。

 

これも、
大きな金額でなく、
10,000円から20,000円

というようなレベルの金額で良いでしょう。

 

 

初任給で親にプレゼントのまとめ

 

 

初任給で親にプレゼントする!
という表現が適当かどうかは
別として、

社会人になったことを自覚するという意味と、
親への感謝という意味で、
区切りとして、何かを贈るというのは重要です。

 

それが、
高価なものや記念になるものではなく、
「今日は給料日だ!」的なことで良いので、

自分も、稼ぎ始めたよ!
ということを実感してもらえれば、OKなのです。
それで、親は喜んでくれます。

 

もし、
何か、記念になる高価なものを!
と思っているのなら、

それは、初任給ではなく、
「初ボーナス」
のタイミングで考えるのが良いかもですね。

 

 

 

スポンサードリンク