スポンサードリンク

 

日光と言えば、
世界遺産であり、
古くからの大人気の観光地。

 

観光シーズン以外でも、
混雑が予想されるスポットですから、

紅葉時期ともなれば、
混雑しているのは間違いなし!

もし、車で行くなら、
紅葉時期のいろは坂の
渋滞は、もう大変!

そこで、
紅葉時期の渋滞を回避する方法を
まとめました!参考にしてください。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

日光の紅葉時期は渋滞するものです!

 

 

 

日光紅葉時期渋滞します!

 

日光と言っても、
日光のどこの紅葉を楽しむか!
によって、所要時間などは違ってきますが、

ご存知の通り、
日光は避暑地として、育った街ですから、
標高の高い地帯にあるわけです。

なので、
どこに行くとしても、
上りの山道を走ることになるため、

常に、渋滞が起きやすい地形なのです。

 

特に、
「いろは坂」などは、
標高差440mの坂道に

たくさんのカーブが存在する山道ですから、
それだけでも、
渋滞になる条件が揃っているのです。

 

そういう道の状態に加え、

標高1400mの戦場ヶ原が9月下旬から
標高630m程度の日光東照宮は11月から
と、日光の紅葉時期と言っても、

けっこう、長い期間が紅葉時期なのです。

 

空いてれば、20~30分の道のりが、
紅葉時期の渋滞がヒドイ時は、3時間以上!
なんてこともあるのが実態です。

ですから、
どこの紅葉を観たいかによって、
渋滞への覚悟を決める必要が出てきます。

じゃあ、
日光の紅葉時期には、
渋滞を回避する方法はないのか?

というと、
そうではなく、
発想を変えれば、回避できなくはない!

のです。

では、その回避方法をご紹介します。

 

 

 

 

日光の紅葉で渋滞を回避する方法はあるのか?

 

日光
紅葉渋滞回避する方法は、

どこの紅葉を観たいかによって違います。

なので、

ますは、
日光の紅葉の人気スポットを
紅葉時期の早い順で並べてみます。

  •  9月下旬:戦場ヶ原の草の紅葉
  • 10月上旬:竜頭の滝などの滝巡り
  • 10月中旬:中禅寺湖、戦場ヶ原、いろは坂
  • 10月下旬:中禅寺湖、戦場ヶ原、いろは坂
  • 11月上旬:いろは坂、東照宮などの世界遺産
  • 11月中旬:世界遺産近辺
  • 11月下旬;世界遺産近辺
なお、

いろは坂の上にある
明知平ロープウエイから
見る紅葉は絶景なので、

特に、人気スポットとなり、
ロープウェイに乗りたい人が
押し寄せて、

渋滞を引き起こしている!

と言っても過言ではない!

という実態を考慮して
渋滞を回避する方法を
ケース別に、ご紹介します。

 

1.一番の人気スポットの紅葉時期を避ける

  つまり、
  普通でも渋滞しやすい「いろは坂」にある
  明知平ロープウェイに人が押し寄せる時期
  である10月中旬から11月上旬を避ける方法

  要するに

  奥日光や戦場ヶ原や竜頭の滝などの
  標高の高いエリアの紅葉を目的にして、
  10月上旬あたりに行く!という手段

 

2.10月下旬から11月上旬に行く

  これは、
  10月下旬から11月上旬に行くのですが、
  大渋滞が予想される「いろは坂」はあきらめ、
  世界遺産近辺の見学と、
  少し離れた所から、山々の紅葉を楽しむ方法
  というか、割り切り。

3.いろは坂を避けて大回りし、北から攻める

  途中の山王林道は運転テクも必要かもなので、
  大おすすめはしませんが、
  日光宇都宮道路の「日光」で下りて、北上し、
  霧降高原、川俣温泉を経由し、
  戦場ヶ原から逆向きに、いろは坂に向かう方法。

  かなり遠回りする事になりますが、
  大渋滞のいろは坂でイライラするよりは、
  充実した観光ができるのでは?

 

4.思いっきり早く出動する

  経験談プラス栃木県の予想も含め、

  第二いろは坂の渋滞は、
  6:00頃から始まり、
  13:00頃まで続くことが予想されるので、

  遅くとも、朝の6時頃には、
  いろは坂に入る!という作戦。

  ただ、その場合、
  明知平ロープウェイの駐車場が
  8:30の開場なので、
  2時間ほど待つことになります。

  でも、早起きしてきたので、
  駐車場の開くのを待って仮眠するのも
  OKでは?

 

5.日光で一泊する

  つまり、
  日光の紅葉を観るために、
  日光で宿泊するという作戦ですが、

  いろは坂の渋滞が解消される時間
  つまり、
  13:00以降に、いろは坂に入り、

  明知平ロープウェイや
  奥日光の紅葉を満喫して、
  その日の夜は日光で宿泊するというもの。

  翌日は、
  日光東照宮などの世界遺産を散策し、
  時間の許す限り、日光を楽しむ

  というのは、いかがでしょうか?

東京からだと、
日光は日帰り旅行の対象ですから、
気軽に行けるスポットです。

ですから、
「そうだ、日光に行こう!」
というノリで行く人も多いということです。

作戦なしで行ってしまうと、
「いろは坂」で逃げ場のない渋滞に
巻き込まれてしまいます。

普通だと、
30分程度で抜けられる道が
3時間以上!もかかってしまい、

おまけに、
トイレにも行けない!
なんていうイライラ状態になります。

確かに、
行ってみないと、わからない!
のですが、

少しだけ、知恵を絞れば、結果よし!

という可能性が高まるわけです。

 

 

日光の紅葉時期のまとめ

 

日光の紅葉時期は
標高の高い場所の9月下旬から
日光東照宮辺りの11月下旬までで、

その期間が混雑!渋滞!の季節です。

ただ、

  • 時間をずらす!
  • 時期をずらす!
  • 目的地を絞る!

 

ということで、
多少は快適な紅葉を鑑賞できます。
ぜひ、作戦立てて、日光に行ってみましょう!

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク