スポンサーリンク


11月と言えば、
季節で言うと、秋ですが、
もう、寒い!日が多いので、

キャンプするには、
寒さ対策が必須!
特に、服装装備が重要です!

でも、
準備が万全なら、
11月ならではのキャンプが楽しめます!

まずは、ここで、
11月のキャンプの防寒対策を
確認してみて下さい。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

11月のキャンプは寒いです!

 

11月キャンプ寒いです。

と言っても、

どこで、
キャンプするかによって、
当然、寒さの度合いは違います。

沖縄だと、
11月でも、平均気温が21℃ですから、
南国のようなものですが、

仮に、

東京だと、平均気温は13℃前後。
関東だと、10℃から13℃
長野になると、一気に下がり、7℃前後

という具合に、

場所によって、かなり、違ってきます。

しかも、
私は、暑い暑い夏場のキャンプで
おすすめしている「標高の高いキャンプ場」

つまり、
標高1,000m以上にあるキャンプ場を
おすすめしてますが、

標高が100m高くなるごとに、
0.6℃、気温が下がるので、

仮に、東京の気温が12℃でも、
0.6℃ × (1,000 ÷ 100) = 6.0℃
標高1,000mでは、6℃も低いのです。

つまり、
12℃ - 6℃ = 6℃
ということになりますから、

完全に、冬!だということになります。

なので、
風光明媚な標高が高いキャンプ場、
高原にあるキャンプ場に行くなら、

寒さ対策が最重要!です。

もし、
寒いのがイヤだ!
と言うのであれば、

標高の低い場所(海沿い)や
南の方のキャンプ場に
行くべきかと思います。

それから、
11月の東京の平均気温が
13℃前後でも、

朝や夜の最低気温は9℃前後
ですから、
朝晩の冷え込みにも要注意!

というか、
自然の中でのキャンプですから、
最低気温を意識すべきですね!

 

なお、

キャンプの経験が浅い初心者なら、
寒い時期にテントで寝る!
ということは避けて、

コテージやバンガローやキャビン
という屋根と壁があって、
外気から遮断された部屋で寝る!

という選択肢もありますよ。

まずは、
秋のキャンプ、11月の寒さ、気候が
どんなものかを体験だけでも、有効です!

ということで、
次に、
寒さ対策の服装と装備について、

まとめておきます。

 

 

11月にキャンプするなら服装には注意!

 

11月キャンプするなら服装は要注意!

既に、ご紹介したように、
11月のキャンプと言っても、
キャンプする場所、地域によって、

防寒対策である服装は検討すべきです。

でも、難しいことではありません!

次の手順で、考えてみましょう。

  • 1.キャンプする場所、地域の気温を知る
  • 2.キャンプ場の気温が、
      普段、住んでいる地域だと、
      何月頃の気温か?を知る
  • 3.その時、どんな服装をしているかを思い出す
つまり、

キャンプ場の気温が、
普段の生活場所の1月の気温くらいなら、

1月に着ているような服装にすれば、OKです。

もちろん、
アウトドアでのキャンプですから、
多少、汚れても良いような服装がベターですね。

つまり、
1月、2月という冬の時期に着る服装と
同程度の暖かさの服を着て、

作業しやすい手袋をはめれば、OKです。

なお、
キャンプ場の夜と朝は、
さらに、冷え込みますので、

身体の保温効果を高めるために、
下着は、
肌とのスキマができないようなピタッと

着こめる肌着をおすすめします。

例えば、
ユニクロのヒートテック肌着ですね。

上半身のシャツだけでなく、
下半身も、タイツなどのピタッとしたものを
はくようにしましょう!

それだけで、寒さの感じ方は全く違います。

下着さえ、ピタッと着れば、
その上の服装は、
普段の冬の服装であれば、大丈夫です。

あとは、首周り。
ハイネックのインナーを着るか
マフラーなどを巻くと、効果的です。

では、次に、装備についてです。

 

 

 

 

11月のキャンプでは装備が重要!

 

11月キャンプでは装備が重要!
なのは、当たり前です。

何と言っても、
屋根や壁のない屋外で
生活する訳ですから、

防寒対策というか、
暖房設備というか、
寒さをしのぐような装備が必要です。

もちろん、
キャンプですから、
木炭(すみ)を使ったバーベキューコンロや

焚き火ができるキャンプ場なら、
焚き火で暖を取ることができるので、
それが、寒さ対策の基本となりますが、

冬のような場所でも、
キャンプをしたいなら、
防寒対策用の装備も準備すべきでしょう。

実は、この装備については、
別の記事でまとめてますので、
下記の記事を参考にしてください。
  ↓ ↓ ↓
冬キャンプはテントとタープを合体!。。。

なお、上記の記事では、
テントの中での暖房についても書いてますので、
しっかりと、お読みください。重要です!

 

 

11月のキャンプのまとめ

 

11月のキャンプは、
とにかく、
普段とは違う寒さと、いかに付き合うか!

が、最大のポイントです。

でも、場所によっては、
紅葉を満喫できたりしますから、
おすすめではあります。

なので、

キャンプ場内のテントを張る場所も、
風当たりが強い草原の上ではなく、
木立ちに囲まれているような林間がベスト。

キャンプでの寒さ対策関係のことは、
下記の記事でも、書いてますので、
併せて、参考にしてみてください。

では、くれぐれも、
11月の寒さには、お気を付けくださいね!

秋キャンプの寒さ対策とおすすめのキャンプ場

冬キャンプの装備は寒さ対策の暖房を!

キャンプの寒さ対策は秋から!。。。

 

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク