スポンサードリンク

 

世界自然遺産の
白神山地に行きたい!
と、
とにかく、頑張って調べあげました!

 

青森県は
本州最北端の地なので、
交通の便、アクセス方法が悩ましい。

 

でも、なんとか、効率的に周りたい!
と調査した結果、
私なりのベストな旅程ができました!

白神山地への
モデルコース
して
アクセス方法と
周辺観光スポットも
併せて、ご紹介します。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

白神山地へのアクセス方法

 

 

 

白神山地へのアクセス方法は、
東京からでも、
関西からでも限られています。

まずは、

青森の近くに行く必要があるのですが、
距離を考えると、
交通手段は、飛行機か新幹線。

そして、
そこからの
白神山地へのアクセスとなると、

青森県からアクセスするか
秋田県側からアクセスするか
の二通りが一般的です。

まず、

飛行機の場合だと、

秋田県側は

  • 大館能代空港
  • 秋田空港

青森県では、

  • 青森空港
  • 三沢空港

でも、白神山地までの距離を考えると、

青森県では青森空港
秋田県だと大館能代空港
が、便利です。

そして、

新幹線の場合だと、

青森県では、

七戸十和田駅
新青森駅
奥津軽いまべつ駅

秋田県側では

秋田駅

ということになり、

秋田県は秋田駅のみ、
青森県も場所的には新青森駅
が、最寄りの駅と言えます。

 

では、
どのような経路が
ベストなアクセス方法なのか!

は、

白神山地で、
何をしたいか?何を見たいか?
によって、変わってきますので、

次に、
白神山地の何に触れるべきか!
を検討し、絞り込みました。

 

 

白神山地のモデルコースはこれがおすすめ!

 

白神山地モデルコースとして、
私が調査した結果、
実際に行くことにしたコースを

モデルコースとして、ご紹介します。

もし、
気に入らない場合は、
読み飛ばしてくださいね。

まずは、
下記の記事では、
白神山地を味わえる散策コースを

いくつか、ご紹介しています。
 ↓ ↓ ↓
白神山地への観光のおすすめコース」 

そのコースは下記にも書いておきます。

散策コースには

  • 十二湖散策コース
  • ブナ遺伝資源保存林
  • 世界遺産の径 ブナ林散策道
  • 暗門の滝コース
  • 白神の森遊山道(旧ミニ白神)

登山コースでは

  • 二ツ森コース
  • 藤里駒ヶ岳コース
  • 白神岳登山道「十二湖コース」大崩往復ルート
  • 白神岳コース
を別の記事でご紹介しています。

 

まず、
どのコースにすべきかと
考える際に、私の場合は

  • 1.コースの内容
  • 2.所要時間
の2点を検討ポイントにしました。

1.コースの内容とは、

白神山地と言えば、これだ!
というスポットが入っているかどうか。

白神山地は、
ブナの原生林が最大の魅力ですが、
ただ、原生林を歩くだけでは物足りない!

ということで、
ブナの林に加え、
何かの見所があるコースが良い!

というポイントを条件にしました。

そして、

2.所要時間では、

1時間とか2時間で
周遊できる程度のコースでは、
物足りない。

でも、長い時間を
ただ、原生林をトレッキングするだけでも
物足りないのですが、

30分、1時間、2時間程度で
散策できてしまうコースも、

せっかく、白神山地に来たのに、
たった、それだけじゃ、もったいない!

と思ってしまうので、

適度な所要時間のコースが良い!

ということも、条件にしました。

 

白神山地のモデルコース 白神山地のモデルコース

結果として、
白神岳登山道 「十二湖コース」大崩往復ルート

が、

最適!だと思い、

私たちが行くべきコースだと決めました。

 

それを

おすすめのコースであり、
白神山地のモデルコースとして、
ご紹介することにします。

このコースは、
所要時間が4時間から5時間。
(実際は、もう少し短縮できそう)

 

そして、
「十二湖」という観光スポットに加え、
ブナの原生林も味わえる

というコースなので、

ある意味、
白神山地が凝縮されている
思ったからです。

実は、

暗門の滝コース
魅力的だったのですが、
十二湖への気持ちが優ったのです。

というのも、
次の章で、ご紹介しますが、
私は、欲張りな旅が好きなので、

どうせ、
青森に行くなら、
白神山地だけではなく、

青森の魅力を全部、味わいたい!
と思い、
盛り沢山に観光スポットを詰め込んだからです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

白神山地の周辺の観光もバッチリ調べました!

 

白神山地
周辺観光スポットも
自分なりの基準で
数ある観光スポットから絞り込みました。

絞り込んだ基準は、
「無駄なく、めぐることができる」
です。

今回の青森、白神山地への旅は、
飛行機で青森に行き、
現地では
レンタカーで自由自在に周る
3泊4日の旅程にするので、

車では、
なるべく、少ない走行距離で、
より多くの魅力ある観光スポットを

訪れたいという願望があったからです。

なお、
青森空港を選んだ理由は、
レンタカーの利用規則が影響したのです。

レンタカーの利用規則 レンタカーの利用規則

つまり、

借りた車は、
同じ県内で返さなければならない!
という絶対的なルールがあったのです。

要するに、
秋田県で借りて、
青森県で返すことはできないのです。

ということで、

空港は、
白神山地に近い青森空港を
選んだものの、

それでも、
青森空港は青森県のど真ん中にあり、
白神山地までは、かなりの距離。

しかも、
行こうと決めた十二湖は
青森県の西のはずれ。

つまり、

いったん、西の端っこまで行き、
また、戻ってくるという
経路になってしまうのです。

なので、
もう、それ以上の非効率な経路は
取りたくない!

という方針で決めたコースです。

つまり、

私たちが、実際に
車で快走できるだろうと計画した経路を
青森旅行のモデルコースとして、

ご紹介します。

 

 

1日目

青森空港到着(8:55到着便)
  ↓

青森空港(レンタカーを借りる)

  ↓ 空港から約110kmの距離

十二湖

  ↓ 森の物産館キョロロ
  ↓ 白神岳登山道「十二湖コース」

宿泊場所:十二湖、深浦辺り
       ヴェスパ椿山、アオーネ白神など

 

2日目

出発:十二湖、深浦辺り

 ↓  約60kmの距離

くろもり館(津軽郡鰺ヶ沢町)

 ↓ 白神の森遊山道(旧ミニ白神)
    1時間程度の散策コース

 ↓ 岩木山(リフトなど)
    津軽富士と呼ばれる美しい山

   

    標高1,625mで
    8合目までは車で行けて、
    9号目まではリフトで
          そして、お好みで頂上まで登れます。

 ↓ 鶴の舞橋(三連太鼓橋)

              

    これは、珍しい!知らなかったです!
   木造の日本一長い三連太鼓橋です!

 ↓ 弘前城などの弘前観光
    桜でも有名な弘前城に

 ↓    弘前ねぷた祭りの山車展示館など

宿泊場所:大鰐温泉

 

3日目

大鰐温泉

 ↓ この日は、ゆったりと過ごす!

十和田湖

    

 ↓ 遊覧船

 ↓ 道の駅しんごう

 ↓ コケ玉作りの体験
    元プロレスラーの教室も!

宿泊場所:奥入瀬渓流温泉
                   星野リゾートに挑戦予定!

 

4日目

奥入瀬渓流温泉

 ↓ 奥入瀬渓流を
    散策、サイクリングで
 ↓    自然の力を存分に味わう

           

 ↓  八甲田山
     ロープウェイなど
     時間が許す限り、癒されます!

 ↓  約1時間半で青森空港へ
 

青森空港

という経路で、
白神山地と青森を
3泊4日でめぐりたい!と調べあげました。

ちなみに、
地図に表すと、こんな感じです。

 

なお、この経路だと、本来は、
大館能代空港から、十二湖に向かい、
帰りは青森空港を利用する方が効率的!

なのですが、

先ほど、書いたように、

レンタカーの利用規則では、
秋田県で借りて、
青森県で返すことが不可能!

だったので、
往路復路ともに、
青森空港にせざるを得なかったのです。

 

 

白神山地のモデルコースのまとめ

白神山地は
屋久島の「縄文杉」のような
誰もが知ってる目玉スポットがない!

というのが、悩みの種。

柱となるスポットがないため、

白神山地という世界遺産をみたい
と思ってても、
具体的に、何を見たい?

という部分が決めづらいのが特徴。

なので、

私たちが調査の上、
行くことにしたおすすめのコースと
周辺の観光スポットを

モデルコースとして、ご紹介します。

自分の行きたいコースを決めるための
参考として、(自己責任で!(*´∀`*))
参考にしていただけると、うれしいです。


でも、実際に行った時は、
こんなコースにしてしまいました!
ご参考にしてください!
  ↓ ↓ ↓
白神山地の十二湖の青池に行きました!。。。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク