スポンサードリンク

 

冬キャンプ
キャンプを経験してしまうと、
冬にもキャンプしたいと思うものです。

でも、

冬キャンプの時のテントは、どうなの?
タープも使うと聞くけど、本当なの?
暖房は必要ないの?

 

冬キャンプ初心者には、
不安と疑問がいっぱいですよね?

 

 

スポンサードリンク

 

 

冬キャンプではどんなテントが良いのか?

 

 

冬キャンプと言っても、
まさか、
雪が積もるような所で
キャンプはしないですよね?

少なくとも、
初めての冬キャンプでは、
雪国は避けましょうね。

となると、
テントには、
そんなに、こだわる必要はなく、
冬以外に使ってるテントがあれば、OKです。

もちろん、

経済的に問題なければ、
冬用の大雪が降っても
呼吸できるようなテントを買っても良いですが。

その時は、
しっかりとした
アウトドアグッズのショップで
しっかりと相談した上で、買ってくださいね。

ということで、
冬キャンプでも、普段のテントで問題なし!
ですが、

少し、工夫すれば、
もっと、快適に防寒対策できるのです。

 

 

冬キャンプにはテントとタープを合体させる!

 

 

そうです!

冬キャンプする時は、
冬以外の季節で
使っているテント
タープを合体させるのです!

ただ、
タープと言っても、
屋根だけがある
夏の陽射しよけ用のタープではなく、

いわゆる、
スクリーンタープというタープが必要です。

スクリーンタープとは、

屋根だけではなく、
四方の側面もクローズ、
閉めることができる
フルクローズできるタープです。

要するに、
スクリーンタープの中に、
テントを入れてしまうという作戦!

ベテランキャンパーなんかは、
テント・イン・スクリーンタープ
なんて言ってますよ。

つまり、
二重構造で
外気の寒さを
遮断してしまうというもので、

スクリーンタープの中のテントは寝室

そして、

スクリーンタープのテント以外の部分が、
リビングルーム
というわけです。

 

もし、

夏場などに使っているタープが、
スクリーンタープであれば、
それだけで、
冬キャンプは問題なく過ごせます。

もし、
スクリーンタープではなく、
普通のタープで、
今後も、冬キャンプしたい!

という気持ちがあるのなら、
スクリーンタープを購入した方が、
何かと、便利でしょう。

 

もう、お気づきだと思いますが、
スクリーンタープなら、
何でも良いというわけではありません。

お持ちのテントを
中に入れられるような大きさでないと、
テント・イン・スクリーンタープは
できませんので、
テントよりも大きく、
テントよりも背の高いタープ

を選びましょう。

 

そして、

テント・イン・スクリーンタープの
タープの中で、
食事や団欒するスペースも確保する!
となると、それなりの広さ
も必要です。

ですから、

テントは小さめ、
スクリーンタープは大きいモノ!
でないと、成り立たない話になります。

なお、
テントとスクリーンタープを
合体させた2ルーム形式のものも、
存在しますが、

防寒対策としては、
テント・イン・スクリーンタープ
勝ちです!

なのですが、
最近は、
カマボコテントという便利なテントが
流行り出していますので、
要チョック!ですよ。

 

なお、余談ですが、
テントに加え、スクリーンタープも
となると、
キャンプ時の荷物が増えますので、
車の積載量、
荷室の大きさも重要になってきます。

 

一般的には、
SUVとか、RVとかと言われる
4輪駆動車、4WDなどは、

もともと、
積載量は大きく作られていますが、
セダンなどの乗用車タイプの自動車だと、
増えてしまうキャンプ道具を乗せられない!

 

なんてことになりますので、
車の荷室の大きさ、積載量も考慮しましょう。

まあ、

車の屋根に
ボックスを搭載するという方法もあり!

ですね。

 

いずれにしても、
キャンプを継続的に楽しみたいと思ったら、
車の買い替えも検討して下さい。

キャンプはアウトドアのイベントですから、
ぬかるんだ道など通ることになりますから、
四輪駆動車、4WDだと心強いですよ!

 

スポンサードリンク

 

冬キャンプのテント内でも暖房は可能なのか?

 

しかしながら、

冬キャンプですから、
テント・イン・スクリーンタープだけで
暖かいわけではなく、

快適に過ごすには、
やはり、
暖房があった方が、良いのです。

でも、ご存知のとおり、
密室での火気は
一酸化炭素中毒の危険性が高くなりますので、

テント・イン・タープ状態で、
火を使って暖房する際は、
十分な注意が必要です。

ということは、
密閉度の高いテントの中で、
火を使って暖房するということは、
かなり危険な行為ですから、避けて下さいね。

 

そして、じっくり、検討した上でも、
テント・イン・タープで暖房する時は、
自己責任で実行してください。

怖さを認識していれば、
テント・イン・スクリーンタープ
での暖房も可能です。

ただ、
安全に越したことはないですので、
安全な順番で、
暖房器具、あるいは、
暖房の方法を列挙しておきます。

  • 電気のストーブ、そして、
    テント内では電気カーペットに電気毛布
    ただし、
    これは、
    AC電源があるキャンプ場限定になりますが。。。
  • カセットガスヒーター
    家で鍋などをするカセットコンロのように、
    ガスのカセットボンベを燃料とするヒーター
  • 石油ストーブ
    アルパカストーブ、アラジンストーブ、
    トヨトミストーブ、フジカハイペット
    というキャンプでは
    有名な石油ストーブがあります。
  • 薪ストーブ
    熱効率が高く、とても、暖かいのですが、
    煙突をタープの外に出すので、設置が少々面倒。

なお、熱効率、手軽さ、安全面を総合的に考えると、
石油ストーブに軍配があがりますが、
やはり、密室での火気利用ということで、

一酸化炭素中毒が心配です。

 

十分な換気さえできれば、
問題ないのですが、
そこは自己責任でお願いします。

 

なお、スクリーンタープ内で
石油ストーブなどで、暖を取るとしても、

テントで寝る時は、
石油ストーブを消した方が安全ですので、
テントで寝る際には、
床とシュラフ(寝袋)の間に断熱材として、

新聞紙や段ボールを使うという方法や
EVAフォームマットという
地面の冷気を遮断してくれるマットを敷く
ということで、
地面からの冷えを遮る工夫ができます。

 

あとは、
ヒートテックの下着や
タイツなどをはくなどで、
体温を逃がさない工夫をして、
セーターやダウンジャケットを着ればOK!

冬場の寒い時は、
身体にフィットする下着は最大の武器です。
少々、きつくても、
ピッタリとした下着を

着るようにすることをオススメします。

 

もちろん、
ダウンジャケットを着たまま、
寝袋に入ってもOKですし、
毛布などを身体に巻いて、
寝袋に入るという方法もあります。

 

冬キャンプのテント、タープのまとめ

 

冬キャンプの最大の敵は、寒さです。
屋外では、
バーベキューコンロの炭火や焚き火の炎で
防寒対策は実行できますが、

それをテントの中や、
スクリーンタープの中で、
実行する際は、換気が必須となりますので、

寒いからと言って、
密閉度を高め、完全密室になってしまうと、

一酸化炭素中毒という危険な状況になりますので、
ご注意ください。

そして、
夜、寝るためのテントを
スクリーンタープの中に、
入れてしまうことで、
二重で寒気を遮断できますので、

まずは、このスタイルを試してみて、
それでも、スクリーンタープ内が寒い時は、

電気が使えるキャンプ場なら、
電気系の暖房器具を

電源がないキャンプ場だと、
石油やガスを燃料としたストーブを使い、

経験を積んで来たら、
薪ストーブという本格的なアウトドアスタイルを
追求していくというような流れで、
挑戦してみてください。

 

いずれにしても、
寝る時には、
まず、下着などの工夫で服装を意識し、
地面からの冷気を
遮断する工夫をするのが最重要です。

 

暖房については、
一酸化炭素中毒を避けるために、
スクリーンタープ内で、
ロウソクに火をつけておき、
炎の大きさが小さくなってきたら、
酸素が減ってきている!

 

というような酸素探知機的なモノを使い、
安全対策を取ることも、オススメします。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク