スポンサーリンク


 

 

女性にとっても、
男性にとっても、
とても、身近な話題のダイエット。

 

食事や筋トレなど
様々な方法のダイエットがありますが、

ウォーキング」も、
ダイエット
効果があるのはご存知でしょうか?

バランスの良い食事を摂り、
家やジムで筋トレをしつつ、
普段の歩き方を改善すると、
更にダイエットの効果もアップします。

とは言え、

ウォーキングは
普通に歩くのと違うの?

と、疑問に思う方もいますよね。

そこで、
その「ウォーキング」について
まとめてみましたので、ご参考に、どうぞ!

 

 

スポンサードリンク

 

ウォーキングは歩き方によっては膝を痛める!?

 

ウォーキング
歩き方によっては
に悪い?!

これ、

ウォーキングも
立派な運動ですから、
基本的な動作に問題があると、
膝を痛めることはあります。

でも、

極端に体重が重い人は、
膝への負担が大きいですから、
歩き方によっては膝を痛めることに
なりますが、

膝の心配をする前に、
ウォーキングでダイエットする!
ということを始めましょう!

 

とは言え、注意点はあります。

生まれたての赤ちゃんは
立つことも、
歩くことなんてとてもできません。

ですが、
日々、生きていく中で
自然と足腰が強くなり、
両足で立ち上がり、
一歩一歩と歩き始めることができます。

その歩き方は
誰かに習うわけではなく、
ごく自然に、
自分で出来てしまうことなので
やはり、個人個人で癖が出てしまいます。

 

ガニ股、内股など
歩き方に癖が付いてしまうと
膝や足首に負担が掛かってしまい
転倒や怪我をしてしまうことがあります。

そして、
悪化すれば、
重い怪我や病気に繋がってしまうことも…。

健康とダイエットの為に
始めたウォーキングで
怪我をしてしまわないように、
正しい歩き方を知り、
自分の歩き方を見直す必要がありそうです。

 

 

ウォーキングは歩き方によってはダイエットに効果的?!

 

ウォーキング
歩き方によって、
ダイエット

より効果的にしてくれます!?

 

癖のついた歩き方で、
ウォーキングを積極的にすると
怪我をしてしまうことがありますが、
きちんと正しい姿勢で歩けば、
健康的なダイエット方法にもなります。

というか、
簡単に言うと、
歩くという運動を20分以上、継続すると、
脂肪が燃焼し始めて、
ダイエット効果が働き始める!

というのが基本的な考え方です。

そこを忘れないようしましょうね!

さて、

ウォーキングの歩き方ですが、

基本的には

📌 かかとから着地をする
📌 親指の付け根に向かって重心を移動する

というのを意識します。

かかとから着地することで、
足裏の血行が良くなり、
むくみの改善にも繋がります。

ちなみに悪い姿勢はこちらです。

  • 前かがみの猫背
  • 両手がだらりと垂れている
  • 腕振りをしない
  • かかとから着地していない
  • 重心が後ろに掛かっている
  • 腰が反り腰になっている
こういった姿勢で
ウォーキングだけではなく、
普段も生活していると、

脚、膝痛、腰痛、下半身太りにも、
繋がっていきます。

自分がどんな姿勢なのか、
一度、鏡を見てチェックしてみましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

ウォーキングの歩き方をモデルさんのように歩くとどうなる?

 

ウォーキング
歩き方
モデルさんみたいに歩くべし!?

ウォーキングというのは、
とても手軽にできる有酸素運動で、
運動不足の解消になり、
健康的なダイエットにも適しています。

中でも、
ファッションショーなどで、
ランウェイを歩くモデルさん達の歩き方
モデルウォーク
は、
よりダイエットに効果的な歩き方です。

 

モデルウォークは、
ウエスト周りや
腰回りの筋肉を使う動きなので、
続ければ、引き締め効果があります。

さらに、
普通のウォーキングよりも、
全身を使うウォーキングなので、
負荷が大きい有酸素運動になります。

歩くだけで、
体が引き締まり、
脂肪燃焼にも、
とても役立つ有難い運動なのです。

モデルウォークの基本

  • 顎を引き背筋をまっすぐ伸ばす
  • 腕は力を抜いて自然と振る
  • 重心を腰に置き、
    腰を前に押し出す意識で脚を出す
  • 地面に着いている脚の膝を曲げない
  • 両太ももは交差するように前に出す

 

注意点は
頭が上下にリバウンドしないよう
意識するということです。

歩幅を大きくすると、
より綺麗に歩くことができます。

また、
歩き方を正すには
立ち姿を見直す必要があります。

立ち姿のチェックには
「壁立ち」をしましょう。

壁立ちの仕方はとても簡単で

📌 背中
📌 肩甲骨
📌 お尻
📌 かかと

を壁に付けて立つだけです。

付かない部分があったり、
違和感を感じるようでしたら、
姿勢が悪い証拠。

毎日、
壁立ちでチェックして、
姿勢を正しくするよう
意識して生活をしていきましょう。

立ち姿も意識しなければいけないので、
会得すれば、
私生活から、
美しい姿勢で過ごすことができますね。

ウォーキングと歩き方のまとめ

 

いかがでしたか?

ウォーキングといっても、
ただ、歩くだけではなく、
きちんと正しい姿勢で歩くこと!

そして、

歩き方にも種類があるということ、
が分かりましたね。

怪我なく美しい体を手に入れるためにも
毎日、意識して、
正しい姿勢で過ごすようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク