スポンサードリンク

 

七夕
下町の文化で満喫するプランです!

 

上野浅草入谷
という下町には、
下町らしいイベントがあり、
七夕という時期を楽しく演出してくれます!

 

お子さんから、パパ、ママ、
そして、おじいちゃん、おばあちゃんまで
家族そろって、楽しめるのが下町のイベント!

 

七夕には
下町に行きましょう!プランのご紹介です。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

七夕は下町の上野のイベントが一押し!

 

 

 

 

 

七夕
下町上野のイベントからスタート!

 

七夕、下町上野と言えば、
上野から浅草に向かう「かっぱ橋本通り」の
下町七夕まつり」!

 

来場者数は毎年40万人!
という大きなイベントで、
下町らしい活気ある七夕まつり。

かっぱ橋は、漢字で書くと、合羽橋です。

【開催時期】

例年、7月7日前後の土日を含めた6日間
土曜、日曜がメインの日となります。

 

【イベント内容】
  • 商店街全体に七夕飾りがあふれて
  • 竹笹には願いを書いた短冊を結べ、
  • 土日にはパレードやパフォーマンス登場。
  • 過去には、
     白バイのパレード
     小学生鼓笛隊
     阿波踊り
     佐渡おけさ
     フラダンス
     など
  • フリーマーケット
  • フォトコンテスト
  • もちろん、数々の屋台、出店
とにかく、
活気のある下町七夕まつり
ですから、

お子さんは大喜び、間違いなし!

 

上野から浅草までの約1.2kmの通りが
まさに、会場です。
土日は、10:00から19:00が歩行者天国に!

小さなお子さんの場合は、
星に願いを!
ということで、短冊に願い事を書いて

竹笹に結び付けるということも、
楽しい七夕の思い出になりますよね。

なお、

かっぱ橋と言えば、「かっぱ橋道具街
ということで、
料理道具や食器類の販売で有名な街。

いわゆる、プロの料理人やシェフが
道具を買いに来るという街ですが、
素人でも、楽しいショッピングが可能

ですから、ぜひ、店にも入ってみてください。

 

 

 

七夕には下町浅草ではこんなイベントが!

 

 

そして、
七夕には下町浅草では
ほうずき市」があります。

 

つまり、
上野から、
かっぱ橋本通りで下町七夕まつりを
満喫した後に、

浅草寺まで足を伸ばすと、
そこでは、「ほおずき市」が開催されています。
と言っても、

 

日にちは決まっていて、
毎年7月9日と10日に開催され、
赤く実りかけたホオズキの鉢植えが並びます。

 

ホオズキは煎じて飲むと、
子どものかんの虫や女性の癪(しゃく)に効く!
と言われていますが、

ホオズキと浅草寺とは直接の関係はなく、
人が多く集まる場所では、
古来より、ホオズキが販売されていたということ。

 

しかし、
7月10日という日には特別な意味があり、
観音信仰の世界では、

7月10日に参拝すると、
4万6千日分の参拝効果があるとされており、
江戸時代ごろから参拝が盛んになっていった。

という歴史がある日なのです。

 

ですから、
七夕を下町の上野、浅草で楽しむ時は、
7月10日がベストだということでしょうか。

 

ただし、
7月10日が土日じゃない時は、
下町七夕まつりは、
少し、淋しい雰囲気ですが、

そこは、我慢することにしましょう。

 

開催日は毎年7月9日と10日 
会場は、浅草寺
ほおずき市:8:00から21:00頃まで

例年の来訪者は二日で約55万人!

 

 

 

スポンサードリンク

 

七夕は下町の入谷でもイベントがある!

 

 

さて、
七夕
下町入谷イベントとは?
というと、

朝顔市」!
別名、「入谷朝顔まつり
です。

 

入谷の真源寺こと入谷鬼子母神周辺で
約100軒の朝顔の鉢植えの露店が並び、
朝顔を求めて、人が押し寄せる

という夏の風物詩になっており、
入谷近辺でも朝顔の期限は
江戸時代末期に遡ります。

 

ただ、

現在のような江戸の風物詩になったのは、
1950年に、
「入谷の朝顔市」として始まったのが起源。

 

なお、
毎年開催される日程が、
7月6日から8日ですので、

浅草寺の4万6千日分の参拝効果があるという
7月10日では、
既に、朝顔市は終わってしまってます。

なので、

ほおずき市と朝顔市を
同日に楽しむことは不可能なんです。
朝顔市が終わると、ほおずき市が始まる

という順番になっているようです。

 

なので、

お好みでパターンで下町めぐりをしてください。

開催日は、毎年7月6日から8日 
開催時間は、5:00から23:00
場所は、入谷鬼子母神(真源寺)周辺
来訪者は、例年:約40万人
アクセスは、地下鉄東京メトロ
                    日比谷線・入谷駅から徒歩1分
      JR山手線・京浜東北線「鶯谷」駅より
                  徒歩5分

 

 

七夕を下町の上野と浅草と入谷で楽しむ!のまとめ

 

 

七夕という夏のイベントを
下町で
家族そろって楽しむプランをご紹介しました。

下町七夕まつり
ほおずき市
入谷朝顔まつり(朝顔市)

という3つのイベントすべてを

同じ日に周ることはできないのですが、
「下町七夕まつり」と「ほおずき市」は、
同じ日に行けますので、トライしてみてください。

浅草近辺は、

5月の「三社祭(さんじゃまつり)」に
7月には、下町七夕まつり
8月には、浅草サンバカーニバル

とにかく、お祭り好きの街です。

 

たまには、
単純に楽しいひと時を下町で
過ごしてみてください。家族そろって、どうぞ!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク