%e5%85%ad%e7%be%a9%e5%9c%92%e3%81%ae%e7%b4%85%e8%91%89

スポンサーリンク


 

六義園と言えば、
春は桜、晩秋は紅葉と、
都内では、アクセスしやすい自然を楽しめるスポット。

 

ライトアップで幻想的な紅葉を観たいけど、
都内だから、駐車場が心配ですよね?
ということも含め、

六義園へのアクセス方法が最大のポイントです。

せっかくの紅葉狩り、
快適に楽しむための情報、まとめてみます。

 

 

スポンサードリンク
 

六義園で紅葉を楽しむなら、ライトアップが一番!

 

 

六義園の紅葉は、
モミジ、ハゼ、ケヤキ、イチョウが
色づく時期がおすすめ!

 

ということで、

都内という地理的なことも考えると、
例年、11月中旬から12月上旬が旬ということになり、
ライトアップも、それに合わせて、
11月中下旬の土曜から、12月上旬まで実施されます。

時間は、
最終入園20:30で、21時までという時間帯です。

 

六義園は、都内では、
小石川後楽園とならぶ二大庭園の一つで、
1695年、五代将軍・徳川綱吉時代に、
下屋敷を構えていた柳沢吉保が自ら設計し、
7年の歳月をかけた名庭園。

 

広さは、
東京ドーム2つよりは、少し、小さい程度で、
中央に位置する池を周回するような形で、
1時間程度で、
春夏秋冬の景色を楽しめるような構造となっています。

ですから、
ちょっとした散歩として、
ライトアップされた紅葉を楽しむというのがオススメですね。

 

六義園は
昼間の顔と夜のライトアップされた顔は大違いで、
ライトアップは、幻想的な世界を演出してくれます。

 

特に、
もみじは真っ赤に燃え上がるような表情に豹変しますし、
ライトアップされた色づいた木々が、
池の水面に移る風情も、絶品!です!

さらに、
ミストの演出で、
川の流れを模している「水香江」という見せ場もあり、
六義園の紅葉
ライトアップで鑑賞するのが、一押し!ですね。

 

 

スポンサードリンク

六義園の紅葉シーズン、駐車場は大丈夫?

 

その六義園紅葉シーズンは当然、
混雑が予想されますから、
駐車場は大丈夫?
と、
車で行こう!なんて思ってる方は、心配だと思います。

でも、
大丈夫です!
とは言えないのが、六義園なのです。

 

六義園には駐車場がないのです!
従って、近隣の民間の駐車場を活用することになり、
車で行くには、適していない場所だと言えます。

とは言え、
私は桜のシーズンに車で行きましたが、
そんなに、苦労せずに、駐車できましたので、
車で行くことをオススメはしませんが、
下調べさえしていけば、車でも問題ないかとは思います。

 

大きな駐車場はないのですが、

いわゆる、コインパーキングが、
六義園の近くに、20カ所程度はありますので、
ぐるぐる周回している間に、見つけることも可能では?

 

 

六義園の紅葉の時期の最適なアクセス方法は?

 

じゃあ、六義園の紅葉時期には、
どうやって、アクセスすれば?
ということになるのですが、
その通り!電車で行くのがベストだと言えます。

六義園の最寄りの駅は、

  • JR山手線の駒込駅(南口)
  • 南北線の駒込駅(2番出口)
  • 都営三田線の千石駅(A3番出口)
ということになり、

JRと南北線の駒込駅からは徒歩7分、
都営三田線の千石駅から徒歩10分です。

どちらからでも、そんなに遠くない距離ですから、
電車 + 徒歩 で、
アクセスするのがオススメです。

 

そして、

ライトアップで紅葉を楽しむなら、
紅葉狩りの後に、
軽く一杯!なんていうのも、良いでしょうから、
そういうことも想定し、
電車でアクセスするのが、ベストだと言えます。

 

六義園の近隣には、
駒込駅方向に、隠れた名店もあり、
特に、六義園の染井門の向かいにある蕎麦屋さん
総本家『小松庵』 駒込本店は、
大正11年に創業のおそば屋さんの本店で、おすすめの一つです。

  • カジュアルフレンチ
  • カレー専門店
  • お寿司屋さん
  • 和食屋さん
  • 焼肉屋さん
と、色んなお店もありますので、気が向いたら、お出向きください。

 

 

六義園の紅葉情報まとめ

都内にある庭園、六義園ですから、
車で行くような場所ではないということですが、
JRでも、地下鉄でもアクセスできるわけですから、
電車と徒歩で、紅葉のライトアップを満喫するのが
六義園を楽しむポイント!ということになります。

 

近隣には名店もありますが、
庭園内にも、おでんや甘味を味わえる売店や
酒は飲めないですが、
飲食可能な部屋を予約することもできます。

 

 

スポンサードリンク