スポンサードリンク

 

毎年、11月頃になると、
「そろそろ、
  年賀状の準備しなきゃなあ」
なんて、思ってくるわけですが、

毎年、
何を書こう?
どんなデザインにしよう?

と、悩む人が多過ぎるようです!

我が家では10年以上前から、
その年に行った旅行や
観光スポットで撮った家族写真

「私たちは元気ですよ!」

というメッセージ代わりに
年賀状に入れてます。

そこで、
写真入り年賀状を自宅
きれいに印刷する方法をご紹介します!

 

 

 

 

スポンサードリンク

  

年賀状に写真の印刷を自宅でするには!

 

 

 

写真入り年賀状
自宅印刷するには、

やはり、
何と言っても、プリンターが必要ですが、

インクジェットプリンター、お持ちですか?

もし、
自宅にプリンターがない場合は、
購入することを検討して下さい!

毎年、届く年賀状の中に、
郵便局の
お年玉付き年賀はがきなのに、

写真が
きれいに印刷されているモノが
あることに気が付いてますよね?

しかも、2種類、ありませんか?

一つは、
普通の年賀状よりも分厚い年賀状

そして、
もう一つは、
普通の年賀状の厚みのもの。

ありますよね?

でも、
良く見ると、
というか、良く見なくても、

分厚いタイプの年賀状の写真の方が、
ピカピカと光沢のある写真に
仕上がっていると思います。きれい!

そちらが、
印刷会社などに注文したものか、
あるいは。。。。。
(後ほど、ご説明します)です。

間違いなく、
普通の厚みの写真入り年賀状が
自宅のプリンターで印刷したものです。

さて、

どちらのタイプがお好みですか?

断然、分厚い方の写真がキレイ!
と思うなら、
印刷会社に注文した方が良いでしょう。

でも、
2種類の写真を
よ~く、見てみてください。

実は、
普通の厚みの年賀状の写真も
テカテカと光沢がないだけで、

十分に、キレイだと思いませんか?

もし、
このレベルのキレイさで良いなら、
ぜひ、自宅で印刷してみましょう!

何故かと言うと、

分厚い方の年賀状は、
写真を印画紙に印刷し、
それをお年玉付き年賀はがきに貼り付ける!

という加工をしているのです。

なので、
年賀はがきなのに、分厚い!
というわけです。

しかし、
まるで、現像した写真のように、
キレイな年賀状になります。

ただし、

印刷代が、けっこう、高いのです。

例えば、
50枚の写真入りの年賀状を注文すると、
年賀ハガキ代に加え、

3,000円から10,000円程度の
印刷代金が発生し、
ハガキ代金を含めると、

5,000円から13,000円という出費です。

年賀状50枚で
そんなにかかってしまうのです。

お年玉付き年賀はがきは、
1枚52円、
50枚だと、2,600円ですから、

自分で印刷するのと比べると、
かなり、出費が大きくなる!
というのが、現実です。

ただし、
もし、
自宅にプリンターがない場合は、

プリンター本体
を新たに購入することになりますから、
一時的な出費は大きくなります。

でも、
今や、インクジェットプリンターは
かなり、安くなっています。

キャノンなんかは、
驚き!の
3,000円代のプリンターを提供してますし、

キャノンを含め、
エプソン、ブラザーなどの
大手メーカー製でも、
10,000円から20,000円で買えるので、

これから、
何年も、使うのであれば、
まったく、高くない買い物だと言えます。

私の場合は、

10年以上前から、
写真入りの年賀状を
自分で印刷してますから、
写真入り年賀状の作成費は
かなり、割安になってます。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

年賀状の写真の印刷をきれいに仕上げる方法!

 

年賀状写真印刷
きれいに仕上げるには、

  • パソコン
  • インクジェットプリンター
  • 年賀状作成ソフト
  • インクジェット紙のお年玉つき年賀はがき

 

が必要になります!

というか、
これらを揃えれば、きれいに印刷できます!

 

インクジェットプリンター

  • キャノン
  • エプソン
  • ブラザー
あたりのプリンターが、おすすめです。

私は、
キャノンのインクジェットプリンターですが、
今のプリンターは、5年以上、使っています。

 

年賀状作成ソフト

超簡単に年賀状を作成できるソフトです!

  • 筆まめ
  • 筆王
  • 筆ぐるめ
あたりが、人気のソフトです。

私は、10年以上、筆まめを使ってますので、
筆まめをおすすめしますが、
他のソフトを使ったわけじゃないので、

筆まめが、一押し!とは言えません。

ごめんなさい。

おそらく、この3つのソフトなら、
便利さ、使いやすさ、価格
どれで比べても、遜色ないのではと思います。

インクジェット紙のお年玉つき年賀はがき

日本郵便、ジャパンポスト
というか、
郵便局で買う「お年玉付き年賀はがき」には、

紙の種類は

  • 普通紙
  • インクジェット紙
  • インクジェット写真用
という3種類の紙がありますが、

良く見ると、
インクジェット紙には、2種類。

この2種類の違いは、

どちらの紙でも、
普通紙よりも
写真がきれいに印刷できるのですが、

紙の表面の加工方法が違い、
インクジェット写真用の方が、
ツヤがあるのです。

つまり、写真がよりきれいに見えるのです。

ただし、
値段が違う!
インクジェット写真用は表面加工しているので、

インクジェット紙よりも、
1枚につき、10円も高くて、
なんと、62円!

100枚買うと、1000円も高い!のです。

しかも、
インクジェット写真用は、
染料系インクジェットプリンター専用!

と明記されてますので、
自分のインクジェットプリンターが
文面(写真面)印刷時に
染料系インクを使ってるかどうかを

確認する必要があるということになります。

1枚につき、10円多く払って
インクジェット写真用の年賀はがきを買うなら、
インクジェットプリンターのインクの種類に注目です!

一般的に、
写真印刷には染料系インク
黒色の文字印刷には、顔料系インク

が適していると言われています。

我が家は、
キャノンのインクジェットプリンターなので、
写真印刷は、染料系インクを使ってることから、
毎年、インクジェット紙年賀はがきで、満足してます。

ちなみに、
年賀はがきのインクジェット紙には、

ディズニーキャラクター年賀
ハローキティ年賀
スヌーピー年賀

という宛名面の切手部分に
キャラクターが印刷されている年賀はがきが
人気があるのですが、

ある印刷会社の調査によると、
キャラクター年賀の方が、
写真の印刷がきれい!なのでは?

という意見もありますので、ご検討ください。

 

年賀状の写真の印刷を自宅で!のまとめ

 

写真入りの年賀状を
自宅できれいに印刷したい!

その気持ち、よくわかります!

私も、昔は、そうでした。

でも、今や、
旅行や観光に出かけた時は、
年賀状に使う写真を意識して撮ってます。

そして、
年賀状の文面の
写真以外のデザインやレイアウトは、

インターネットで、
その年の流行などをチェックして、
年賀状ソフトを使って、真似して作り、

そして、写真を入れて、はい、完成!

というように、楽しみながら、作ってます。

 

インクジェットプリンターのインクは、
けっこう、高価なので、コスパは、どうなの?
と思う人もいるようですが、

自宅で、
自分のペースで、
年賀状を作成できるのは便利で楽しい!ですよ。

でも、自宅で印刷するかどうかは、あなたしだい!

なお、下記のページもご参考にどうぞ!
 ↓ ↓ ↓
年賀状のパソコンでの作り方。。。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク