スポンサーリンク


腰痛は
日本人の国民病といわれるほど、
多くの人を悩ませる障害の一つです。

日本人の腰回りは、
欧米人と比べ、
細くて華奢なため
腰痛になりやすい傾向があります。

また、
前かがみの姿勢、
猫背などの姿勢の悪さや
ストレス、筋力不足から
重篤な内臓の病気まで、
腰痛の原因は様々です。

4~6人に一人は
腰痛を持っていると
言われている国民病。

肩こりと並んで、日本人を
悩ませている痛みを緩和する
即効性のある秘策と
効果あるストレッチ
座り方をご紹介します。

自慢できないのですが、

ぎっくり腰の経験歴10回以上!
という経験を活かし、ご紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

腰痛を緩和させる即効性のあるものとは?

 

腰痛緩和
即効性のある方法!
そんなもの、あったら、
腰痛に悩む人がいないはず!

でも、少し考えてみました。

実は、

昨日、ぎっくり腰をやってしまい、
この記事を書いてる今も、
これから、ご紹介する秘策を実行してます。

さて、

とりあえず、
急で、
かつ、ひどい痛みを和らげたい場合は
飲み薬、貼り薬に頼ってみましょう。

 

飲み薬では、

ロキソニンがおすすめです。
早い人は30分ほどで痛みが和らぎます。

 

湿布や塗り薬なら、

バンテリンコーワ、
フェイタス、
ボルタレン

が痛みに効く成分である
インドメタシン、フェルビナク、
ジコロフェナクナトリウムを含んでいて、
早く痛みに効きます。

冷えて血流が悪くなり、
腰痛になっている場合は、
とにかく、温めることです!

温かいお風呂にゆっくり入ることで
不思議と痛みは緩和されます。
できたら、
一日に3回ほど入るといいでしょう。

これだけで、
ほとんどの腰痛が緩和する場合もあります。

ただ、
ぎっくり腰の場合、
やった当日や翌日は、
熱を持ったうえでの痛みなので、
冷やすようにしてください。

 

また、
コルセットを使うのも
急な腰痛には有効です。

腰の動きをサポートし、
痛みが楽になります。

ただし、慢性的な腰の痛みには
逆に腰の筋力を衰えさせてしまうので、
長期にわたっての使用は控えてください。

 

 

腰痛を緩和させるストレッチは?

 

腰痛
緩和するにはストレッチが一番?!

つまり、筋肉を柔らかくすることです。

腰周辺の筋肉が
硬くなってしまうことで、
神経を圧迫して痛みが発生します。

私は、よく、
腰の中に板が入ってるような感じ!
という表現を使いますが、

まさに、
腰の筋肉がカチカチになってるのです。

となると、

血管も圧迫され、
血流が悪くなり腰に
だるさを感じてしまいます。

その腰の筋肉を
柔らかくするためには
ストレッチが有効です。

ただし、ストレッチを行う前に、

📌 痛みのある時はやらない。
📌 反動をつけたり、無理に伸ばさない。
📌 リラックスして行う。

ことが大切です。

 

腰痛緩和のストレッチの手順

まず、

足のストレッチ

痛みの中心である腰ではなく、
足をストレッチします。

腰と足は筋膜(筋肉を包んでいる膜)で
つながっていますので、
足の筋膜を柔らげることで、
腰の負担を減らしましょう。

椅子に浅く座ります。
猫背にならないようにして片足を前に出します。
猫背にならないようそのまま状態を前に倒します。
太ももの裏側が緊張してくるので、
そこを手のひらで、
お尻から膝の裏側に優しくなでます。
なでると筋肉の緊張が緩和します。
もう片足も同じように行います。

このストレッチで
かなり腰の痛みは軽減するでしょう。

そうしたら

腰と背骨のストレッチです。

痛くない範囲で
腰と背骨を
動かして筋肉を柔らかくさせます。

①四つんばいになります。
②お腹を引き上げて背中を丸めます。
③背中をガクンと落とし、
そらせて1分間そのまま。

簡単ですが、
お風呂上りなど、
身体が温かくて、
リラックスしている状態に行うと
とても効果的で腰痛が緩和されます。

腰回り・背骨のこわばった筋肉が
柔らかくなり、腰痛の予防にもなります。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

腰痛を緩和させる座り方とは?

 

腰痛
緩和できる座り方
って、
勘違いしてることが多いようですよ。

 

腰が痛い時は、
ついかばうように腰を丸めて
座ってしまいがちですが、これはNG!

かえって、腰が固まってしまい、
腰痛を増長させます。

大切なのは骨盤を立てて座ることです。

骨盤を立てるってどんな感じ?
ちょっとピンときませんよね。

簡単にわかる方法があります!

座った状態で両手を万歳してみてください。

これが自然に骨盤が立った状態です。

そのまま、手を下ろせばOK。

長時間のデスクワークの際は
たまに万歳して、
骨盤の位置をなおしてあげてください。

家でくつろぐときは
バランスボールがおすすめです。
バランスボールは
正しい姿勢でないと転がってしまいます。

両足をきちんとつけて座れば、
自然と骨盤が立ち、
腰痛の予防にもなるのです。

 

 

腰痛の緩和のまとめ

 

即効性のある腰痛対策を
ご紹介しましたが、
腰痛が続くようなら、
専門の病院で
受診することをおすすめします。

中には
膵臓、肝臓の疾病の可能性もあるので
油断のないようにしましょう。

ただ、
ほとんどの腰痛は
生活習慣によるものだとされています。

運動不足、食べすぎ、
冷え、ストレスなど
現代人にありがちな要素ばかりです。

腰痛は起きてから対処するのはなく、
普段から軽い運動、
ストレスの回避、
身体を冷やさない努力をするべきです。

これは腰痛だけでなく、
すべての生活習慣病に言えること。

今、腰痛を感じているなら、
それは身体からの危険信号だと受け取って、
今までよりも生活習慣について
考え直してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク