スポンサーリンク


 

中学生と言えば、

少し、大人に近づき、
そして、反抗期や思春期など
何かと感情が豊かになる時期。

そして、

中学生になると同時に
部活を始める人も
多いのではないでしょうか?

でも、

時間の経過とともに、
ヤル気満々で始めた部活なのに、
ストレスを感じてしまい、

自分には合わない

なんてことが理由で、

行きたくない

と、思ってる人もいるはず。

そこで、
そんな時の対処法などを
経験談を踏まえてご紹介します(^^)

 

 

スポンサードリンク

 

中学生が部活にストレスを感じる?

 

中学生
部活ストレス

これじゃあ、
自分で選んで入部したのに、
意味がない!

小学校での部活とは違い、
中学になると、
学校で入れる部活が多く、
種類も様々で、
どの部活に入ろうか悩んだはず。

そして、

入部した当初は、
初めてのことが多いこともあり、
新鮮な気持ちで
励めていたのではないでしょうか。

しかしながら、
学校生活や部活にも慣れてきたら、
なぜか、感情が変わってしまい、
部活自体に
ストレスを感じる人も増えるんです。

私の場合は、
ストレスを感じるのが
人より早いかも知れませんが、

中学1年生の夏休みの時期に
ストレスを感じるようになりました。

理由は、
せっかくの夏休みの時期に
部活に励むのが
イヤになってしまったんですね。(笑)

友達は遊びに行っているのに
「私は、何で部活しているんだろう」
と、感じてしまったんです。

そうなってしまったら、
もう、ダメです。

私の場合は
もう、続けることができなかったので
短かったですが、
部活を辞めてまいました。

人それぞれ感覚が違うので、
どれが正解かはわかりません。

でも、

個人的な意見ですが、

ストレスの原因が分かっていたら、
その問題を
早く、解消しましょう!

原因がわからなくて、
ただ、
ストレスを感じている場合なんかは
部活のコーチに相談するのも1つですよ!

 

例えば、
「体調が優れないので当分お休みします」
や、

率直に
「ストレスを感じて、
やる気が起きないので時間をください」など

自分の気持ちに正直になった方が
スッキリしますし、
ストレスを感じていると思っているだけで
実際に話してみたら
そうでもなかった!

なんて場合も多々あります(^^)

 

 

中学生が部活に合わない?!

 

中学生
部活合わない
なんてことは、

安心してください!

そういうのは、当然、あります!

バスケやバレーボール、
野球に陸上など、
沢山ある部活の中から
1つに絞ったのですから、

「自分には合わないのか?」と
感じてしまう場面に出くわす可能性が
あるのが、当たり前!

そういう場合は、
上記でも言いましたが、
無理に続ける必要は無いと思います。

もちろん、続けていれば、

勝って、うれしい!
負けて、くやしい!
今日は、がんばったあ!

なんていう感情を味わうことが出来ます。

ですが、
イヤイヤ続けていても、
楽しいと思えないですよね。

 

合わない!

楽しくない!

という場合は、
その部を辞めて、
違う部活に入るのも1つの方法です。

野球部に入ったけど、
テニスの方が向いている!
ということは十分にあり得る!んです。

ただ、分かって欲しいのは、
「◯◯がしたい!」と言って、
部活を始める際に

両親に必要なものを揃えてもらいましたよね?

特に、野球だと、
グローブ、ユニフォーム、バット
と、かなりの出費だったはず!

どんな部活でも、
もちろん、お金がかかっています。

もし、別の部活を始めるなら、
また、
買い直しになりますのでお金がかかります。

その辺りも、しっかりと考えましょうね。

ちなみに私の場合、
バスケ部に入り、
すぐに辞めてしまったのですが、

結局、
中学3年間、
どの部活にも入らず、
「帰宅部」になりました(笑)

部活を辞めたことによって、
部活の良さなどは、
正直、感じることができなかったので
その部分に関しては、
後悔しているところもあります。

勝負に勝った時の嬉しさや
負けた時の悔しさなどは
一生、分かることはないのです。

ですが、
逆に部活をしなかったからこそ
「遊び」に専念できたので
気の合う友達と
存分に遊び楽しむことができました。

部活を続けるのも正解です。
辞めるのも正解。
転部するのも正解です。

よく考えて自分なりに答えを探しましょうね!

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

中学生になり部活に入ったが行きたくない場合は?

 

中学生
部活行きたくない時、
当然、あると思います!

行きたくない理由にもよりますが、
行きたくないなら、
行かなくても良いのです。

でも、
ただ、かったるいから、行きたくない!
というような軽い理由なら、行くべきです。

少なくとも、
自分で選んだ好きなスポーツの部活なら、
逃げ出してはいけません。

きっと、後悔します。

ただ、中学生は、
何と言っても、
感情が豊かな時期です。

思春期や反抗期など
人それぞれ難しい時期ですので、
昨日まで楽しいと思えていた部活でも
今日は行きたくないと
思ってしまう事もあると思います。

そんな時は、
部活のコーチや先生に一言、
言ってみてはどうでしょう

ストレートに
「今日、部活休みます」でも良いですし、

嘘も方便なので、
「学校が終わったら
親に用事を頼まれたので」などもアリです。

嘘をついてまで、
部活を休みたくはないけどでも
行きたくないなんて時は
その時の思ったことを
正直にコーチに言うのも1つです。

コーチに言いにくい場合は
自分が気軽に話すことができる先生に
相談するのも良いですよ。

自分の思っていることを
口に出すだけでも違いますし
イヤだと思っていることなどを
誰かに聞いてもらうだけで
スッキリすることだってあります(^^)

友達や
親戚、お母さんでも誰でも良いのです。
自分が
信頼を置いている人に話してみましょう
一緒に解決策を考えてくれるはずですよ。

小学生の時とは違い、
みんな、少しづつ大人へ成長しています。
中学生は難しい時期なので
毎日感情が変わってもおかしくはないのです。

 

でも、

部活もそうですが、
「イヤだ」と思ったら、
無理にする必要は無いと言いましたが
全てにおいて、
「イヤだからやめよう」となってしまうと、

何も続けることができなくなってしまいます。

結局、何が言いたいかと言うと
我慢する事も大事ということです。

我慢する事で忍耐力も付きますし
何事からも
逃げない精神力をつけることができます。

続けることで、
見えてくるものだってあります。
それでも無理な場合は辞めるのも1つですよ

 

 

中学生の部活のまとめ

 

何と言っても、
学生生活は長いようで短いものです。
しんどいこ事や
辛い事などもたくさんあると思います。

ですが、

楽しいことや学生だから
できる無茶もあります。
目一杯楽しんで、
大人になっても
記憶に残る楽しい思い出を作りましょうね!

 

スポンサードリンク