スポンサードリンク

 

キャンプ
初めて行く時の持ち物は?
子供と一緒に、行きたいけど、
必要道具準備方法も
わからない!

 

というパパさん、
ママさんも多いかと思います。

 

私も、初めての時は、
わからないことだらけでした。

 

でも、運良く、
私の場合は、
キャンプ経験のある友人と
合同で行くことになったので、
色々と教えてもらえました。

 

そこで、私の経験を活かし、
準備すべき道具などの持ち物
ご紹介しますので、
事前に、心の準備も含め、
準備リストを確認しておきましょう!

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

キャンプに初めて行く時の持ち物は?

 

キャンプ持ち物

 

 

初めてのキャンプは、
わからないことが、いっぱい!

 

キャンプで、何をする?
キャンプには、何が必要?
どうやって、準備すれば良いの?

と、すべてのことが未知の世界!

考えるだけで、
キャンプを断念する
ご家庭もあるようですよ。

 

でも、
行けば、楽しいキャンプ!
キャンプって、どんな感じ?

ということさえ、知ってれば、問題なし!

ですが、

持ち物リストは、あった方が良いですよ!

 

 

キャンプが初めての時の忘れてはいけない道具は?

 

まず、必要な道具は?

 

と考える前に、キャンプでは

1.何をする?
2.何をしたい?

ということから、整理しましょう。

 

まず、

1.キャンプでは、何をするか?

キャンプとは、大自然の中で、
生活するということですので、
普段、自宅でしていることと同じことを
キャンプ場でも、
しなければならないということです。

つまり、衣食住のすべてを
屋外で実践する訳です。

もちろん、
自宅とは違った環境で
実践するわけですから、
同じような快適さは求められませんが、
最低限の衣食住を
再現しなければならないのです。

もう、おわかりですよね。

 

     最低でも、

1)寝ること
2)食事すること

     は、欠かせない行為です。

 

   ですから、

1)寝るために必要なモノ
2)食事するために必要なモノ

  という感じで、考えて行けば、
必要な道具も浮かんでくると思います。

 

あと、

1)寝る時に、
〇〇どれくらい快適に寝たいか
2)食事は、どんな料理を作りたいか、
〇〇食べたいか

ということを決めないと、
準備すべき道具も絞り切れません。

と言われても、初めのキャンプだと、
そういうこともわからない!
ということになる思いますので、
ここで、標準的なことを例として、
あげておきますので、参考にしてください。

 

   1)寝ること

これは、もう、お分かりの通り、
ホテルとかバンガローで
寝るようなキャンプをしない時に、
必ず必要になってくるのが、テントです。

 

   2)食事すること

食事に関しては、
ママさん、あるいは、
パパさんのこだわりもあるかと思いますが、
まずは、キャンプの食事の基本は、
バーベキュー!だと思ってください。

 

バーベキューの経験さえできれば、
その後は、
色々と、工夫したり、挑戦したりしてみてください。
でも、初めてのキャンプは、
欲張りせずに、バーベキュー!にしてください。

 

2.キャンプでは、何をしたい?

これについても、
初めてのキャンプでは、
欲張りしないことをオススメします。
もし、何かをやりたい!

ということであれば、

キャンプの帰りに、どこかに寄りたい!

という程度にしておくのが良いと思います。

キャンプに慣れてきたら、
色々と、作戦を練ってください!

 

 

スポンサードリンク

キャンプが初めての時の準備は、どうすれば?

 

キャンプが初めての時の準備は、
具体的に、
何を、どう、準備すれば良いのかですが、

  • 寝ること
  • 食事すること

というキャンプ場ですること別に、
必要なものを列挙すれば、OKです。
つまり、持ち物リストを作成し、
順番に、もれなく、
準備するという流れで進めて下さい。

 

初めてのキャンプだと、
こんなことも、わからない!ですよね。

 

下記に、
基本的な?標準的な道具のリストを
書いておきますので、参考にしてください。

ついでに、
2)食事することについては、
前提の料理メニューも書いておきます。

 

  • 寝ること

 

  • テント一式

   寝る人数、つまり、
〇〇〇家族の人数に応じた大きさのテント
   *テントを設営する(張る)ために、
   必要なペグやロープなどが、
   ちゃんと、
〇〇〇セットになっているかを確認してください。

 

  • .寝袋(シュラフ)

   テントの中で寝る際に布団代わりに使うもの。
   *身長や体形に応じた大きさのモノを
〇〇〇選んでください。

 

  • 毛布

   季節やキャンプ場のある場所にもよりますが、
   寒い時の寒さ対策として、準備しておけば、安心。

 

  • マットなどの敷物

   テントを張る場所の地面が土の場合は、
   寝袋だけだと、接地面によっては、
   背中が痛い場合があるので、
   普段、柔らかい布団やベッドを使っている人は、
   検討してみてください。

   ただし、寒さ対策と兼ねて、
   段ボールを敷き詰めるという方法もあります。

 

  • ランタン(灯り)

   テント内では、
   炎が出るランタンは非常に危険ですから、
   電池で点灯する類のランタンを準備してください。

 

  • 食事すること

バーベキューで、
肉、野菜を焼いて食べるを基本形にします。

 

  • .バーベキューコンロ

   家族の人数や食べる量に応じて、
   大きさを決めてください。
   もちろん、炭火を利用するバーベキューを
〇〇〇想定しています。

 

  • 炭(木炭)

   どの程度の木炭が必要かは、
   ご家庭によっても、火の使い方によっても、
   変わってきますので、
   多めに、準備しておくことをオススメします。
   余ったら、次回に使えますから、
   多め(3kg以上?)に準備します。

 

  • 着火剤

   炭(木炭)に火をつける、
   つまり、火をおこすという作業は、
   慣れないと簡単ではないですので、
   着火剤を準備しておきましょう。

   固形、液体、ゼリー状のモノなどが
〇〇〇ありますから、
   お好みで、どうぞ。
   最初は、一般的な固形の着火剤が無難でしょう。

   なお、炭の着火方法は
下記ページもご参照ください。
    ↓ ↓ ↓
      「キャンプとバーベキューの初心者はコンロと炭の処理。。。
   「バーベキューコンロの大きさや着火方法や炭の置き方。。。

  • 肉などを焼く網

   バーベキューコンロの上に置いて、
   その上に、肉や野菜を置いて焼きます。
   バーベキューコンロの大きさに
〇〇〇合った網を準備してください。

 

  • トング

   肉や野菜を網の上で、
   ひっくり返したり、置いたりする時に使います。
   食材用と炭の火の調整など用の2種類あると、便利です。

 

  • 鉄板

   バーベキューで、
   肉と野菜だけでは物足りない、
〇〇〇あるいは、炭水化物が必要!
   というご家庭の場合は、
   焼きそば、焼きうどんができる鉄板が必要になります。

 

   味噌汁を食べたい!
   あるいは、豚汁を食べたい!という場合は、
   適度な大きさの鍋が必要になります。
   豚汁は、オススメです。
   具材などは、
〇〇〇自宅でカットしてから持ってくることをオススメします。

 

  • コンロ

   バーベキューコンロとは別に、
   鍋やヤカンを熱するためのコンロがあれば、便利です。

   もちろん、
   バーベキューコンロを代用できますので、ご自由ですが。。。。。
   一番簡単なのは、自宅で使っているカセットコンロ。
   キャンプ用に!ということでは、
   ホワイトガソリン式のコンロなども、オススメ!

 

まとめ

 

以上のように、
初めてのキャンプと言えども、
普段の生活を屋外でするには、何が必要?

と考えれば、何となく、想像できますし、
調べることもできますから、
まずは、キャンプで、

何をする?
何をしたい?

ということから、整理ことから始めましょう。
あとは、結婚して、ご夫婦で暮らすために、
準備したことを思い出せば、解決するのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク